プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
05月28日(日)

鶏の字形ですが

昨年でしたか、パイロットペン習字の級位課題文に、
「鶏」の字が含まれていたことがあって、
その時の、わかくさ通信によりますと、
誤字がとても多かったそうです。

つまり「鶏」の字をパーツに分けて考えると、
「ノ・ツ・夫」に「鳥」でなくてはならず、
「夫」のところを「天」に書いてはダメということでした。

それでその時わたしは、
「鶏」「鷄」「渓」のその部分が古典ではどう書かれているのか、
書道字典で調べてみたのでした。
すると古典にこんな事例が。

鶏の字形について 古典



続いてパイロットA系統のEM先生が揮毫された字典を見ると…。

鶏の字形について


(*・゛・) 。o0○(……) 

まあ、毛筆では良くても硬筆ではいけないってケースはありますが、
一応わたしは字典の該当ページをコピーし、丁寧な手紙を添えて、
パイロット事務局にお送りしたのでした。
(この「鶏」の件では多くの受講生が事務局へ問い合わせたみたいで、
先生方もその時点ですでに検討されていたご様子です。)

そして翌月のわかくさ誌上に再審査のお知らせが載りました。
該当する受講生の方々には個別にお知らせも届いたそうです。
(「行書の『鶏』については『ノ・ツ・天』の字形も、
複数の図書で確認できたためOK」と訂正されたようです。)

後になって助かった方々、良かったですね(⌒-⌒)
わたしも「誤字・脱字・規定外」には気を付けなくては。

関連記事:こちら


 
01月29日(日)

粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(八)

今回も原本の中に、
掠れていて判読しにくい字がいくつかあったので、
他の頁や字典などで調べて確認することに。

p17 原本

朗詠集も漢字とかなが並んでいる時は、
これまで線の太細を対比させる書き方を試みてきたけれど、
今回はペン先の種類を変更して線質を一つにする。

p17.png

この方が細部の表現に向いているし勢いも付けやすい。

p17 清書

臨書をペン習字に生かすには、このやり方に絞った方が効果的かな。