プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

04月24日(日)

ペン習字教育講座 下巻第6回課題 採点と講評

最終課題(上下巻合わせて12回目)の清書が、
採点されて戻ってきました。※(後述)

第1回目から最終課題の清書まで、
講師の先生方からは予想外の好評価を頂き、
まずまずの成績を納めることが出来たように思います。

しかしながら、これまでに提出した清書をあらためて見直してみると、
とりわけ最初の頃のは、字形の狂いが目立ったり、
運筆も今一つで、我ながらよろしくない書き方が見受けられます。(`ε´)
「うぅ…。こんな清書を出していたのか…」(寒気)

ということは修了するまでのこの2年間で、少しは腕も上がって、
それなりに目も肥えてきたということになるのでしょう。(;^_^) 良かった。

なお、これまでに何度か触れましたが、ペン習字教育講座では、
複数の先生方が異なる書きぶりで教科書を執筆されていますので、
実に様々な手本に触れることが出来ます。

わたしにとってはこの教科書を通じて、狩田巻山先生が書かれた手本を、
あらたに入手できたことも大きな収穫でした。

全12回の課題は、教科書の中からごく一部を抜粋したものですので、
教科書にはそれ以外の、まだ練習していない手本がたくさん載っています。
また、中国の古典や平安古筆の紹介ページもあり、参考になります。

これで添削指導は修了しましたが、今後もこの教科書を傍らにおいて、
引き続き学んでいきたいと思っています。
最後になりましたが、指導して頂いた講師の先生方に感謝いたします。

※「最後の清書」
添削されて戻ってきた清書を自室にて封筒ごと紛失しました(大汗)
そのため残念ながらブログに画像を載せることが出来ないでいます。
(現在、捜索中)



【追補】
4月の下旬に、日本書道教育学会から『修了証』が送られてきました。
これを見ると気持ちの上でも区切りがつきます。

修了証 縮小

それはそうと、この修了証、年月日の印字位置が、
下にズレているんでないかい?(`ε´)


 
03月30日(水)

ペン習字教育講座 最終課題の練習

いよいよ教科書下巻、第6回目の課題を迎えました。
(上下巻を通じて第12回)これが最終課題となります。

最後の課題は上巻および下巻の中から、
自分が書きたい手本を自由に選択することができます。

系統の異なる複数の先生方が手本作成に携わっていますので、
教科書には様々な書きぶりの手本が載っています。
漢字、かな、漢字仮名交じり文、縦書き、横書き…、
どれにしたら良いか迷いましたが、けっきょく、
楷行草の漢字が並んでいるページを書くことにしました。

【教科書】

下巻6回目 手本


練習中。楷書は字形の狂いが目立つし、
草書はとらえどころがないので難しいです。

下巻6回目 練習中


自己添削中。
気付いた点を朱字で書き込んでおくと、
頭に残りやすい。

下巻6回目 自己添削中


こちらは清書です。今回は自由課題のため清書用紙には枠(マス目)が、
印刷してありませんので、自分で書き込まなくてはなりません。
(十字線を入れた下敷きも作りました。)

下巻6回目 清書


丸ごと1ページ書いたので文字数がたくさんあって(54文字)、
一文字ずつ何度も繰り返し練習するには多すぎました(+_+)

最後の課題だというのに清書は満足した仕上がりではなく、
本来ならもう1枚、書き直すべきでしたが、
エネルギー切れでそんな意欲はもう残っていなかった…(汗)

ま、やれるところまでやったし、
疲れるんだよね、いくら青年だって(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(だれが?)


【全12課題の清書を提出し終わった感想】
とにかく長かった。受講し始めて1年が過ぎたころ多忙のために中断してしまったので、
修了するまでに丸2年かかりました(延長期間があったおかげで助かった)。
どうにかすべての清書を提出できてホッとしています(⌒▽⌒)

あとは最後の採点と講評が送られてくるのを待つのみ。
そのときに『ペン習字教育講座』が自分にとってどんなふうに役立ったのか、
あらためて振り返って見ようと思います。

 
02月19日(金)

ペン習字教育講座 下巻5回目の課題 採点と講評

【課題手本】
下巻5回目 手本

今回はラウンドペンを用いた課題です。
(いくつかの手本の中から自由選択)
万年筆とは違った線の抑揚を付けながら、
ゲーテの格言をペン字作品として書き上げます。

「中途半端にやる習慣を脱し、
全体の中に、善きものの中に、美しきものの中に、
決然と生くることを心せんかな。」
──より抜粋──

手本を拝見しますと、普通のペン字に比べて、
線の太細に大きな変化があって、
それでいて小筆とも違う独特の線質で書かれています。

「美」「決」の一部は線が太いために、
重なり合って黒く潰れていたりしますが、
それがまた作品の魅力になっています。

太い線から徐々に細い線へと変化していくところは、
書きながら筆圧を少しずつ弱めていけば良いわけですが、
これがなかなか思い通りの太さになってくれません。
ペン先の動きをコントロールしながら、
字形も追っかけなくてはならないので、
感覚をつかむまではけっこうむずかしいです。

それにしてもラウンドペンを使ってこういう表現が出来るとは、
驚きました。西洋のカリグラフィは知っていたものの、
漢字仮名交じり文をこのように書くことは、
考えたこともなかったので意外でした。

これから先、ペン字で創作する機会があれば、
またチャレンジしてみたいと思います。

下巻5回目 採点と講評

今回は下巻5回目の課題、つまり上下巻、全12課題の内の11回目です。
残すところ1課題のみ。やっとここまで来ました。
3月に修了できるよう、頑張らなくては(: ̄ ・ ̄)=3  

 
01月30日(土)

ペン習字教育講座 下巻4回目 採点と講評

久々に提出した清書が添削されて戻ってきました。
(昨年の春以降です)(汗)

今回は下巻の第4回目の課題で、
履歴書(2枚)の書き方を習いました。

下巻4回目 履歴書添削1

例によって、清書の最中に、
「あ、やっちまった!」
と思った箇所がいくつかありました。
こうして見ますとその内のいくつかは速攻で朱字が入れられたものの、
いくつかはまあまあ見逃してもらえたようです(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

下巻4回目 履歴書添削2

さて、ペン習字教育講座には清書提出の締め切りがありません。
修了期間は1年ですが、さらに1年間の猶予があるので、
2年以内にすべての清書を提出すれば修了することが出来ます。

こんなに遅れてしまったのは、
忙しくて手が回らなくなってしまったのもあるけど、
「いまさら履歴書なんて書きたくないな~。」(`ε´)
との思いから練習する気が失せてしまい、
その時点で放置プレイとなってしまったからです。

ヾ(-_-;) 。o0○(それはSM用語)

(しかし学習期間が1年間、延長されたおかげで、
その間に力が付いたという実感もあります。)

履歴書の手本は字が小さいため、
個々の字形を習う目的としては不向きに思えますが、
楷書で丁寧に、淡々と書きこなしてゆくことで、
集中力や持続力を養うには効果的ですね。

ここで、清書をした時のことを振り返ってみます。
今回もすべての文字を練習してから清書に取り組みました。
ところが最初の清書でいきなり書き損じ!(+_+)
(清書用紙は3~4枚あります。)
細かい字が並んでいるので緊張してしまった!(汗)
しかも楷書は書くのに手間もかかるし気が抜けない。(`ε´)

気を取り直してやり直したところ、今度は順調に書き進みました。
やれやれ…。そう何度もしくじってたまるかっつうの(;^_^)

そしてどうにか無事に書き終えることに成功。
( ̄∇ ̄)ヘヘッ♪

念のために見直してみると…、
1行まるごとすっとばして書いてあった!(;゜▽゜)ギョエー

うぅ…(ToT)


うううぅ…(ToT)


ううううううぅ…(ToT)


ガクッ…_| ̄|○


・゜゜・(≧д≦)・゜゜・エーン


ヾ(-_-;) 。o0○(何をしている?)

けっきょく3回、清書をやり直しました。
仕上がりはあまり良くなかったけどそこで諦めることに。(`ε´)
気持ちが続かなかったのでやむを得ないです。(わがまま?)(;^_^)
点数は前回に比べて1点アップでした。

下巻4回目 採点と講評

(o・_・o)ん?

今回添削して頂いた講師の先生はK.R.先生…。
ということは、
パイロットペン習字通信講座のB系統の先生と同姓同名だよね(⌒▽⌒)

と思って調べてみたら…、
別人じゃなくてご本人だったよ(*・゛・) ウンウン。。。
(『ぺんの力』にも手本を書いておられる先生なんですね。 )
ペン習字の世界は広いようで狭いです。どこかでつながっている…。

さて、残る課題の提出はあと2回。3月中に修了させよっと(⌒▽⌒)


 
04月16日(木)

ペン習字教育講座 下巻3回目 講評と採点

今回はハガキの課題です。行書のタテ書きを習います。
教科書には内容が異なる4通りの手本が用意されており、
その中から自分が一番、好きな書きぶりを選択して練習します。

第三回 はがき課題手本

パイロットでも何回かハガキの課題を書いていますが、
やはり中心線を入れないとまっすぐ書くのはむずかしいです。
繰り返し練習して感覚を養うしかないですね。
手本の差出人のところは自分の住所氏名を書いて、
添削してもらうようになっています。


下巻 添削課題 第三回 採点と講評

清書が採点されて戻ってきました。
あまり直すところはありませんとのことです。
こんな高得点はパイロットでももらったことがないのでビックリ!

今回は全12回のうち9回目の課題ですが、
第1回の清書は71点でした。(汗)
(あのときはこの先どうなるのかと思いましたけど)
幸い力は付いてきているようです。