パイロットペン習字 認定証が届きました
- 2014/06/04(Wed) -
ようやく認定証が届きました。
4月に中級コースを修了し、申請から、発行、到着まで、
40日以上かかりました。
(緑の採点表を添えて申し込むのですが、これは返却してもらえます。)

同じ流派の先生方が、何枚もの認定証を、
分担して書かれていると思われますので、
届くまでに多少、時間がかかってしまうのは仕方がありませんね。

認定証は、あっさりした様式ながら、段位と氏名の欄は、
万年筆で丁寧に手書きされています。

パイロットペン習字通信講座 認定証(中級コース)2014年5月

氏名欄の筆跡が見事です!(ぼかしましたけど)(^_^;)
字をよく観察してみますと、
起筆、運筆、収筆、それぞれの部分で、
線の太さがビミョーに違うのが分かります。

毎年、何人くらいの人が認定証を申請しているのか分かりませんが、
先生方は一枚一枚、細心の注意を払って、
氏名を書かれているのでしょうね。

先生、ありがとうございました~! \(⌒◇⌒)/

さて、ペン習字も2年が過ぎて一区切りついた気分です。
これまでデスクペンで清書をしてきたけど、
ここらで記念に万年筆を1本、買っておこうかな。(*・゛・) ウンウン。。。

ん?干支蒔絵万年筆、1本20万円?Σ((;`Д´))ガガーン

カクノでいいや。830円  (・▽・)ノ  へへっ

この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2013年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2月の級位認定課題を模範手本で復習する
- 2014/04/10(Thu) -
2月の級位認定課題

模範手本 級位課題の復習 庭の梅の木に

今回はC系統の大津仁美先生の模範手本(楷書)
を参考にさせて頂きました。

先生の手本を見ながら書く場合は、
字粒や字配りまで参考に出来ますので、
切り貼り手本のように字を寄せ集めただけのものと違って、
とても書きやすいですね。
(って、うまく真似できるかどうかは別問題だ~)(^_^;)

どの字も難しかったですが、
何度も書いている内に、前回の練習を思い出して、
字形をまとめるコツが分かってきました。

復習というのは忘れかけていたことを思い起こして、
再び頭に刷り込む作業なので、何回か繰り返す中で、
定着率が上がっていくと思います。

ひらがなの「の」は、わたしがこれまで習ったことのない字形でして、
かなり手こずりましたが、この機会に覚えておきたいところです。

さらっと書けるようになるには、さらなる練習が必要なようです(^_^;)

この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2013年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ