プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

04月10日(金)

ブログカテゴリ編集のお知らせ

当ブログも開設してから3年目を迎えることが出来ました。
皆さんのおかげです。今後とも宜しくお願いします。

(これを機に、ブログ・カテゴリにフォルダを追加して、
パイロットのペン習字記事を整理しました。)

 
04月10日(金)

3年目を修了して

パイロットペン習字通信講座は3年目を修了することが出来ました。
上級コースに入ってからずっと伸び悩んでいましたが、
残すところあと1ヶ月という頃、思いがけずも「目習い」から学ぶことがあり、
やっと自分の書く字が少し変わってきたように思います(あくまで自分的にですが)。

しかし草書の勉強などは入り口に差しかかったばかりで、
まだまだ学ぶことがたくさんあります。
先は長いので今後も焦ることなく、ゆっくり進めていくつもりです。


 
04月08日(水)

パイロットペン習字 3月の級位課題を練習 行書

漢字ごとの練習。マス目を水平に見ていくと、
同じ字が上下にズレているのが分かります。

級位課題 漢字ごとの練習 行書

最初のうちは字形を整えることに気を取られて、
字の中心を合わせるのがおろそかになっていたりするんですね。
あとで気付いて自分でびっくりしてみたり。

「日」はどのくらい小さめにすれば良いのか、字粒を変えて比べています。
「散」は字形を切り貼り手本とは少し違うものにしたくて、
古典や他流派の字形なども参考にしながら模索。
課題文の中でほかの字とうまく調和するのがあれば使えますね。

漢字の中でもっとも手こずったのは「連」。
特に「しんにょう」がムズイ!(*・゛・) 

連の練習 行書

手本は良く見ているつもりなのに、書くたびに字形が違ってしまい、
どこをどう直したら良いのかも分からないことが少なくありません。(汗)

こういうときは深呼吸をします。(: ̄ ・ ̄)=3 フゥ
自分にムカついていたなら叫びます。ヽ(`Д´#)ノ ヘタッピー
落ち着いてきたら練習再開(*・゛・) 

級位課題文 行書 自己添削

自己添削。うまく書けていない課題文がノートに十数頁あります。
ひどいのをわざわざ晒すってのも何だか…。
もうこれからは載せるのやめようかな…(+_+)

級位課題文 行書

字粒が今ひとつそろっていませんが、
仕上がりはこんなところです。
 
04月08日(水)

パイロットペン習字 3月の級位課題 切り貼り手本 行書

切り貼り手本 行書

うpするのがすっかり遅れてしまいましたm(_ _)m
いまごろ載せても意味ないよね。次回からもっと早めにします。(汗)
 
04月06日(月)

パイロットペン習字 添削課題312-Cの練習

1年が過ぎるのは早いもので、パイロットペン習字も、
いよいよ最後の添削課題を迎えました。
今回は歴史的仮名遣いで書かれた翻訳物の詩を、
散らし書きにします。

〔秋〕
けふつくづくと眺むれば、
悲(かなしみ)の色 口にあり
たれもつらくはあたらぬを
なぜに心の悲める

秋風わたる青木立(あをこだち) 
葉なみふるひて地にしきぬ 
きみが心のわかき夢 
秋の葉となり 落ちにけむ


詩:オイゲン・クロアサン(1862-1918)ドイツの詩人
訳:上田 敏(1874-1916)

今回の課題には詩の後半が使われています。
まずはこの詩の現代語訳がないものかどうか、
ネットで検索してみたのですが、
見つかりませんでした。

そこで古語辞典を頼りに語句を調べてみることに…。
すると、だいたい次のような意味ではなかろうかと。

今日つくづくと眺めたら
悲しそうな表情が 言葉にもあらわれている
誰もきびしく接してはいないのに
なぜ悲しいのか
秋風が青い木立の間を吹き抜けて 
葉が波打ち 地面に舞い落ちる 
きみが心に抱いた若い夢も 
秋の落葉のように 散ってしまったのだろう


練習では「几(かぜかんむり)」の形にさんざん手こずりました。
「の」もむずかしいです。

添削課題312 練習

翻訳物の詩なので変体仮名の使用は控えめになっています。
(「葉なみ(三)」「地に(ニ)」の2つ。)

添削課題312 練習

仕上がりは今のところこんな感じです。
(実はこの画像、清書だったのですが…)

よく見ると、「秋の葉となり」の「となり」の三文字が、

左にずれているよ(*・゛・) 

ここがずれたんじゃもうダメぽ(*・゛・) ウンウン。。。

「オワター!さあ、これでやっと開放される!」\(^o^)/

と思いきや、さいごのさいごで、ケっつまづいてるし(*・゛・) 

うぅ…(*・゛・) 

もしかして…(*・゛・) 

最初っからぜんぶ、書き直し?(*・゛・) こちら

ムカつくわー(*・゛・)  きっ!

      (;`_´)o んんん…んんんんん…
テレ朝(「ドクターズ 最高の名医」堂上総合病院 森山すぐる先生ふう)長っ!

ヾ(-_-;) o○(がんばっちくり)