2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
ペンの光 3月号 h30
- 2018/04/08(Sun) -
先週、ペンの光3月号、規定部の清書を投函しました。
(ほとんど練習していない)(汗)

規定部清書

どんな筆記具で書いたか忘れてしまった。。。
(JET STREAM 0.7mm だったかな…?)

かな部には手が回らず今回もお休み。


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 2月号 清書 H30
- 2018/03/06(Tue) -
今月は規定部の課題のみ練習、
かな課題の方は時間がなく諦めた。

それはそうと、いつも思うのだけど、
日ペンの競書用紙はどうも書きにくい気がする。
つけペンを使ってボトルインクで書くと、
滲んで線が太くなってしまうのだ。

左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
インク:セーラー極黒
にじみ比較

同じインク、同じつけペン、同じ筆圧で書いても、
線の太さにこれだけの差が生じる。

次にパイロットのデスクペンDPN200-EFで書いてみる。
左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
(どちらもカートリッジインク)
にじみ比較2

同じデスクペンで書いても、
線の太さが異なるのが一目で分かる。
競書用紙の紙質に問題があるのは明らか。
そう言えば競書用紙Aも、万年筆で書くと滲む。
(A-1だと滲みにくい。)

とにかく筆圧に関係なく細線がここまで太くなってしまうのでは、
つけペンを使う意味がない。
今回はインクが滲まないボールペンで書くことにした。

SARASA 0.4mmを使用
規定部清書

次回はJETSTREAMを試してみようかな。



この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 12月号 清書 H29
- 2018/01/04(Thu) -
何しろ元旦に年賀状を書くような状態なので、
『ペンの光』の清書も速達で出すハメに…。(汗)

【規定部】清書

【かな部】の課題まではとても手が回らず、
規定部のみ仕上げました(+_+)



この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 1年間を振り返る
- 2017/12/16(Sat) -
パイロットペン習字に加えてペンの光を併習し始めたのは、
昨年の秋からでした(今年の1月号に編入)。
早いものであれからもう、1年になります。

ペンの光12冊

この間の成績を振り返ってみますと、
規定部は昇格が6回、
そのうち写真版掲載が5回ありました。
なお、この秋に行われた推薦試験を受けたところ、
運良く合格できまして五段から一つ上がる事になりました。

推薦通知

1年間でここまで来れるとは思ってもいなかったので、
出来過ぎとしか言いようがありません。(汗)

次回の昇格試験は来年春に行われる準師範試験です。
これからも練習に励んで少しでも力を蓄えておかなくては。

次に、かな部の方ですが、清書未提出の月が何回かあるものの、
この1年で昇格が4回、写真版が2回ありました。
かなは構成をはじめ線の肥痩や字形のディフォルメ等、
表現の幅が広く自由度が高い分、自力で考えなくてはならないので、
規定部とはまた別の難しさを感じます。
今後もますます勉強しなくてはならないです。


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 11月号 清書 H29 
- 2017/12/14(Thu) -
今月は忙しくて【かな部】の清書までは手が回らず、
【規定部】清書のみの提出となりました。

【規定部】清書 

課題文には句読点がないんですよね。
なんで付けないのかな。



この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ