ペンの光 3月号 h30
- 2018/04/08(Sun) -
先週、ペンの光3月号、規定部の清書を投函しました。
(ほとんど練習していない)(汗)

規定部清書

どんな筆記具で書いたか忘れてしまった。。。
(JET STREAM 0.7mm だったかな…?)

かな部には手が回らず今回もお休み。


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 2月号 清書 H30
- 2018/03/06(Tue) -
今月は規定部の課題のみ練習、
かな課題の方は時間がなく諦めた。

それはそうと、いつも思うのだけど、
日ペンの競書用紙はどうも書きにくい気がする。
つけペンを使ってボトルインクで書くと、
滲んで線が太くなってしまうのだ。

左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
インク:セーラー極黒
にじみ比較

同じインク、同じつけペン、同じ筆圧で書いても、
線の太さにこれだけの差が生じる。

次にパイロットのデスクペンDPN200-EFで書いてみる。
左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
(どちらもカートリッジインク)
にじみ比較2

同じデスクペンで書いても、
線の太さが異なるのが一目で分かる。
競書用紙の紙質に問題があるのは明らか。
そう言えば競書用紙Aも、万年筆で書くと滲む。
(A-1だと滲みにくい。)

とにかく筆圧に関係なく細線がここまで太くなってしまうのでは、
つけペンを使う意味がない。
今回はインクが滲まないボールペンで書くことにした。

SARASA 0.4mmを使用
規定部清書

次回はJETSTREAMを試してみようかな。



この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
アルバム一覧