2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
パイロットペン習字 添削課題312-C 添削と講評
- 2018/04/25(Wed) -
添削課題の清書が採点されて戻って来ました。
添削課題312-C 採点と講評

清書用紙の裏側にある通信欄には、
年度末のしめくくりとして、
1年間のお礼コメントを書かせてもらったのですが、
先生から「受賞おめでとう」
のお返事が書き添えてあってビックリ!
嬉しいやら照れくさいやら(;^_^)

通信欄お礼コメント

わたしは年に1~2回しかわかくさを見ないので、
受賞については全く知らずにいたのですが、
(いつ結果発表なのかも忘れてたわ)
つい先日、ペン字仲間のお一人が、
DMで教えてくれたおかげで、
初めて知った次第です。(汗)
ヾ(-_-;) 。o0○(このごろ物忘れひどすぎ)

若年性健忘症かも(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(だれが?)
これからもマイペースでがんばります(・▽・)ノ


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 第432回 級位課題と添削課題312-C 清書
- 2018/04/08(Sun) -

3月の級位課題文

切貼り手本 楷書と行書

切貼り手本は早い段階で作ったのに、
なかなかUPするヒマがなくてけっきょく遅れてしまった!

級位課題文 楷書で練習

「飛」が思いっきり傾いた(⌒-⌒)なにやってんだか。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(ふざけて書いたとしか思えないレベル)

級位課題文 草書で練習

審査の対象外のも書いてみる。
「陽」の偏と旁がタテにずれてもうた(*・゛・)
(起筆位置を誤ったナ)
「飛」は画数が少なくてスッキリしているけど、
「蜜蜂」はうるさい(*・゛・) 
かなで「みつばち」で良くね?(*・゛・) 

級位課題と312-Cの清書

級位課題の清書…。ひどいわ~。
練習の方がよっぽどマシに書いてる(*・゛・) ウンウン。。。
添削課題はこんなかんじでいいや。

最終課題を仕上げたもののこれといって感慨はないんだナ。
4月の新年度からは初級コースに戻って、
楷書をみっちりやり直そうかな。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
添削課題 311-C 採点と講評
- 2018/03/29(Thu) -
添削課題311の筆記具は自由選択です(筆ペン以外)。
今回は、つけペンよりも太い線で書きたかったので、
サインペンを使いました。
(万年筆に比べて線に強弱が付けられます。)

添削課題311-C 採点と講評

「気脈を通すようにさらに意識するともっと良くなるでしょう」
との講評でした。
この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 第431回 級位課題と添削課題311-C
- 2018/02/14(Wed) -
2月の級位課題文の切貼り手本です。

楷書
切貼り手本 楷書



行書
切貼り手本 行書

今回は「眺めつつ、」と「つ」が連続しています。
踊り字(繰り返し符号)「ヽ」を使って一つにすると、
「眺めつヽ、」となりますが、
これだと、どうも見た目が美しくなさそう。

読点は文を読みやすくするために打つわけで、
字間を空ける役割がありますが、
「ヽ」も一画なので字間が広くなりますね。
なので「ヽ、」の形になると、
そのあたりの空間が必要以上に広がってしまい、
くどいと言うか、バランスが良くない気が…。

「ヽ」を使うなら「、」は要らない。
なんであるんだよ?(*・゛・) ああ?

ヾ(-_-;) 。o0○(だからそういう課題文なのだ)

踊り字には「ヽ」のほかに「々」とか「ゝ」の形もあるけど、
「々」を使うと「「眺めつ々、」となって、
見た目がよけいにうるさくね?(*・゛・) 

読みやすくするためにかえってうるさくしてどうする?(*・゛・) 
まったくしまいにゃ…(*・゛・) 

笑える(((≧▽≦))) ククク

ヾ(-_-;) 。o0○(そんなら使わなければいい)

となると「ゝ」か~。
これだと「眺めつゝ、」になるけど、
これも、なんだかなー(*・゛・) 

     。。。(*・゛・) 

「眺めつつ、」がいちばん自然ぽくね?(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(ご自由に)

考えだしたら寝られない(*・゛・) なんとか朝までに。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(そんなことで徹夜すんなよ)

で、
まずはこんなのを書いてみたものの、、、

草書

これを提出した日にゃ、
問答無用で審査から外されるってのが、
パイロットの掟なのさ…(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(それはそうだナ)

さて、
このあいだ文具店に寄ったら、
バーゲンセールをやっていたので、
一筆箋とボールペンを何色か買った。
いろんな色があると、
ついつい書いてみたくなる(*・゛・) ウンウン。。。
まずは級位課題文の漢字のみ練習。
どわ~!
やっぱり楷書はむずかしい。
(SARASA使用)
楷書の練習

続いて級位課題文を楷書で書いてみる。。。
青インクって良いな。緑もセーフ、
オレンジはきれいだけど、ちょっと…(汗)
(自己添削のとき朱字を入れるのに使えるかな)

楷書で練習

次に行書で練習。
「優」は画数が多くてうるさいので、
ちょっと草書っぽい省略形で書いてみた。
(カクノ使用)
級位課題 行書で練習

添削課題311-C
いろんな筆記具を書き比べて、
けっきょくサインペンで仕上げた。

添削課題311 清書

「聞」の門構えを字典で見つけた形に変えてみた。
この形もカッコイイな。



この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 第430回 級位課題と添削課題310-C
- 2018/02/11(Sun) -
1月の級位課題 可愛い猫の写真カレンダーを、居間の壁に掛けます。

カタカナは画数が少ないので、
余白がスカスカになりがち。
小さめに書いて全体のバランスを取りますが、
なかなか難しいです。

【切貼り手本】
(締め切り前に載せないと意味ないし~)(汗)

切貼り手本   楷書 行書
(「す」の字形はいくつか集めました)


下の階書と行書は、いずれもペン習字ペンで練習しています。
(形を追いかけているところ。書き込んでいないので線が固いです。)

ペン習字ペン

下の画像ですが、右側の楷書はカクノEFを使いました。
「写」「真」が左右にズレてしまって、
「掛けます」の「ま」も左に寄りすぎた。(汗)
(行頭もそろってないナ)

#3776 とカクノ

左側の行書は字粒のそろえ方を検討しないとまずいわ~!(`ε´)
行書の筆記具ですが、今回は、
小林先生や和氣先生のような細線を目指して、
#3776 超極細を試してみました。
(購入後、ほとんど使ってないけど、たまにはいいかなと。)

超極細だけあってペン先は硬く、細く、サリサリした書き味です。
筆圧次第で、わずかながら線の強弱も付けられますが、
力を加えず撫でるようにして書くと、
インクが出てこなくなって線が掠れることも。(汗)
(それともメンテ不足かいな?)(`ε´)

次は添削課題301-C 和歌の練習。

添削課題310-Cの練習

手本を参考にさせてもらいつつ、
字形、線質を少し変えています。
添削で手本どおりに直されると思いますが、
ここでは字形を忠実に真似ることよりも、
かなの流れ、筆勢を学ぶことに集中しました。
「ざらむ」は三連綿。
連綿の練習は線を鍛えるのに向いていますね。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ