プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
08月31日(金)

徒然草を練習する(3)

【手本】
(「徒然草を書く」津田静鳳著より)
0827 その3 手本
今回の徒然草(3)の内容は、
「がんばってオベンキョーすれば賢くなれますよ~」
ってお話のようです(・▽・)ノ
半紙に小筆で書きました。
0827 その3
参考図書を観ながら、
丸ごと1ページの文章を練習するときは、
そのまま手本どおりに書き写すのも良い練習になりますが、
いずれ自分が便箋を使って手紙を書く時のことを想定して、
全体のレイアウトを少し変えてみるのも勉強になりますね。
下の現代文は手紙を書くような面持ちで、
便箋にペンで書いてみました。
0827 現代文
なお「逹」の行書は書写体に基づいた字形なので、
常用漢字の「達」より1画、少ないです。

ペン字はこんなふうに、
古典的な味わいのある書きぶりの方が、
(現代風のフォントっぽい字形よりも)
わたしは好きですね。

 
08月06日(月)

徒然草を練習する(2)

教材は前回に続いて津田静鳳先生の『徒然草を書く』です。
今回は硬筆を使用しました。連綿の練習にも向いています。
0805 1-1「人の価値」
津田先生は狩田流の書風ですのでわたしには馴染みやすいです。

【現代文】
0805 現代文 1-1
書かれた内容は今の時代にも当てはまりますね。
一緒にいて楽しい人もいれば、
ふと頭に浮かんだだけで、うんざりする人も…(汗)
まあ、いろんな性格の人がいます(・▽・)ノ