プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
07月28日(日)

映画「体脂肪計 タニタの社員食堂」

観に行って来たのは実は先月なのですが、
やっとブログに書けます。(⌒∇⌒)

「タニタの社員食堂」レシピ本は正続編あわせて488万部という、
信じがたい超ベストセラーだとか!

映画の方は実話に基づいてはいるものの、
物語の大半はフィクションだそうです。

タイトル

タニタ食堂の栄養士役で優香ちゃんが主演。
 【映画公式サイト(もう消えているかも) http://www.tanitamovie.jp/】

あらすじ
世界初の家庭用体脂肪計を開発したタニタは、
実は売り上げ不振に悩んでいた。
社員はおデブばかりで取引先の評判も良くない。
何しろ副社長からしておデブ…。

社内の健康診断の日。
医師がカルテを見つめながら、
おデブ副社長に向かって呆れ顔で言います。
「血圧200と120…体脂肪率40%…、5年で死にますね」
しかしそう言う医師自身もおデブなのだー(^_^;)

カルテ

そんな状況に社長(草刈正雄)が激怒し、
息子である気弱な副社長を叱責、
業績を上げるためのアイデアを出すように命令します。

そこで副社長は、
「3ヶ月間、全社員のダイエットキャンペーンを行なって、
その結果を得意先や世間にPRしよう」
と提案するのですが…。

プロジェクト イラスト

そんなわけで社員の中から、
特に目立つおデブ3人と、おデブ副社長を加えた4名が、
メインダイエッターとして、栄養士の優香ちゃんから特訓を受けます。

社員食堂でのカロリー制限はもちろんのこと、
水の入ったバケツを持って、
会社の屋上に作った菜園の所まで階段を駆け上らされたり、
外食を含めて間食も夜食も禁止され、
きびしく監視されながらも、
必死の思いで空腹と戦うおデブ社員たち。

ある日のこと、そのうちの一人が、
机に突っ伏したまま眠ってしまい、夢をみるのでした。

民族衣装

あでやかな民族衣装に身を包んだ優香ちゃんが、
スプーンでおいしそうな料理をすくって彼の口元に運びます。

「ほら…、あ~~~~ん」 (∂_∂) 

わわっ!これって拷問でないかい?(;゜▽゜)
ダイエッターでなくても、
この誘惑に耐えられる男はいないっしょ!(|||ノ`□´)ノ

さて、会社への義務感もあって、
彼らのダイエットも最初の1ヶ月ほどは順調に進むものの、
空腹のイライラは増すばかりで、どんどんきつくなってきます。

おデブ社員の一人は我慢できず、
とうとう夜の繁華街に飛び出し、
密かにカレーのチェーン店へ直行!
しかしそこへ容赦の無いダイエット監視隊が…。

ついにはおデブ副社長までが社内の冷蔵庫(チェーンを巻いて密閉してあった)をこじあけて、
食材をむさぼり食べる始末(;゜▽゜)

そして泣きわめくおデブ女子社員!
「もう死んでやるぅ~~!!」
(ほとんどの男はポッチャリの女性が好きなんだよね。泣くことないつうに)(^_^;)
果たして彼らの運命やいかに!?

この映画、コミカルで面白かったです。
ただ、個人的には不満な点が一つありました。
それは優香ちゃんが演じるこの栄養士が、
気性の激しい女性として描かれていること。
これはちょっとねぇ…(`ε´)

たとえば、彼女が小学生たちをにらみつけて、
「クソガキ~!ちっ!」
と、わめいてみたり(舌打ち付き)(>.<)

さらに、おデブの副社長や社員たちを怖い顔で、
頭ごなしにどやしつけてみたり(汗)
「ちょっと!あんたねぇ!(どうのこうの!)」
そんなシーンが随所に出てきます。

まいったな。わたしはこういう、
男相手に簡単にキレる女性が苦手なんですよね。
「性格がきつい」
「生意気」
「言葉遣いが悪い」(女らしくない)
わたしの嫌いな女性の3タイプを全部含んでいるよ…(*_*;
女性はやっぱり、しとやかでやさしい人がいいな。

あ、話がそれた。
映画の話に戻りますと…、
そんな気がきつい栄養士ゆうかちゃんの叱咤激励があればこそ、
おデブな副社長と社員たちは食生活を改善し、苦難(?)を乗り越え、
どうにか減量に成功するのでありました。

取引先の評判も上がって体脂肪計の売り上げは倍増!
めでたしめでたし。


* * * * * *


ところで、前に何かの本で読んだのですが、
「太り過ぎは生活習慣病。
単に痩せるだけではまだ不十分で、
リバウンドしないように生活を改善し、
標準体重のまま2年間はキープ出来ないと、
ダイエット成功とは言えない」
のだそうです。

これは確かにそのとおりだと思います。
実は私もかつて、健康のためにダイエットを行って、
5ヶ月間で体重を20kg落とした経験があるのですが、
そのあと失敗しました。

その時はどうにか標準体重を下回ったので、
お腹なんぞはペタンコになって、
空気が抜けたゴム風船みたいに皮がたるみ、
久々に会った人たちはわたしの顔を見るなりギョッとした表情になり、
「何か悪い病気でもしたのでは?」
と不安がっていました。

しかし「うまく痩せられた」と気を良くした私は、
この段階で油断してしまったんですね。
けっきょくはリバウンドしてしまいました(*_*;何にもならない!

カロリーを制限する食事内容もそうですが、
運動を取り入れるなど生活パターンを変えて、
習慣としてきっちり守っていかないと、
必ず逆戻りしてしまいますね。

さて、わたしもウォーキングを日課にして、
再び体重を減らさなくては!

 
07月15日(月)

ふーっ!ネットって怖い(*_*;)

どんな方がご覧になっているのか分からないです!(汗)
字形の話はもうしたくないですけど、一言だけ。

[物陰] 。・) ソォー

[物陰] ・) 正直言って、同じ系統でも好きじゃない字形って、あるもんね、わたしも。

[物陰] 彡 ささっ

[物陰]でもそれは言えないかな。

ヾ(-_-;) o○(言ってんじゃん…)

うーん。いや、だから…、
それを批判ぽく言ったらまずいってことなのかな(*・゛・)
そういうことで古典だとか先生方に対して、
敬意を払っていないように受け取られると困るよ。

今回はそういうケース?
なんか良くわかんないんだよね。

それに字形は練習しないと良さが分からないって言われても、
好きになれない字形はあんまり書きたくないし(本音)
そんなにたくさん学んでるヒマないし。

ようは、そんならそれで、
わたしら初心者は余計なことを口に出すなってこと?

考えてみるに一家言お持ちの方からすると、
どうもそういうことらしいよ(*・゛・) ウンウン。。。

怖いっていうか…、
何かお灸をすえられたような気分っていうのは、
このことを言うのかな…(+_+)


書家の先生、すみませんでした。<(_ _)>