プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
11月30日(土)

パイロットペン習字 11月の級位課題 文字スケッチ行書編

行書の練習が出来ないまま、
月末になってしまいました。
相変わらず自治会の仕事が忙しすぎ。
昨夜の集会が終わったのは9時ころ、
今度の日曜日も朝6時起きで引っぱり出されます。(`ε´)
来年の春には役員交代で解放されるはずですが…。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

さて、もすけ行書編です。

もすけ 行書編 150dpi 66%縮小 完成

わたしのペン字練習法は、十字線を入れた手本を見ながら、
鉛筆を使って方眼ノートに拡大して書くところから始めます。

これを文字スケッチ(もすけ)と呼んでいますが、
でっかく書くことで誤差も広がりますので、
ちっとやそっとではうまく書けません。

「なんで手本と同じ字形にならん?」(|||ノ`□´)ノ

と、書いては消し、書いては消し、
繰り返し繰り返し修正を余儀なくされます。

手本と自分の字を見比べて注意深く観察することで、
ちょっとずつ目が肥えていくわけです。
(時間との兼ね合いもあるので、もちろん妥協も必要ですが。)

ある程度、字形が頭に入ったら、
10mm角くらいの方眼ノートで練習します。

ノートは1冊100円以下で売ってるよね~。 (・▽・)ノ

ここでも手本と見比べて、
自分の書いた字のあら探しを徹底して行います。

最終的には手本を見ないでも、そこそこ上手く書けるようになるまで続けますが、
「もうイヤ!」「うんざり!」「や~めた!」
って思うこともしばしばだよ~。(・o・)ノ

練習なんかしなくったってうまく書けりゃいいのに(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) o○(それはない)(キッパリ)

さて今回のもすけですが、
「尋」「架」は、縦の中心線が横へ2mmほどずれてしまいました。

つまり「字の中心点はこのあたりだろう」
と見当をつけて手本に十字線を書き入れた位置が間違っていたわけで、
それがもすけを仕上げた段階で2mmの誤差に拡大されてしまったのです。

と言っても中心位置に合わせてもすけをもう一度書き直す元気はないので、
PCで赤い線を入れて修正するにとどめました。
疲れたわぁ…(: ̄ ・ ̄)=3フゥ

なお「線」「不」は2つずつ、
「通」は3つの字形を手本から書き写しました。

パイロットペン習字では級位の課題文に手本がないので、
確かに不便だし手間もかかります。
しかし、こんな具合に草書っぽい行書も見つかったりするので、
同じ字でも書きぶりを比較できるのは面白いですね。

 
11月29日(金)

パイロットペン習字 添削課題207 清書が返ってきました

【 パイロットペン習字 添削課題207】清書の講評

添削課題207 講評

「各行共に、やや中程で字間が詰まった感があります」
「文字を書くと同時に字間を書く意識を」

との講評を頂きました。
そうなんです。字間を整えて書くように、
いちおう意識はしているのですが…、
難しくてなかなかうまくいきません。(汗)

そのほか、横の中心線から上下にずれてしまった字も、
あちこちに見受けられますね。
各字の起筆を用紙のどの位置から始めるかによって、
中心が揃うかずれるか、その時点で決まってしまうので、
全文をスラスラと迷いなく書けるようになるには、
よほどの練習量をこなさないとです。(*_*;)

* * * * * *

【パイロットペン習字 添削課題107】1年前の清書講評

添削課題107 講評

「昼」の右払いなど、いくつもの字形に朱字が入り、
加えて「横の中心を通すつもりで」
との講評を頂きました。
講師の先生はそのほかの細かいところは、
大目に見てくれたようです。

なお裏面には、
わたしの質問に対する回答が、
ビッシリ書かれていました!(;゜▽゜)
ありがたいことです。

(ペン字を習っているとあれこれ疑問が生じますよね。
基本的には自分で答を調べるようにしていますが、
いくら調べてもどうしても分からなかったとき、
またはどうにも調べようがない場合などは、
先生に質問するようにしています。
いつも丁寧な回答を頂いていますので疑問氷解、
とても助かっています。)