パイロットペン習字 先月の級位課題を復習 B系統 C系統
- 2013/12/30(Mon) -
わかくさ通信に載っている模範手本を見ながら、
先月の級位課題を復習してみました。
今回は「ね」「る」の連綿が勉強になりました。

でも、少し練習したくらいではとても書けないですね。
(全体的に字形もガタガタだし)(汗)
もうちょっと続けてみます。
級位課題 模範手本を臨書
【左はC系統の小林操子先生、右はB系統の加藤玲子先生の模範手本を、
参考にさせて頂きました】

この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2013年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 11月の添削課題 清書が返ってきました
- 2013/12/29(Sun) -
前回はハガキの課題でした。
行によって字の大きさを変えて書く必要があって難しかったです。

添削課題 清書の講評

字形については、相変わらずコンマ数ミリから、
1ミリくらいの範囲で直されています。
やばいです。
大きめの字ならまだしも、ちっこい字粒で、
形が1ミリもずれているというのは、
かなりの誤差と言えます。(+_+)

一方で、書いた途端に、
「あ、やっちまった!」
と思った箇所もありましたが、
講師の先生は大目に見てくれたようです。

差出人の部分については、
氏名の位置が下過ぎて、字粒も小さめでした。
もう少し上の位置から、やや大きめに書いて、
住所も二行に分けた方がバランスが良かったようです。
気づきにくい点をアドヴァイスして頂いて助かりました。

そして、わたしの氏名については、
講師の先生から狩田流の字形で、楷書と行書の二通りを、
手本として朱書きしてもらえました。感激です。(⌒∇⌒)
(これ、コピーして練習しよっと。)

なお、来年の添削課題のページを眺めていたときのこと、
例によって、ふとした疑問が…。
それを通信欄で質問しておいたのですが、
書写体を例に丁寧な解説をしてもらえました。

添削課題 清書ウラ面

「おわかりになりましたか?」(∂_∂)

はーい、テンテー。(・▽・)ノ

ヾ(-_-;) o○(園児か…?)

* * * * * *

早いもので今年も残すところ、あと2日。
みなさん、来年も頑張りましょうね。 \(⌒◇⌒)/

この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2013年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ