プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

12月30日(月)

パイロットペン習字 先月の級位課題を復習 B系統 C系統

わかくさ通信に載っている模範手本を見ながら、
先月の級位課題を復習してみました。
今回は「ね」「る」の連綿が勉強になりました。

でも、少し練習したくらいではとても書けないですね。
(全体的に字形もガタガタだし)(汗)
もうちょっと続けてみます。
級位課題 模範手本を臨書
【左はC系統の小林操子先生、右はB系統の加藤玲子先生の模範手本を、
参考にさせて頂きました】

 
12月29日(日)

パイロットペン習字 11月の添削課題 清書が返ってきました

前回はハガキの課題でした。
行によって字の大きさを変えて書く必要があって難しかったです。

添削課題 清書の講評

字形については、相変わらずコンマ数ミリから、
1ミリくらいの範囲で直されています。
やばいです。
大きめの字ならまだしも、ちっこい字粒で、
形が1ミリもずれているというのは、
かなりの誤差と言えます。(+_+)

一方で、書いた途端に、
「あ、やっちまった!」
と思った箇所もありましたが、
講師の先生は大目に見てくれたようです。

差出人の部分については、
氏名の位置が下過ぎて、字粒も小さめでした。
もう少し上の位置から、やや大きめに書いて、
住所も二行に分けた方がバランスが良かったようです。
気づきにくい点をアドヴァイスして頂いて助かりました。

そして、わたしの氏名については、
講師の先生から狩田流の字形で、楷書と行書の二通りを、
手本として朱書きしてもらえました。感激です。(⌒∇⌒)
(これ、コピーして練習しよっと。)

なお、来年の添削課題のページを眺めていたときのこと、
例によって、ふとした疑問が…。
それを通信欄で質問しておいたのですが、
書写体を例に丁寧な解説をしてもらえました。

添削課題 清書ウラ面

「おわかりになりましたか?」(∂_∂)

はーい、テンテー。(・▽・)ノ

ヾ(-_-;) o○(園児か…?)

* * * * * *

早いもので今年も残すところ、あと2日。
みなさん、来年も頑張りましょうね。 \(⌒◇⌒)/

 
12月23日(月)

パイロットペン習字 12月の級位課題 文字スケッチ楷書編

【今月の級位課題文】
級位課題文フォント
級位課題の漢字は7個だけど、
添削課題の方はB4の掲示文だもんね、どんだけ手間取ることやら…。(*・゛・) 
年賀状の宛名書きもまだだし…。

たっ、たぁすけてくれぇ~~~! (||゜0 ゜||)  ← ムンクふう

久々の出番です。  こちら


【もすけ楷書編】
もすけ 楷書 

「来」ですが、狩田先生の手本では3画目が4画目に接しています。
しかし書いてみると、どうもうまくいかなくて、
楷書に近い行書とも言える形になってしまいました。

行書には全く別の字形があるのですが、
「楷書の点画を一つでもつなげて書いたら行書である。」
という考え方もあるようなので、ちょっと不安。

よって、もすけでは3画目を、どの線にも接しないように、
修正することに。

証拠隠滅だよ~。(・▽・)ノ

なお、「出」の2画目は、ほかの字に比べて、
右肩の上がり具合が目立つようです。
練習で書くときに、ほかの字の傾きに合わせて、
修正した方が、バランスが良いかもしれません。

しかし、素人の判断で勝手に字形をいじくって良いのか?←(これ重要)
悩むところではあります。

思い悩んだ末に手本と違う字形に修正して書いたとして、
そのあと添削のときに講師の先生から、
「形が狂っているわ」
と朱字を入れられる可能性も…。(汗)

なにしとるかわからんヂャマイカ!(;`O´)o自爆やんけ~!!

 
12月20日(金)

パイロットペン習字 12月の級位課題 切り貼り手本 楷書

いつものように課題文に合わせて、
スキャナで参考図書から集字したあと、
PCで切り貼りして十字線を入れました。

切り貼り手本 楷書編
(字粒や字間、全体のバランスについては考慮してありません。)

【ワンポイントメモ】
わかくさ通信や市販のペン習字本などを見ますと、
初心者向けに、漢字を書くときの基本的な注意点が、
あれこれ載っています。ここで一つだけご紹介しましょう。

「詰」の旁の部分ですが、
「吉」は「士」に「口」ですね。
上の横画を長めに書きます。

清書で「士」を「土」に書きますと、
審査の先生方は微笑を浮かべながら、
「誤字・脱字・規定外作品」とし、
奈落の底に突き落とすのです。(^_^;)気をつけましょう。(追記参照)

実生活ではどちらの「吉」も使われているようですね。
ごぞんじ牛丼の「吉野家」のロゴを見ますと、
「𠮷」(「土」に「口」)になっていますよね。
(「つちよし」とも言うらしいです。)

それから「詰」や「週」の「口」の部分の注意点ですが、
これは先月も登場したばかりです。

口


ちなみに昨年12月の級位課題は、
「彫金の先生から銀の指輪を、記念にいただいた。」
でしたね。あれからもう、1年が過ぎたとは早いものです。(^_^;)

いよいよ30代も間近だよ…(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) o○(誰がだ?)


*******************

【追記】 2014年2月3日
わかくさ通信2月号によりますと、
「詰」の「吉」の横画は上下どちらが長くても誤字ではなく、
文字全体のバランスが大事なのだそうです。

ただし、「𠮷」(土のしたに口)は、
常用漢字でも人名用漢字でもないので、
子供の名づけには使えないようです。


 
12月18日(水)

ブログの全画像を一覧したい

次のいずれかの方法で「アルバム表示(画像一覧)」のページに行けます。
●メニューの「リンク」にある「アルバム表示(画像一覧)」をクリックする。
●記事内の画像を(どれでも)クリックしてから見たいアルバムを選ぶ。
●こちらをクリックしても行けます。
   ↓
アルバム一覧