プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02月28日(金)

パイロットペン習字 1月課題210-C 添削が届きました

朱字をたくさん入れて頂きました。
いつもながら講師の先生から得るものが大きいです。

210-C 採点と講評

1.かな連綿のときに大小をつける。
2.小さく書くときにタテの中心位置をやや右にずらす。

このことはテキストかな編にも説明がありますので、
わたしも知識としてはいちおう頭にあったのですが、
うまく応用ができません。

古筆などを眺めてみますと、
(変体仮名が読めないので内容は理解できませんが)
書き進んでいくうちに行末が右に寄っていって、
結果的に行頭がやや左に傾いている─
という例をよく見かけます。

この添削課題はそういう基本的な事柄の、
第一歩だったように思いますが、
わたしの場合は考えがまだ浅かったようです…(汗)

なお今回は、以前から気になっていたC系統の先生方の教室につきまして、
事務局に問い合わさせてもらいました。
しかし残念ながら、
「教室は首都圏にしかなく、通信添削指導もされていないので、
独学される場合は狩田先生ご執筆の参考図書を使ってください。」
とのことでした。



ちぇ~(; ̄З ̄) ぶつぶつ…





ちぇ~(; ̄З ̄) ぶつぶつ…






ちぇ~(; ̄З ̄) ぶつぶつ…

ヾ(-_-;) o○(わかったわかった…)


そう思うと、狩田巻山先生のお弟子さんたちの指導が受けられる、
パイロットペン習字通信講座というのは、
貴重な存在ですね。 (・▽・)ノ
しかも6ヶ月で修了するペン習字講座が多い中、
パイロットは何年でも継続が可能な上に、
費用が安価なので、この点もありがたいところです。

スポンサーサイト
 
02月23日(日)

パイロットペン習字 2月の級位課題 文字スケッチ 行書

【今月の級位課題】
今月の級位課題 フォント

もすけ 行書
(もすけは字粒を揃えてありません)

とりわけ書くのがむずかしいのは、
「梅」の「毎」の部分ですね。
手本として「海」の字形を二つ見つけてきました。
ビミョーに違う形をしていて、
どちらもカッコイイと思います。

ただ、最後の横画が右に長く伸びているので、
「梅」は少し右寄りに見えてしまいます。
練習で書く時にタテの中心線の位置を、
工夫してみようと思います。

(「羽」も少し左寄りになってしまったようです。)
文章全体を書いてみて、バランスを整えないと、
このままでは、まとまりが悪いですね。


【追補】 2月25日
祥南さんから「切り貼り手本 行書」の記事に、
新たなコメントを頂きましたので、
書写体について少し調べてみました。
狩田先生の字形から、
「庭」と「廷」の二つを参考にしながら、
練習してみようと思います。

書写体 庭
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。