プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月19日(土)

パイロットペン習字 7月の級位課題を練習中 楷書

楷書で練習 字粒


こちらは失敗例で「皿」が小さすぎ、
「鉢料理」が大きすぎました。
「塩」「用意」も平仮名と同じくらいに小さくなってしまいました。

2行目は「皿鉢料理」と漢字が4つ続くために、
ただでさえ見た目が重たくなりますので、
平仮名が多い1行目と並んだときに目立たないよう、
バランスを取る必要がありますね。

「豪」は14画もあってタテ長の字形なので大きめの字になりますが、
「皿」はヨコ長の字形で5画しかないので小さくなりやすいです。
そこで「皿」を少し大きめに書くと、
画数が少なくて内側の空白部分が広いせいか、
今度は思った以上にでっかく見えてしまったり…。

級位課題を練習 楷書

今回はいろんな面で字粒をそろえるのがむずかしい気がします。
たくさん書いて、文章全体の中でほかの字と見比べながら、
調整していくしかなさそうです。

級位課題の練習中 楷書

こちらは少しはマシになってきましたが、
「塩」「用意」をあと少し大きめにして、
平仮名をやや小さめにしたい気分です。

【追補】 (7月31日)
課題文を楷書で仕上げるなら、「たゝき」の踊り文字は
避けたほうが良いかもしれないというコメントをいただきました。

なお、パイロットペン習字テキスト「かな編」21ページを見ますと、
文中に同じ仮名が出てくるときは形に変化をつけて書くという説明があります。
ご参考まで。

スポンサーサイト
 
07月16日(水)

パイロットペン習字 7月の級位課題 切り貼り手本 楷書

7月の級位課題
今月の級位課題(フォント)

1行目は読点を含めて13文字でいつもと同じくらいの文字数だけど、
漢字が3つしかなく、平仮名が9つと多い。

平仮名は漢字よりも小さめに書くため、
いつものつもりで字粒をそろえようとすると全体が小ぶりになって、
行末が空いてしまう。

かと言って行末を詰めるために字間を空けると、
見た目がスカスカになってしまうので、
今回は漢字も平仮名もいつもよりほんの少し、
大きめに書いた方が良さそう。

字粒と字配りについて、そんなやり方を検討してみるのは初めてのケースだけど、
先生方はそれが狙いでこういう課題を?

切り貼り手本 楷書

(「用」は中央の縦画がマス目に重なって見えにくいので、
マス目なしも載せておきました。)

「たたき」は踊り字「ゝ」を使って「たゝき」にすると、
変化が付きますね。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。