プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

10月23日(木)

パイロットペン習字 10月の級位課題 切り貼り手本 楷書

切り貼り手本 楷書

C系統の切り貼り手本です。
マス目はおおよその目安です。
「巣」「早」など、字の中心にある縦画と、
マス目の縦線が重なると見えにくいので、
タテの中心線は横に少しずらしてあります。
(手本を見ながら書くときには調整が必要)

「路」「蜂」「巣」「取」「除」の各字に、
右払いがあります。
「折れ曲がるところで一度、止めてから払う。」
ってやつです。
「通」の、しんにょうも同じ。

むずかしいんだなこれが(*・゛・) 
一度、止めるのはいいとして、
払うときに線が歪んだうえに、
あらぬ方向へ曲がってしまう(`ε´)
力の入れ具合と角度に気をつけなくちゃ(*・゛・) ウンウン。。。 

追補

課題文の一部が違っていましたm(_ _)m すんませーん!

 
10月19日(日)

ペン習字教育講座 第5回 採点と講評

5回目の課題清書が戻ってきました。
先月、提出するはずが遅れてしまいました。

第5回 採点と講評

今回の清書は教科書の手本を見てそのまま書きました。
パイロットの系統とはまた違った字形で、
左右の罫線までの余白も少し広い気がします。
このくらい空いていると、ゆったりしていて良いですね。

「や」は三回、使ってありますが、手本はそれぞれ、
形を変えて書いてあります。


 
10月13日(月)

猫がすり寄ってきた

ウォーキングの途中、路地から一匹の猫が現れて、
目の前で止まるとジーっとこちらを見つめている。
首輪をしているので飼い猫のようだ。

じゃれついて足元に体をこすりつけてくるので歩けないではないか。(^_^;)
こんなに人なつこい猫もめずらしい。
まいったな、猫にまで好かれてしまったか(⌒◇⌒)はは

ま、それもやむを得まい。イケメンの宿命…か(*・゛・) 

ヾ(-_-;) o○(だれが?どこが?)

毛の色がグレーで、どことなく気品のある猫。
家に帰ってから検索してみたところ、
どうやらこの猫みたい。

ねこ ロシアンブルー


上の画像を参考にしてイラストに描き起こすと、どうなるかな(*・゛・) 
まいったな、そっくりに描けてしまったよ(⌒◇⌒)ははは
こちら


 
10月08日(水)

パイロットペン習字 添削課題306-Cの練習

10月も締め切り間際だけど、9月からずっと忙しくて、
パイロットの練習もブログ更新も大幅にずれ込んでしまった。

ペン習字教育講座は手付かずで1ヶ月遅れだし(9月の清書、未提出)。
パイロットの添削課題も10月に入ってからやっと練習開始。
(漢字仮名交じり文のヨコ書きで楷書が30個って…。うぅ…。)

添削課題306 単漢字の練習

添削課題306の練習

級位課題の行書練習も仕上がっていないし、こりゃ間に合わんかも(; ・`д・´)


 
10月03日(金)

パイロットペン習字 9月の級位課題を練習 楷書

単漢字の練習ではまず字形を習うことを優先しますので、
字粒はバラバラですが、書きながら少しずつ揃えるようにしています。

なお、ノートに1頁ほど書いてから目を水平に走らせてみると、
字によっては上下にずれていますので、
中心位置がどこにあるのかを確認して、
次に書くときから修正します。

級位課題 漢字の練習 楷書

課題文の練習に入ったら行ごとにうまく収まるよう、
漢字と仮名の大きさに気を配って書いていきます。

自己添削では字形や字間を見直しますが…、
大雑把なので、直したはずがぜんぜん直ってなかったりもします。(; ̄З ̄)

級位課題文の練習 楷書

いまの仕上がりはこんなところです。
控えめに書きたい「十五年」の箇所ですが、
「五年」をもう少し小さくして、
「ま」の中心をちょっとだけ右へずらしたい。

級位課題文の練習2 楷書

読点「、」の余白もやや広めなのでこれを半字分に詰めれば、
文章全体をこれよりもわずかに大きめの字で書けそうです。

「歌舞伎」はもう少し大きくても良さそうな気が…。
うーむ。調整が難しい。。。(汗)

このあとまだ行書の練習が待っている~!o(`□´)o

添削課題も手付かずぢゃ~!ヽ(`Д´#)ノ

来週、締め切りってマジっすかぁ?(・o・)ノ