プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

01月29日(木)

謎のバフン爺

先日、わたしの身に起こった体験談です。
健康のために時々ウォーキングをしているのですが、
ある静閑な住宅街を歩いていたときのこと。
突然どこからともなく大声が!

「バフン!バフン!」

驚いてあたりを見回すと5mほど先の住宅から、
一人の爺さんが顔を出して、わたしをにらみながら、
叫んでいるではないか(;゜▽゜)

「バフン!バフン!バフン!」

え?意味不明だけど何か怒っているのか?

「バフン!バフン!バフン!バフン!バフン!」

失礼な。だれが馬糞やねん。イケメンに向かって(*・゛・) プンプン!

ヾ(-_-;) o○(だれが?どこが?)

わけが分からず、足早にその場を立ち去りました。
こちら 

何だったんだろ?あー、びっくりした(: ̄ ・ ̄)=3


 
01月24日(土)

いろんな手本を混ぜたらどうなる?

今回はペン習字の手本についてです。
書店には美文字関連の練習本がたくさん並んでいますね。
著者によって書きぶりが違いますので、
手本選びに迷う方も少なくないようです。

手本と言えば、ある流派でペン字を長年学んだ方の中には、
師範クラスまで極めたあと、さらに力を付けるために別の流派に入って、
一から別の手本で学んでいる方もおられるとか。

また、日本書道教育学会には「手本を選り好んではならない。」
との言葉があるそうです。
様々な手本に触れることで実力が養われていくのでしょう。

さて、パイロットペン習字にはA~Dの4系統の手本があります。
添削課題はそれぞれの手本に従って清書をしますが、
級位課題には手本がありません。

では4系統(あるいは他流派など)、
いくつもの手本から自分の好きな字形を選んで、
ごたまぜの手本を自作して清書をしたら、
審査でどのような評価を受けるでしょうか?

先生方がどのように判断されるかは、
ケースバイケースなので何とも言えませんが、
以前わたしが体験したことを踏まえて、
感じたことを記事にまとめてあります。
似たような疑問を抱いておられる方は、
ご参考まで。 過去記事こちら



 
01月18日(日)

パイロットペン習字 1月の級位課題 楷書で練習

自己添削。下の画像では漢字ごとの練習が不足しているために、
字形も字粒もそろっていないです。
(朱字を入れて直したはずがぜんぜん直ってないし~!)(;゜▽゜)
このやり方を続けるのは効率が悪いです。

級位課題文 楷書


漢字ごとの練習。まだ形を追っているところなので、
中心位置も字粒もそろっていなかったりしますが、
いきなり文章を書くよりも覚えが早いのは確か。
急がば回れです。

級位課題 楷書練習 

文章としての練習。回数は20回くらいの段階ですが、
最初の頃よりは良くなって来ています。

級位課題文 楷書練習 

2行の中で目立たせたいのはやはり、
「左義長」の三文字でしょうね。
となると「正月飾り」は、やや控えめがいいのかな。

「義」は画数が多くて縦長の字形なので大きくなりがち。
上の画像だとちょっと大きすぎですね。
「を」「び」も、もうすこし小さめでいいかな。

2行目は字数が少ないので字が大きくなったり、
字間が空きすぎないように気をつけたいところ。

そして楷書がまだ固いです。かなに調和させるには、
楷書をもう少し柔らかめにした方が良さそう。
まだまだ書き込まなくては。


 
01月17日(土)

パイロットペン習字 1月の級位課題 切り貼り手本 楷書

級位課題文 切り貼り手本 楷書

「正」「事」「義」の縦画が方眼線に重なると見にくいため、
これらの字の中心位置は、左または右にすこしずらしてあります。
上の画像を参考にして練習するときは中心位置に気をつけて下さい。

「行」は昨年の級位課題にも出てきたよ(・o・)
あのときは鼻を描き込んで遊んだもんね(^_^;) 
こちら

何回見ても笑えるわぁ(((≧▽≦))) バシバシ 

ヾ(-_-;) o○(くだらないことを…)

「左」の字形ですが、2画目が左下に長く伸びて目立つので、
「エ」の部分はタテの中心線よりもやや右に寄せた方がバランスが良さそう。

「義」は11画目が右下に長く伸びて目立つので、
4画目がタテの中心線よりもやや左に来るように書く方が、
バランスが良いかも。
ただし11画目が長いのを無視して、
あくまで4画目をタテの中心とする考え方もありますね。
【追補】
実際にどちらも試してみましたが、
「義」はすこしだけ左にずらした方が、
バランスが良いと思います。


今回の漢字でもっとも書きにくいのは「燃」ではないかと思います。
「火」偏と「然」の旁部分がそれぞれバランス良く書けないと、
まとまりが悪いです。とりわけ「然」の点画は角度、位置、長さなどが、
けっこう複雑に組み合わさった形をしています。

燃 ガン見


 
01月14日(水)

パイロットペン習字 B系統のタテ書きに学ぶ

級位課題を練習するとき、布置の方法によって、
見え方がずいぶん変わってきます。
いろんなパターンを学んでおくと役立つでしょうね。

今回はB系統の先生が書かれたタテ書き手本を参考にさせて頂くことに。
(臨書ってむずかしい。あまりうまく書けませんでした。)

B系統に学ぶ
【テキスト タテ書き編「草書とひらがなの連綿交じり文」P21より】

C系統はぷっくりした字形ですが、B系統は細身ですので漢字は縦に長く、
かなの大きさはC系統よりも小さめに書かれているようです。
字間の空け方もC系統よりわずかに広く感じます。

ということから罫線入りの便箋にタテ書きすると、
B系統では行間の余白および字間が広めになって、
全体的にとてもスッキリとして見えますね。
非常に美しいと思います。

(。・_・。)ん?

美しい?ああら、私の方が容姿端麗かしら。ほほほ(謎の女)

なにぃ?おのれ、何やつ?!Σ(`Д´;)

ヾ(-_-;) o○(ひとりで遊ぶでない…)

パイロットのペン習字講座にはA~Dの4系統の手本が用意されていますが、
それぞれの系統に独自の魅力があると思います。

級位課題の清書は自分の書きぶりで仕上げることになっていますので、
今回学んだことを今後に生かせると良いのですが。

ヾ(-_-;) o○(感覚的なことはそう簡単に応用できない…)

練習するもんね(・o・)ノ

たしかに、学んだことが実際に身につくまでには、
かなりの修練を積む必要があると思います。

めんどくせーヽ(`Д´#)ノ

ヾ(-_-;) o○(それは禁句…)

将来的に自運でどのくらいの力が出せるようになるかは、
それまでこなしてきた修練の内容によって左右されるのでしょう。

パイロットペン習字も、わたしはこの春で3年目が修了となります。
残りわずかとなってしまった。
地道にしっかり学んでおかなくちゃ。(*・゛・) くわっ

ヾ(-_-;) o○(どうだかなー)