プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
07月23日(木)

パイロットペン習字 練習用紙あれこれ

漢字の練習用紙には、文運堂の5mm方眼ノートを使っています。
下の画像のノートは表紙が異なるだけで中身は同じです。
値段は左のが、ちと高め。右のは百均(100円ショップ)でも売っていました。

文運堂 方眼ノート2

この5mmノートは切り貼り手本の「16分割した方眼」に、
合わせて書くことが出来るので便利なのです。

文運堂 方眼ノート


次に級位課題文の練習用紙です。
これまでにいろんな方が何度かツイートされていますが、
コクヨの便箋(横罫)ヒ-15、またはヒ-1(縦罫)が便利ですね。
まず横罫のヒ-15

コクヨ便箋 ヨコ罫
コクヨ便箋 ヨコ罫 中身

画像を見るとお分かりのように、
タテの中心線を利用できるというのが、
ありがたいわけです\(^o^)/
この横罫の便箋1枚で5回分、使えます。

コクヨ便箋 ヨコ罫 中身2

この便箋のサイズですが、
中心線を含む4行分の幅が35mmで、罫線の長さが145mmあります。
パイロットの級位課題の清書用紙は、
2行の幅が35mmで、縦の長さが146.5mmなので、
便箋はタテが1.5mm足りませんけど大して問題はないと思います。
気になる方は146.5mmのところに横線を引いておくといいですね。

コクヨ便箋 ヨコ罫 中身3


次にヒ-1(縦罫)です。

コクヨ便箋 タテ罫 
コクヨ便箋 たて罫 中身

こちらも行幅は同じなので、
中心線を含めた4行分で35mmになります。
タテの罫線は182mmあるので、
146.5mmのところに水平に線を引けば、
清書用紙のサイズと同じになります。
自分で縦線を1本、加えれば4回分、練習が出来ます。

わたしも以前は清書用紙をコピーして使ったこともありますが、
コピー用紙はインクが滲みやすいので、
コクヨの便箋の方が書きやすいと思います。

(値段ですが、近所の文具店で買うと横罫ヒ-15は1冊162円です。)
(50枚綴りなので1枚あたり3.24円)

なお「どうしても清書用紙と同じ枠を使って練習したい!」
と仰る方のために、パイロットでは、
「級位認定課題用 練習用紙」なるものを販売しています。

級位課題の練習用紙 表紙
級位課題の練習用紙 パイロット発売

紙質は実際の清書用紙よりも薄くてペラペラしています。
(この練習用紙に書いたものを清書として提出することは出来ないです。)

ほしい方は事務局に問い合わせれば振替用紙を送ってくれます。
B5サイズ50枚綴りで1,000円です。
 
07月19日(日)

変体仮名の練習と古筆の臨書

毛筆による変体仮名の練習つづき。
教室で先生に添削して頂きました。

変体仮名1と2

変体仮名3と4

手本は【粘帖本和漢朗詠集 大石隆子編】を使いました。
筆ペン教室の先生からは、
「教本に載っている手本は一例にすぎない。数多くの字形を習うように。」
とのアドヴァイスも頂きました。
しかし筆の扱いに慣れるだけでもかなり手間がかかります。
変体仮名の字形を覚えるには、
硬筆による練習も加えた方が効率が上がりますね。

かな単体の練習もひと通り済ませて、
次に、ようやく古筆の臨書へ進むことになりました。

【夏】(古今和歌集より)
古今和歌集より めつらしき聲

359 夏  めつらし支聲那ら奈久耳/ほとゝき数こゝらのとしを/あ可須も阿る可奈

〈読み〉 めづらしき 声ならなくに ホトトギス ここらの年を あかずもあるかな
〈紀友則〉平安前期の歌人    
 
〈大意〉歌の意味を調べてみると、解釈が二通りあるようです。
1.めずらしい声でもないけれど、ホトトギスの声は、何年聞いても飽きることがないことだ
2.毎年聞いているので、もはや珍重するには当たらないほととぎすだが、
それにしても、長年にわたって、よくもあきずに鳴いているものだ

臨書
古今和歌集より 行ごとに臨書

字形、字粒、字配りの様子を同時に追いながら、
線質にも気を配って書かなくてはならないです。
しかしまあ連綿の長いこと…(+_+)

古今和歌集より 臨書

字形も違っているし字粒も揃っていないから字配りも合わない。
連綿はさらに練習を繰り返さないと線がもたない。
わずかに筆圧を加えた太めの線と、
極細の繊細な線との対比もむずかしい(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

まだまだ先が長いナ(*・゛・) 

(; ̄З ̄) ぶつぶつ…

かな単体の字形を学ぶ練習は手本を良く観察しながらゆっくりと書きますが、
線質を鍛える練習にはある程度の速度が必要なので、
これらをバランスよく組み合わせて練習するようにしています。