2015 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 09
パイロットペン習字 第401回 級位課題を練習 楷書
- 2015/08/20(Thu) -
今月の課題

楷書の練習です。切り貼り手本は硬筆と毛筆の二種類を作り、
鉛筆で書き比べてみました。

えんぴつ 練習

1マスは32mm角。大きめに書いています。
(誤差も拡大されます)(汗)

2つの手本を見て、字形のビミョーな違いを知るには良い練習方法かと思います。
しかし手本の拡大率が異なっていたため字粒が揃わなかった!(`ε´)
やはり切り貼り手本を作る段階である程度、字粒を揃えておかないと、
練習する時に不便ですね。

鉛筆で練習する時は書いては消しを繰り返しますが、
ひと通り書き進んだら、あらためて形の狂いや、
中心位置がズレている箇所などを探します。
そのあと少し時間を置いてから全体を見直すと、
また別の修正箇所が見つかったりします。
見直しは大事ですね。

上の画像では字粒がバラバラですが、
画数の多い「驚」はほかの字より少し大きめに書く方が良さそう。
「広」は左払いが長いので、
字全体をもうちょい右に寄せたい気分です。
「と」はヨコの中心から少し下がってしまいました。


「帯」の筆順。部首は「巾」
帯 筆順

参考までに「世」の筆順。
世 筆順
ちなみに「空」の部首ですが、
「宀」ではなく「穴」ですね。


「降」…「阝(こざとへん)」は三画。
「降」…欧陽詢
欧陽詢の「降」です。かっこいいな♪

楷書の練習。
まだ字形が定まっていないです(書くたびに形が違っている)。

楷書の練習タテ

中心位置もズレているよね(・▽・)ノ

楷書の練習ヨコ

2行、並べて比較してみると形がおかしい所、字粒が揃っていないところ、
中心からズレているところが分かりやすいです。

シャーペンで書くのも気分転換になっていいです。

401楷書の練習

自己添削。真っ赤だ~!(;-o-;)

401級位課題 楷書 自己添削

「涼」と「驚」のなかに「口」がありますね。
口


さて、1行目の「帯広空港」のところは今回の課題文の見せ場という気がします。
先生方は「ここを綺麗に書いてね」と期待されているのでしょう(たぶん)。
しかし漢字が4個、続くので、力が入ると見た目が重たくなりすぎるかも。

2行目は漢字が2個しかないので、ひらがなが大きくなったり、
間延びしないように要注意です。
って、個人の感想だよ~(・▽・)ノ

いまのところ出来具合はこんな感じです。

401級位課題文 楷書

「とかち」はこれよりも少し大きくして、その分、
「降りた」をやや小さめにしたい気分です。

練習している最中、直しすぎたあげくに、
どこをどう直せば良いのか分からなくなってしまった時は、
書いたものをしばらく寝かせておいて目が肥えるのを待つのも一方法ですね。
(料理の最中に何度も味見をし続けていると、
しまいに味覚が麻痺してきて何をどうしたらいいいやら混乱するのに似てる)(:-""-)ゞ


【誤字 脱字 規定外作品】
誤字 脱字 規定外

【備考】
「ぽ」(遊印?)…「おなかすいた(本家)」の承諾を得て拝借しました。(^_^;)ふははは

この記事のURL | ■パイロットペン習字 初級 2015年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 8月の級位課題 C系統 切り貼り手本
- 2015/08/13(Thu) -
今月の課題

1行目は12文字と読点があります。
先月より1字分、多いので全体的にやや小さめに書かないと、
枠に収まらないですね。

第401回 級位課題 切り貼り手本


【追補】切り貼り手本のいくつかの漢字について、
字粒を微調整しました。 8月21日(金)

この記事のURL | ■パイロットペン習字 初級 2015年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
かな臨書 3ヶ月
- 2015/08/12(Wed) -
【課題】
7月号 課題 

7月号 課題 解説

某競書誌で、かな臨書を学び始めて3ヶ月が過ぎた。(*・゛・) ウンウン。。。
10級からスタートするつもりだったけど、
これまで筆ペン教室に何年か通って、
実用書のほかに漢詩や和歌も習っていることだし、
いちおう級位の編入試験てのを受けてみた。

そしたらしばらくして届いた結果通知のハガキには、
思いがけずも「3級に編入」とあって、
翌月号では驚いたことに昇級+写真掲載となり、
最新号では何と1級になってしまった。(*・゛・) うへっ

ヾ(-_-;) 。o0○(自慢っぽい…)

いや、自慢ではなくて、これは今まで以上に練習しないと、
実力が追いつかないってことなんだな。
気持ちを引き締めないと。喜んでばかりはいられない…(*・゛・)キッ

それはそうと、これから先の昇段審査は、
有料になるみたいだ(*・゛・) うぅ…ビンボーなのに。
準初段、初段、準二段、二段、準三段、三段…、
という具合に細かく分かれているので、ずいぶん先が長い。

【清書】
7月号 清書

昇段審査は年に4回あって次回は9月に行われるようだ。
頑張って練習して力を蓄えなくちゃ。(*・゛・) ウンウン。。。
この記事のURL | ■臨書 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
もしかしてバカなの?(サンドウィッチマンふう)
- 2015/08/10(Mon) -
10日ほど前のこと、イラつく出来事が…。
楽天のとあるショップで商品Aを注文、支払いを済ませました。
入荷の都合により配送するまでに2週間以上、かかるとのこと。
ずいぶん遅いけどまあ仕方がないか。

数日後に同じショップで商品Bを注文、
支払い前にメールで「同梱が可能ですか?」と訊いてみることに。

翌日に楽天から自動配信メールが届いて、
請求金額を知らせて来ました。
ところが合計額は、商品A+Bになっているではないか。
Aの代金は支払ってあるっちゅうに。

で、ショップにメールしてその旨を伝えました。

すると楽天からまた自動配信メールが届いて、
「商品Aはキャンセルの上、返金します。」と言う。
それで口座の入出金を調べてみると、
たしかに商品Aの代金が返金されていました。

何でだや?

翌日、ショップからメールが届いて、
「同梱にするにはシステム上、商品Bをキャンセルする必要があります。」
と言う。さらに、
「商品Bを再注文してほしい。」

って、商品Bだけを再注文っておかしいのでは?
勝手にキャンセルされた商品Aはどうなるのダ?
そこらへんの説明は、いっさい無し。

疑問に思っていると、楽天から、
「同梱手続きが完了しました。」
と、お知らせが届いた。そこには、

商品代金A+B
消費税、
送料、
決済手数料が示され、
最後に合計額が表示してあった。

その直後に今度はショップから受注の確認メールが来たのだけど、
楽天のと請求額が違っている。。。(+_+)

もう、なにやってんだぁ???ヽ(`Д´#)ノ

合計金額が違う旨をショップに問い合わせると返信が来て、
「楽天のお知らせには決済手数料が入っていません。」
などと言う。

いや、だって、書いてあるじゃん。
「決済手数料」の金額のあとに「合計」とある。
それなら決済手数料を含めての額を示しているのが普通だろ。
(楽天さん、合計の意味が分かっているのだろうか?)(汗)
なんなんだよ、いったい?(+_+)

もういいよ。考えるのメンドー。
てか、相手にすんの疲れる。(+_+)

商品Bをキャンセルして再注文しろってショップに言われたから、
その通りにしといた。そしてその際に、
「備考欄にて『「決済方法都合のための再注文です』と
お書添えを。」
とあったのでその注意書きもその通りに書いといた。

ところがどっこい話はこれからだもんね。(*・゛・) ウンウン。。。

しばらくするとショップからメールが届いて、
こう書かれていたのだ。

「商品Bは数日前に注文されていますので、
あらたに追加注文ということで宜しいでしょうか?」

(#`-_ゝ-)ピキ (ブチ切れた音)

あんだとわれ?(暴力団員ふう)
もっぺん言うちみ?(  〃  )

何このショップは?
おちょくっとんか?
たいがい頭にきまっせ。
しかしわたしは冷静に返信を送りました。

「そちらの指示どおりにしただけです。数量は1です。」

大人の対応だよね。(・▽・)ノ

そのあとショップから再びメールがきて(いったい何度目だよ?)
やっと勘違い(?)に気付いたらしく、
最後の最後にようやく納得したようです。

…って、

「もしかしてバカなのあんたら?」(サンドウィッチマンふう)
「ちょっとなに言ってんのかわかんない」(同上)

どんだけ客を振り回したら気が済むんぢゃわれ~!ヽ(`Д´#)ノ

どたまかち割ったろけほんまに~!ヽ(`Д´#)ノ

ただでさえ暑いのに、ほとほと疲れた夏の夜でありました…(+_+)

それにしても、楽天にせよショップにせよ、
間違った請求書やら意味不明のメールを平気で送って来るとは…。

こんなことは初めてだけど、最初に届いた請求額に気を配らなかったら、
数千円も余分に払わされるところだった。
うかうかしていられないナ。。。(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

この記事のURL | ■オバカ画像たち(イラスト・まんが) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 7月の級位課題を練習 行書
- 2015/08/08(Sat) -
7月の級位課題 No 400

行書の練習です。まずは漢字ごとの練習から。
字形を学びつつ、
筆圧を一定に保つ部分と強弱を付ける部分を意識しながら書くと、
線質が鍛えられると思います。
(ここではまだ字形を追っかけていますが)(^_^;)
行書

字配りについて。
「岬」の字形は上半分が重くて下半分はスカスカなので、
空間が目立ちますね。
なので「岬の」の字配りでは字間を詰めて、
空間を狭めた方が良さそうです。

岬

かな連綿は「なか」でつなぐか、
「かで」でつなぐか…、まあどっちでもいいか。

かな連綿

仕上がり具合はこんな感じです。
(また【紫式部】を使って書いてみました。)

級位課題文 行書で練習

(字間の空け方がいまひとつですが)(^_^;)
カラーインクを使うと気分転換にもなっていいですね。
ペン先を変えると線の太さ(インクの出方)も変わるため、
明るい軽やかな青みや、少し沈んだ青みなど、
濃度の変化も楽しめます。
この記事のURL | ■パイロットペン習字 初級 2015年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ