プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

12月22日(火)

パイロットペン習字 第405回 級位課題 切り貼り手本 C系統

12月の級位課題

漢字と平仮名、カタカナが交じっています。
「ラグビー」が大きくならないように要注意です。

漢字 方眼入り

「部」の字形は二種類、集字しました。両方とも習っておいて、
清書のときに好きな方を選んで書くといいですね。
「遠」は画数が多目なので、字粒が、やや大きくなります。

切り貼り手本 課題文

上の手本ですが、タテの中心線から左右へ少しズレているところがあるようです。
練習で書くときに調整してください。

 
12月20日(日)

劇場霊

【劇場霊】 2015年11月公開
主演にAKB48の島崎遥香を迎え、かつて小説「リング」を映画化して、
大ヒットさせた中田秀夫監督が、再びメガホンを取ったホラー作品。


【あらすじ】
雷鳴が轟く大雨の夜。
ある家の中で二人の若い女性が恐怖に慄いていた。
薄暗い室内は異様な雰囲気に満ち、怪しげな何かが、
ゆっくりと彼女たちに忍び寄ってくるのだ。

と、そのとき稲光が!
一瞬、明るく照らされた室内に浮かび上がったのは…、

女のマネキン人形…?なにこれ?(;゜▽゜)

背丈は大人の女性と同じくらい。顔はマネキン風の造形。
誰が作ったのかは分からないが、二十代の若い女がモデルなのだろう。
整った顔立ちをしているものの冷たい印象を受ける。

ワンピースを身にまとったその人形が、手足をぎこちなく動かしながら、
二人の女性に迫ってくるのだ。

「こないでー!!」

手足のアップを見るとこれはマネキンではなく、球体関節人形なのだった。
どうやらこの人形には邪悪な霊が取り憑いているらしい。

「ギャー」

やがて悲鳴が上がり、二人の若い女性は、
その不気味な人形に殺られてしまうのであった。
(あとで分かるのだけど、人形に精気を吸い取られてしまったため、
彼女たちの遺体は、シワシワの「婆さん化」しているのであった。) (;゜▽゜)

しばらくすると、大雨の中、ずぶ濡れになった一人のオッサンが家に駆け込んで来る。
そして室内の惨状を目の当たりにすると、呆然として呟くのだった。

「お前がやったのか?」

オッサンは部屋に飛び込むと、
一体の人形を抱きかかえて出てくる。
それはさっきまで動き回っていたはずの人形なのだけど、
今はなぜかピクリともしないのであった。

なーんーでー、動かない?(*・゛・) 

ヾ(-_-;) 。o0○(そこは突っ込まなくていい)

そして台の上にその人形を仰向けに横たえると、オッサンは怒りを込め、
大声で叫びながら手にしたナタを人形の体に振り下ろす。

「お前がやったんだな!てめー!ボケ!カス!スカタン!」

(最後の方のセリフは定かではないが…、)
こうして人形は首が取れて体もバラバラに。

なーんーでー、オッサンだけ助かる?(*・゛・) 

ヾ(-_-;) 。o0○(いや、そこも突っ込まなくていい)


その事件から20年後。
ある劇場の中で、演劇の練習が繰り広げられていた。

中世のヨーロッパに実在したと言われる女王をモデルとした舞台なのだが、
その女王は自分が年を取るのが面白くなく、
村人の中から若い娘を捕らえて城に連れ込んでは、
その生き血を求めるのであった。

どうやらこの女王、
「若い娘の生き血さえあれば自分は永遠に若返ることが出来る。」
と信じているらしい。

それって気のせいだから(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(黙ってろ)

捕らえられた若い娘の一人は舞台の中央で小さな檻に入れられ、
そのまま鎖で2メートルほど釣り上げられる。

娘「キャー!許してください女王さま!わたしはただの農民ですよぉ!わかっとんけワレ?」

女王「ふっふっふっ。おだまりっ!」

美しく着飾った女王は、宙吊りになった檻の真下に歩み寄ると、
両手を左右に大きく広げて合図を送る。

「おやり!」

すると女王の脇に控えていた家来が長い槍を構え、
檻の中の若い女性の体を一突きにするのであった(;゜▽゜)

ブスッ!

(えー?この擬音て女性に対して失礼なのでは?(*・゛・) ウンウン。。。)

ブスッ!
 グサッ!(訂正)

すると見よ!
娘を槍で突いた瞬間、檻の下部から女王の頭上に向けて、
細長い赤いリボンが何本も垂れ下がるのだった。

そっか。これ、女王が頭から全身に血の雨を浴びているってことを、
象徴しているシーンなんだな(*・゛・) ウンウン。。。

「ホーッホッホッホ!あなたの血、温かいわ」

そう言って女王はうれしそうに笑うんだけど、
何でヘラヘラ笑えるのかが説明されていない(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(狂っているからだ)

まあ演劇なので赤いリボンを使って表現してたけど、
でも中世のヨーロッパに実在したその女王ってのは、
ホントに頭から血の雨を浴びていたんだろな(*・゛・) 

うぅ…(*・゛・) 

何てことするんだ。信じられないっ(*・゛・) 

ヾ(-_-;) 。o0○(だな)

床掃除のこと考えてないな?(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(そっちか)

てか、やってること、おかしいだろ(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(たしかに狂ってる)

さあ血を浴びようってのに服とか着ててどーすんだよ?(*・゛・) 

裸じゃないと、服に血をかけたって効果がないだろ(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(おーい)

演出家も演出家だよ(*・゛・) 

なーんーでー、裸のシーンを入れん?(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(もしもーし)

さて、この映画の主人公である島崎遥香の役柄であるが、
捕らえられて城に連れて来られる、村の娘役である。
その日の稽古を終えた遥香は、静まり返った劇場内を見回すのだった。

舞台の上には娘を閉じ込める檻があり、
その横には豪華な椅子がセットされ、そこには小道具として、
ワンピースを身にまとった、一体の球体関節人形が腰掛けている。
この演劇は、女王がその人形に語りかけながら進行していくのだ。

そして人形用に、女王をあざ笑う音声が予め録音されており、
ステージから離れた場所からスタップが、
物語の進行に合わせて音声を流すという段取りである。
ポツンと置かれた人形を見つめながら遥香が言う。

「ねえ、あの人形…、なんだか気味が悪いわ。誰が作ったの?」

すると美術スタッフの青年が答える。

「ボディは僕が作ったけど、首だけは外から持ち込まれたみたいだよ…」

そうなのだ。この首こそが20年前、二人の若い女性に襲いかかり、
シワだらけの婆さんにして殺害した、あの人形の首…。

しかし、どういう経緯でその首がこの舞台で使われることになったのか…?

女の美術スタッフがどこかで首だけ見つけてくるのだけど、
そもそも、なーんーでー、そこに首が置いてあったのかは、
最後まで何の説明もないまま終わるってのがテキトーでコワイ(*・゛・) ウンウン。。。

そして予想通り、このあと劇場内で、
恐ろしい出来事が次々に起こることになる…。

ガクガク(((;゜Д゜)))ブルブル


つづく(…かどうか分かりません) (・o・)ノ

【キーワード】
球体関節人形…関節部分に球体を組み込んで手足を自由な角度に動かせる人形。
          そのため様々なポージングが可能。

中世の女王…永遠の美と若返りを求め、村の若い娘たちを捕らえては、
         城に連れ込んで殺害、その生き血を頭から浴びていたという。
         しかしもし、この女王が、現代の献血ルームに現れたとしたら、
         スタッフ一同から、袋叩きの目に遭うことだろう。

「チョーダイ」…「あなたの美しさと精気をわたしに頂戴」みたいな意味。
          人形が若い女性に襲いかかるとき呟く。
          ちなみに、男に用はないらしい。



 
12月17日(木)

パイロットペン習字 添削課題109-C 掲示文の練習

今回は添削課題109-C 掲示文の練習です。下の画像は、
初級コース1年目のときに書いたもの(2012年12月)。
反省材料として載せます(・o・)ノ

添削課題109-C 掲示文B4(2012年の清書)

油性マーカーで仕上げています。
(提出前の清書のコピーが見当たらないので、
添削済みの画像を載せました。)

文字の大きさですが、学習ガイド(P23)の手本を参考にして、
タイトル、項目、主催者の3つに分けて字粒を変えています。

マーカーで書く場合はタイトル用と、そのほか用に、
線の太さが異なるのを2本、用意しておくと便利です。

項目の部分はあまり大きな字粒には出来ませんが、
「講」や「費」は横画の数が多いので、書く線が太すぎると、
線と線の隙間がつぶれてしまいます。

字粒と滲み

最初に字粒を決めるときに、
まずは画数の多い「費」や「講」だけを書いてみて、
無理のない大きさにしておくと良いですね。
そのあとほかの項目の字粒を合わせるようにします。

ところが、ちょうど良い太さの線で書けるマーカーが、
なかなか見つからないので困るのです(`ε´)
わたしが使ったマーカーは細すぎたようで、
講師の先生からその点を指摘されてしまいました。
(マーカー本体に中字と表示されていてもけっこう線が細い製品が多い。
そのためマーカーの先端を少しつぶして太くしてから使う方もいるとか。)

話は一番上の画像に戻りますが、
「会場 清水短大 小ホール」のところは字間が狭いと、
「会場 清水短 大小ホール」みたいにも読めてしまうので、
横幅を少し広げて書きました。
しかし、いま見直してみると、そのせいで今度は、
左右(行頭、行末)の余白がキツくなっているようです。

こっちを直せばあっちがダメ。どないせいちゅうねんヽ(#`Д´)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(もちつけ…)

タテの行間(aの部分)は少し空きすぎ。もうちょい詰めて、
その分、字粒をやや大き目にしても良さそう。
しかし大きく書きすぎると字間が詰まって、これまた、
「会場清水短 大小ホール」に戻ってしまいます。

それぢゃ何にもならんジャマイカ ヽ(#`Д´)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(もちつけ…)

今回は以上の反省点を踏まえてレイアウトをやり直してみます。

B4用紙を使ってどんな割り付けをするか、
パイロットペン習字テキスト「実用編」P16に、
掲示文のレイアウトに関する考え方が紹介されています。

書き始める前に、いろんなパターンをあれこれ試している内に、
レイアウトの感覚が養われると思います。
(テキストの解説どおりに進めていくと手間がかかるものの、
やり方さえ飲み込んでしまえば、あとが楽。)

掲示文の割り付け

わたしは簡単な方法でやっています。
まずは大雑把に、タイトル、主催者、項目の文字サイズを大中小に分けて、
行数に応じて鉛筆で印をつけていきます。

1回でひょいっとうまくいかん!ヽ(#`Д´)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(そう都合良くいくか)

納得のいくレイアウトになるまで、
何度も書いたり消したりを繰り返しながら修正していきます。
(ラフなやり方で手早く進めていく。この段階はすべてフリーハンド。)

全体のレイアウトが見えてきたら、
定規を使って下書きの線を鉛筆でビシっと書き入れます。
(以上、わたしのやり方。)

綺麗に丁寧に仕上げたい人は上で説明したラフなやり方をせずに、
テキストに載っている緻密な(?)手順でレイアウトを行う方が良いです。

添削課題109-C 掲示文の練習 レイアウト

ここでは各行の寸法を割り出したあと、
三角定規を使って下書きの線(枠)を入れています。
丁寧なやり方なので仕上がりも綺麗です。

しかし実際の試験(書写検定)では時間が限られているため、
手際よく仕上げなくてはなりません。受験を目指す方は、
レイアウトから書き上げるまでの行程を繰り返し練習して、
パターンを頭に入れておく必要がありますね。

「忙しくて割り付けの練習までやっているヒマがない~!」
という方はとりあえず、
学習ガイド(P23)に載っている掲示文の手本をB4サイズに拡大コピーして、
それを見ながら練習すれば、ある程度はレイアウトの感覚がつかめると思います。


【追補】
掲示文の筆記具についてですが、
わたしは2年ほど前からマーカーの代わりに、
コピック・チャオを使って練習しています。
(毛筆っぽい表現が出来る。)

だけど今回は横書きだし…。毛筆風に書く必要性があるんかいな?(*・゛・) 
そうも思ったけど、ま、何事も練習しといて損はないし~(・▽・)ノ

それにしてもコピックの書き心地は筆ペンとも小筆とも違っているため、
扱いにくいんだな(`ε´)

さてと、まずは大雑把に文字サイズを決めて練習を始めます。
(用紙はB4上質紙。郵送する時にかさばらないよう薄口を使っています。)

添削課題109-C 掲示文の練習

最初は字形もひどいし字粒もそろわないし、
各項目の位置もズレていて目立つ。(汗)
(レイアウトの下書きから見直さないとダメだ~)(`ε´)

タイトルの「経済講演会」は五文字なので、
真ん中の「講」を用紙の中心に据えて、
左右の余白も同じくらいにすると見やすいのだけど…、
この画像を見るとそこらへんはテキトーになってます(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(いちばん目立つところなのにピシっと決めないと)

そしてせっかくコピックを使っているのに、
画像では線の太細の変化が乏しい(`ε´)
コピックは筆圧を加えても毛筆のように穂先が開くわけではないので、
コントロールするのがむずかしい!

次の画像ですが、
B4用紙を使い果たしてしまったのでB5用紙2枚に分けて書いてみました。

添削課題109-C 掲示文の練習 B5-1
全体的に線が細め。筆圧はマシになってきたもののまだ不安定。
字形も、まだ見直さないとまずい字がいくつもあります。
全体的に見やすいものの、掲示文としてはスッキリしすぎかな。
添削課題109-C 掲示文の練習 B5-2
行間はもっと詰めて、字粒を大きくして、線もちょっと太くしたい。
ううむ…。もっと目立つようにするにはレイアウトからやり直しか…(`ε´)

何回、書き直してんだよ(; ̄З ̄) ぶつぶつ…

ま、それが練習なんだけど(*・゛・) ウンウン。。。

(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

はんりゃほんりゃヽ(#`Д´)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(ヤケになって発作を起こすでない)


【書くときに注意する字】
今回の掲示文課題にも使われている「糸」偏の字ですけど、
ペン習字では「糸」は6画と覚えておきましょうね~(・▽・)ノ

添削課題の「経」から糸偏について

級位認定課題の清書で「糸」を7画や8画で書きますと、
審査の先生方が優しい笑みを浮かべながら、
奈落の底へと、突き落としてくれます…。

ガクガク(((;゜Д゜)))ブルブル


 
12月10日(木)

パイロットペン習字 第404回 級位課題の練習 行書

11月の課題文

12月は大忙しでブログの更新が間に合わない(; ・`д・´)
級位課題 漢字ごとの練習 行書

鉛筆で大きめに書く漢字ごとの練習。
16分割したマス目の中で点画がどんな位置関係にあるのか、
切り貼り手本をつぶさに観察しながら書き写していくので、
字形を学ぶためには(手間はかかるものの)
効果的な練習方法かと思います。

「大」や「根」はトメとハライの両方を練習。
「甘」「立」はそれぞれ二通りの字形を習いました。

画像では各字の字粒をそろえる所までは考慮していないので、
大きさがバラバラ。ホントはこの段階で、
漢字の大小を整えておくほうが後々、楽なんだけど(`ε´)

次の画像は、まだ切り貼り手本を作ってないときに、
ササッと書いた最初の練習ですが…、
やってもうた~!(汗)

誤字脱字規定外

(「根」はこれまでに添削課題で習った草書体で書いてしまいました)(`ε´)

次は清書用紙をコピーした枠内に書いたもの。
「大」をトメて「根」はハライの形にしてみましたが、
この逆もありですね。
全体的にひらがながデカすぎたようです。

級位課題の練習 行書

おバカネタとして、
「大根の甘みを引き立てるのは
     鶏のそぼろアンデス山脈」(オヤジギャルふう)
というのがふと頭をよぎったのですが…、
画像はありません(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(そんなことしているヒマはないだろ)
 
12月07日(月)

パイロットペン習字 第404回 級位課題 楷書の練習

11月の課題文

まずは漢字ごとの練習から始めます。
書き終えたら手本と見比べて自己添削。

級位課題 漢字ごとの練習 楷書

見直すたびに修正箇所が増えていくので疲れる…(+_+)
一度に済ませようとしないで、
何回かに分けた方が楽だわ(: ̄ ・ ̄)=3  

漢字の練習が、ある程度進んだら、
級位課題文を枠内に書く練習に入ります。

級位課題 楷書練習

字粒も字配りもなかなか揃わないし、
タテの中心もあちこちで左右にズレるんだよね。(;-o-;)

手本を自分で用意して課題を書くのは手間がかかるけれども、
書いたものを何度も見直して、
修正を繰り返す過程で少しずつ上達していく。

で、練習で書いたのを(上の画像)ガン見しつつ、
どんなふうに直すかを考えてみると…(*・゛・) 

1.「大」…もうちょい大きく書いてもいいかな。
2.「根」…最終画が右に長く伸びているため右にずれて見える。
     もう少し左寄りに書いた方が良いかも。
3.「甘」…もうすこし大きく。(手本を二つ用意したので字形にも迷う)。
4.「みを」…やや右にずれてしまった。次回はちょっと小さめに。
5.「引」…やや左にずれた。字粒はもっと小さくしたい。
6.「立」…すこし左下に沈んでいるような気も…。3画目の傾きを直せば安定しそう。
7.「鶏」…ちと、大きい(いちおうセーフだけど)。
8.「そぼろあんです」…すべて字粒を小さくして字間も詰める。
 (1行目の「てるのは」と同じくらいに。)

2行目は字数が少ないので字粒が大きくなったり、
字間が広がって間延びしやすい。今回はまさにそんな状態…(`ε´)

級位課題は字形以外は比べる手本がないので、
どこがまずくてどう直せば良いのかは、
自分の勘に頼るしかありません。

勘を養うためには、
4系統の講師模範手本(わかくさ通信3面に掲載)を参考にしながら、
前月に書いた自分の作品と見比べて復習すると効果的。
毎月それを続けていれば少しずつ、
字粒の揃え方や余白の残し方などが感覚的に分かってくるので、
そのうち清書に役立てることが出来るようになります。
(わたしの場合はまだうまく出来ないですが)(`ε´)