曼殊院本古今和歌集を臨書する(一)
- 2016/06/30(Thu) -
5月号課題
伝藤原行成筆 曼殊院本古今和歌集より

「誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに」 藤原興風

歌の背景→(おれも年を取っちまったなぁ。みんな死んじまっただ…)
今ふうの訳
「誰を自分の昔なじみにしたらいいんだ?
高砂の松は長生きしているけど、
昔からのオレの友だちってわけじゃないしなぁ。。。」


『曼殊院本古今和歌集』
京都市左京区の曼殊院に伝来した、
『古今和歌集』の古写本(11世紀ころ)。
巻第十七のみの残巻


5月号課題 臨書

この課題の臨書です。おかげさまで昇段審査に合格、
思いがけず写真版掲載でしたので二重にうれしい\(^o^)/

反省点として、今後はもう少し、
渇筆の練習を増やしたいと思っています。


この記事のURL | ■小筆 かな書道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
非表示のおしらせ パイロットペン習字 添削課題の採点と講評 
- 2016/06/30(Thu) -
このたび、初級から上級までの、
『パイロットペン習字 添削課題の採点と講評』
の数年に渡る過去記事を2016年6月より遡って、すべて非表示としました。
今後も、講師の先生による朱字の入った添削課題の清書は掲載しません。
詳細は当ブログ・カテゴリ「はじめに」の記事の後ろの方にある、
【添削課題の著作権】および【更新】(追補・訂正)を参照してください。
(添削課題の練習過程などは今後も載せるつもりでおります。)





この記事のURL | 非表示のおしらせ パイロットペン習字 講評と採点 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ