土橋靖子先生の書展
- 2016/07/31(Sun) -
7月23日(土)に上京し、土橋靖子先生の書展を拝見させて頂きました。
会場は日本橋タカシマヤ6階美術画廊です。
素晴らしい作品が並んでいて、画像をブログにUP出来ないのが誠に残念! 

なお当日は先生ご自身によるギャラリートークが催されました。
書にまつわる様々なお話から学ぶことも多かったので、
ここではその要約をご紹介させて頂きたいと思います。

土橋靖子先生 書展図録


●言葉を大事にする
これは「作品の題材(言葉)による心象風景を大切にする」
という表現もされていました。
ただし、単なる思いつきで書いて、
独りよがりになってしまってはいけないとも。

話がすこし脇道に逸れますが、
NHKの連続ドラマ『とと姉ちゃん』に登場する、
東堂チヨ先生のセリフをふと思い浮かべました。

「言葉には、言霊と言って魂が籠ると言われています。」
「言葉の一つ一つに魂が宿っているのです。」

なるほど。
そう考えると、言葉選びも慎重になります。

●古典を念頭に置いて書く
いろんな分野を広く浅く学ぶ。
自分のストライクゾーンを広くする。
琴線に触れた、興味のある古典を臨書し、
勉強し、それを実作に生かすこと。

心の中に、引き出しをたくさん持つということでしょうね。
さらに言えば、
どんな古典を下敷きにしたのか(あるいは目指しているのか)、
鑑賞する人にそのことが分からない方が良いらしいです。
古典の勉強は大事だけれども「お里が知れないように」書く。
恐らくそれが最終目標となるのでしょう。

そうは言っても、
「一足飛びにそのレベルに達することも難しいので、
一歩ずつ、自分の足で踏みしめながら進んでいく」
そう仰っていました。

●漢字も学ぶ
「かなと漢字は車の両輪のようなもの」
平安の古筆から離れ、現代の書を追求するためには、
漢字の勉強が不可欠となる。
そうしたお考えから土橋先生は、
集字聖教序と書譜を全臨されています。

そして臨書に際しては、
「かなに軸足を置く人間として、日本の風土へ引き寄せるように」
和風の要素を取り入れた表現を試みておられます。
今回の個展のテーマは『和を紡ぐ』であり、
漢字の古典に対するアプローチからも、
その心意気は伝わって来ました。

●イメージと技術
「かなの姿、流麗、枯淡、素朴、雅などの世界を盛り込むこと」
「形を追っていても言葉の自然な息遣いを忘れないこと」

しかし、表題のイメージを生かすためにはそれなりの技量が必要。
フィギアスケートで言うテクニカルの面はとても大事。
公募展では自分の技量を磨いて、
(言葉の持つイメージなどとは別に)
数十枚、数百枚と、たくさん書きこなす仕事もしなくてはならない。

表面的に言葉の世界に酔って書くだけではいけない。
遊びごとになってしまうと作品が浅くなる。
自分の思っている美を厳しく追求していく──。

そんな具合に言葉を大切にしつつも、圧倒的な練習量をこなして、
高い表現力、技量を身に付けていくことで、
形と言葉、イメージと技量、かなと漢字、
それらは密接に絡みつつ、作品の中に生かされていくのでしょう。

今回の個展は、作品の素晴らしさもさることながら、
土橋先生のお話からも得るものが多々ありまして、
とても有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

わたしも初心者なりに、これから先、
勉強(みたいなマネごと)をしつつ、
日々、練習に励みたいと思った次第です。


この記事のURL | ■小筆 かな書道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 第412回 級位課題 切貼り手本
- 2016/07/26(Tue) -
級位課題

8月10日〆切の級位認定課題です。
右払いがたくさん出てきます。

漢字 方眼入り 原稿

行書では払ったり止めたりの形を混ぜて変化を付けると良いですね。
(でも優秀作品を拝見しているとその限りでもなさそうですが。)

連綿にしろ何にしろ、あまり考えすぎないようにして、
練習だけはたっぷりやって、サラッと仕上げて次に進むのがよろしいかと(・▽・)ノ


切貼り手本 原稿

同じ字で異なる字形の手本も、いくつか載せさせてもらいました。
すべて練習しておくと後々、役立つと思います。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2016年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ