プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

07月31日(日)

土橋靖子先生の書展

7月23日(土)に上京し、土橋靖子先生の書展を拝見させて頂きました。
会場は日本橋タカシマヤ6階美術画廊です。
素晴らしい作品が並んでいて、画像をブログにUP出来ないのが誠に残念! 

なお当日は先生ご自身によるギャラリートークが催されました。
書にまつわる様々なお話から学ぶことも多かったので、
ここではその要約をご紹介させて頂きたいと思います。

土橋靖子先生 書展図録


●言葉を大事にする
これは「作品の題材(言葉)による心象風景を大切にする」
という表現もされていました。
ただし、単なる思いつきで書いて、
独りよがりになってしまってはいけないとも。

話がすこし脇道に逸れますが、
NHKの連続ドラマ『とと姉ちゃん』に登場する、
東堂チヨ先生のセリフをふと思い浮かべました。

「言葉には、言霊と言って魂が籠ると言われています。」
「言葉の一つ一つに魂が宿っているのです。」

なるほど。
そう考えると、言葉選びも慎重になります。

●古典を念頭に置いて書く
いろんな分野を広く浅く学ぶ。
自分のストライクゾーンを広くする。
琴線に触れた、興味のある古典を臨書し、
勉強し、それを実作に生かすこと。

心の中に、引き出しをたくさん持つということでしょうね。
さらに言えば、
どんな古典を下敷きにしたのか(あるいは目指しているのか)、
鑑賞する人にそのことが分からない方が良いらしいです。
古典の勉強は大事だけれども「お里が知れないように」書く。
恐らくそれが最終目標となるのでしょう。

そうは言っても、
「一足飛びにそのレベルに達することも難しいので、
一歩ずつ、自分の足で踏みしめながら進んでいく」
そう仰っていました。

●漢字も学ぶ
「かなと漢字は車の両輪のようなもの」
平安の古筆から離れ、現代の書を追求するためには、
漢字の勉強が不可欠となる。
そうしたお考えから土橋先生は、
集字聖教序と書譜を全臨されています。

そして臨書に際しては、
「かなに軸足を置く人間として、日本の風土へ引き寄せるように」
和風の要素を取り入れた表現を試みておられます。
今回の個展のテーマは『和を紡ぐ』であり、
漢字の古典に対するアプローチからも、
その心意気は伝わって来ました。

●イメージと技術
「かなの姿、流麗、枯淡、素朴、雅などの世界を盛り込むこと」
「形を追っていても言葉の自然な息遣いを忘れないこと」

しかし、表題のイメージを生かすためにはそれなりの技量が必要。
フィギアスケートで言うテクニカルの面はとても大事。
公募展では自分の技量を磨いて、
(言葉の持つイメージなどとは別に)
数十枚、数百枚と、たくさん書きこなす仕事もしなくてはならない。

表面的に言葉の世界に酔って書くだけではいけない。
遊びごとになってしまうと作品が浅くなる。
自分の思っている美を厳しく追求していく──。

そんな具合に言葉を大切にしつつも、圧倒的な練習量をこなして、
高い表現力、技量を身に付けていくことで、
形と言葉、イメージと技量、かなと漢字、
それらは密接に絡みつつ、作品の中に生かされていくのでしょう。

今回の個展は、作品の素晴らしさもさることながら、
土橋先生のお話からも得るものが多々ありまして、
とても有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

わたしも初心者なりに、これから先、
勉強(みたいなマネごと)をしつつ、
日々、練習に励みたいと思った次第です。


 
07月26日(火)

パイロットペン習字 第412回 級位課題 切貼り手本

級位課題

8月10日〆切の級位認定課題です。
右払いがたくさん出てきます。

漢字 方眼入り 原稿

行書では払ったり止めたりの形を混ぜて変化を付けると良いですね。
(でも優秀作品を拝見しているとその限りでもなさそうですが。)

連綿にしろ何にしろ、あまり考えすぎないようにして、
練習だけはたっぷりやって、サラッと仕上げて次に進むのがよろしいかと(・▽・)ノ


切貼り手本 原稿

同じ字で異なる字形の手本も、いくつか載せさせてもらいました。
すべて練習しておくと後々、役立つと思います。


 
07月26日(火)

小筆 かなと実用書(二)

何とか〆切間際に清書を仕上げて投函はしたけれど、
今回は忙しくて練習時間が足りなかった。まずい!(; ・`д・´)
かな単体の練習から、じっくりやり直したいな。
来月あたりからちょっと考えなくては。。。

2016年7月号 かな課題清書


この書道誌は実用書の手本も非常に美しくて気に入っている。
しっかり練習して書き込まなくては…。

2016年7月号 実用書課題 清書


狩田巻山先生はペン習字の一環として、
古典の臨書を勧めておられるので、
同じ書道誌の硬筆部門にも提出することに。
【集字聖教序】硬筆臨書(二)

2016年 7月号課題

集字聖教序は王羲之の字をあちこちから寄せ集めたものだそうです。
そのため「字粒がバラバラで全体の統一感に欠ける」
との見方もあるようです。
字形を学ぶだけなら特に問題はないと思われますが、
臨書の際に、ある程度、字の大きさが揃うように配慮しました。
次回はもう少し細い線で勢いのある書き方をしてみようかな。



【追補】 8月8日(月)
9月号が届きました。『小筆・実用書の部』は前回が新規参入、
二度目の提出となる今回はありがたいことに写真版で昇級し、
「今月の注目作品評」のコーナーで褒めて頂きました。
うれしいな。次回も頑張らなくては(⌒-⌒)

 
07月20日(水)

千字文大会の〆切まぎわにジタバタする

このところ、ちと忙しない日々を過ごしておりました。
その発端はと言うと…、先月のこと、
わたしが購読している書道誌の関連で、
『千字文大会』全国公募の知らせが届いてからです。

募集のお知らせ

『テーマ:書き文字の原点”千字文を学ぶ”』
要項をザッと読んでみると、作品は毛筆または硬筆で、
(小学生・中学生・高校生・一般部門がある)
開催は年に一度、応募総数は毎年、一万点なのだとか。
うへっ…。かなり大きな公募展だよ(*・゛・) ウンウン。。。

主催は日本書道教育学会と日本書道藝術専門学校です。
千字文大会の存在は数年前から知ってはいたのですが、
出品するような力量もないし敬遠しておりました。

それから数年が経過。コツコツと腕を磨いてきたことだし、
ペン習字の一環として、
「わたしもそろそろ初参加させてもらってもいいかな」と、
先月の半ば頃にそう思い立ちました。何ごともオベンキョーなので。

硬筆の規定課題は、千字文の中から指定された88字を、
つけペンや万年筆、ボールペンなどを使って臨書することになります。

しかし練習時間を十分に確保できるのだろうか?
それが気掛かりでしたね。
パイロットペン習字の〆切が10日で、千字文大会の〆切が15日、
書道誌の〆切が20日、そのあとさらに別の書道誌が1冊…。うーむ。

そして全部の清書を投函してすぐに、翌月〆切の、
パイロットの課題を練習開始ということになる。。。

忙しなッ!(汗)

それに、手本をどうするかって問題も。
毛筆で書かれた千字文を硬筆で臨書するとなると、
いわゆる骨書きを用意しなくてはならない。

そこで頭に浮かぶのは、日ペンの創設者である井上千穂先生による、
『三體千字文』で、これはありがたいことに、
ペン字の手本まで載っているのです(・▽・)ノ

井上千圃千字文

井上千圃千字文ペン字

ペン字の練習にも役立つ優れた教材と言えます。
だけれども、
この千字文大会は日本書道教育学会の主催ということもあって、
ここは同会の創設者である石橋犀水先生にも敬意を表したい。
で、今回は犀水千字文を骨書きした手本を、
自分で作ることにした(*・゛・) ウンウン。。。

【石橋犀水 行書千字文】より
石橋犀水行書千字文

って…、言うのは簡単だけどやってみたら大変な作業だよこれ(;゜▽゜)
しかも指定された88字をB4用紙に体裁よく収まるように、
枠も作らなくては…。
【練習用紙も自作】
B4枠

練習以前の下準備に大わらわ!
こんなことしてて間に合うのか~!?
とにかく時間の許す限り練習を重ねることに。

練習

ところで、C系統の狩田巻山先生は著書の中で、
ペン習字についてこんなことを述べておられます。

「低所に止まっていてはいけない」
「書の古典を学ぶこと」
「高度のものも表現できるはず」

そうか。ただ書けばいいってもんじゃないんだな。
芸術的効果を高めなくては…。
それでこれまでの千字文大会を振り返って、
先輩たちの優秀作品から様式美についても学びました。

さてさて、どうにか清書を済ませたものの、
全体的に書き込み不足なのは否めないし、字形にしても、
書き直したいのがいくつもあった…(+_+) くうっ

2016年 犀水千字文清書 前半

でも時間切れでどうにもならず、
書き直すだけのエネルギーも残ってなかった。(汗)
そんなわけで締め切りギリギリに速達で出すことに。

2016年 犀水千字文清書 後半

2016年 犀水千字文行書 清書

練習時間のしわ寄せは先月から続いていて、
7月に入り、パイロットの清書も速達で出す羽目に…(; ̄З ̄) ぶつぶつ…

そのあとどうにか千字文の方も仕上がったし、良かった…と一息つくヒマもなく、
わずか5日後には書道誌(和歌・実用書・古典ペン臨書)の〆切が…(||| ̄∇) ゲッ!

どういう忙しさなのだ~?o(`□´)o

ヾ(-_-;) 。o0○(そもそも時間がないのに1ヶ月やそこらでは準備不足)

けっきょく、ここ2週間ほど、ブログ更新もツイッターも、
休止することに(: ̄ ・ ̄)=3  

ヾ(-_-;) 。o0○(そりゃ、当たり前だのクラッカー♪)

でも頑張ったおかげで無事に完了!へへっ( ̄▽+ ̄)

ヾ(-_-;) 。o0○(その達成感に満ち足りた的な「歯の輝き顔文字」やめい!)

♪オワタ・オワタ・オワター\(^o^)/

♪オワタ・オワタ・オワター\(^o^)/

♪オワタ・オーワー・ター\(^o^)/(←武田薬品の歌の節で)

「そんな歌、知らないもん」
て言う良い子は一度、聴いてみてネ(・▽・)ノ こちら

ヾ(-_-;) 。o0○(いつの時代のCMだよ)

なぜか古いCM曲でも口ずさめる、若き青年…か(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(だれが?)


それはそうと、
最後に控えていた書道誌の清書もこれまた速達で送ったったぁ(・o・)ノ
(こちらも近々、記事に載せる予定です)

ヾ(-_-;) 。o0○(ま、次回からはもっと余裕のある予定を組むべし)

でもって、秋になると、
筆ペン教室関連の作品展がいくつかある(*・゛・) うぅ…

ヾ(-_-;) 。o0○(のんびりしていられないナ)

ま、それはそれでいっか(⌒▽⌒)ははは

ヾ(-_-;) 。o0○(大丈夫か)

なんか疲れたわ…(*・゛・) ウンウン。。。

でもまあそんなわけでして、
お休み中だったブログもツイッターも、
またボチボチ再開しますのでよろしくです(・▽・)ノ



【追補】 10月11日
応募締切が7月でしたが、
審査を経て、この時期(10月)になってから、
賞状の発送が始まったようです。(遅っ)

ありがたい事に優秀賞を頂きました(⌒-⌒)
今後の励みになります。

賞状

ちなみに応募総数は9,900点あまり、
そのうち硬筆部門は2,300点ほどだったようです。
来年度も出来ればまたチャレンジしてみたいと思います。




 
07月20日(水)

パイロットペン習字 第411回 級位課題行書と添削課題203-Cの練習

ブログ更新がかなり遅れてしまいましたが、
いちおう載せておきますね。

【級位課題の練習】
級位課題の練習 行書

【添削課題の練習】
タテ列、ヨコ列をチェックすると、中心位置がおかしな字を発見できます。
添削課題203の練習

【「道」が気に入らなくてたくさん書いた】(;^_^)
添削課題203の練習 道

【清書】
こんくらいでいいにしました。
清書


次回からもうちょい、「ぷっくり系」で書いてみようかなと思ってみたり…。

いや、デブ字より細めがいいかな(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(どうしたいのダ)

どっちにせよ、手本に倣いつつ、手本から少し離れるかもです(・▽・)ノ




【追補】
添削課題203-Cが採点されて戻って来ました。
点数は前回から2点UPの87点でした。

今回の清書は綺麗に仕上げるというより迫力を出すために、
EFの代わりにFを使い、筆圧強めでグリグリ行ったのが、
評価されたのではなかろうかと思います。(たぶん)(・▽・)ノ