プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

09月29日(木)

パイロットペン習字 第414回 級位課題 切貼り手本

今月の級位課題文

今月の課題文には漢字、ひらがな、カタカナが混ざっています。
字粒のそろえ方の目安として──
漢字、ひらがな、カタカナの大きさを、
10:8:7くらいに書き分けると良い──とされています。
(わかくさ通信2014年5月号より)

なお、パイロットのテキスト『かな偏』に、
ひらがな、カタカナそれぞれ50音の手本が載っていますが、
便宜上、両者は同じ大きさに書かれていますので、
これらを混ぜて使うときは大小を書き分ける必要があります。

漢字 方眼あり 原稿 

『憐』の字は参考図書(楷行草の三体)に載っていませんので、
ほかの字から偏の「忄」を持って来て、
「隣」の字から旁部分を取り出して合成しましたが、
その際に「忄」の位置を少しずらして二種類の手本を作りました。
しかし、比べてみてどっちが良いかということではなく、
何度も練習していく過程を経て、どんなバランスが良いのか、
感覚的に掴んでいくしかありません。

自分では判断ができないということもあろうかと思いますが…、
そんなときは次号のわかくさで講師模範手本をじっくり観察してから、
手本を臨書してみると良いです。→(それまでの自分の感覚をリセットする)

課題文

こちらの切貼り手本も(例によって)
字粒や字配りは考慮してありません。
最終的には、わかくさ(次号)の講師模範手本を参照して、
自分の清書との誤差を徹底的に修正する練習を行うと、
力が付くと思います。


 
09月26日(月)

かな書道 実用書課題の清書(9月号)

現代作家の手本による、かな規定課題に魅せられて始めた競書ですが、
多忙のため手が回らず、
(昇段審査が年に一度だけということもあり)
今月も小筆による実用書課題のみ清書を提出しました。
時間がない時は諦めるしかありません。
10月に入れば少し暇になるはずなので、
かなと硬筆による古典臨書にも取り組むつもりです。

9月号 実用書課題の清書

(ちなみに「秌」は「秋」の異体字です。手本の中に三回も登場する秋の字は、
それぞれ変化した形に書かれているので勉強になります。)


 
09月26日(月)

パイロットペン習字 第413回 級位課題と添削課題205-Cの練習

今月の課題文

多忙のためブログ更新が遅れましたが、
練習の様子をいちおう載せておくことにします。

練習中

「みんな」は連綿にしない手もあるけど、
それじゃ練習にならないんでいくつか試してみた。

「あと」の「と」は、少し右寄りに書く方が自然に思えるけど、
中央に持ってきても悪くはないかな。

「けた」の連綿もありだけど、そうすると、
個人的に「け」の形が気持ち悪い。
やめといた。


【追補】
添削課題205-Cの清書が戻って来ました。
自慢ぽいけど採点は88点でこれまでの自己最高をマーク。
(しかしこれはC系統の採点基準が甘いわけではなく、
1年がかりでたったの2点しか上がらなかったりもします。)

添削課題205-C 講評と採点

講師の先生による今回の講評ですが、
(これもちょっと自慢ぽくなりますけど)
「抜群の安定感、安心して見られるお清書」
「字形、筆勢、字の大きさのバランスも素晴らしい」
と、あれこれ褒めすぎの感が…(汗)

そして、草書を勉強して書写検定の1級を受験するよう、
勧めて頂きました。嬉しいですけど、
わたしの場合は受験勉強をする前に、もっと腕を磨いておかないと。
なのでこの先も当分、受けません(・o・)ノ


 
09月24日(土)

新古今和歌集を臨書する

毎年、この時期になると、
わたしの通っている筆ペン教室の先生から、
市の文化祭への出品を勧められます(ほぼ強制です)。(汗)

今回は新古今和歌集から二首、
故熊谷恒子先生の手本を臨書します。
八切に書くことになっているので、
布置をどうするか、あれこれ検討しなくてはなりません。

(練習中)
練習中 熊谷恒子先生の書

小筆も線の太細の変化が大きくなってくると、
かなり難しくなりますね。そこへ来て、
まだ習っていない筆の動きがあったりして、悪戦苦闘!(+_+)

(練習中・部分)
部分

それでも数日間、特訓を重ねている内に用筆が少しずつ分かってきて、
どうにか書けるようになりました。(;^_^)

まだまだですが、昨年の出品作に比べると、穂先のバネが効いていて、
線質が少しは良くなって来ているように思います。


 
09月06日(火)

曼殊院本古今集を臨書する(ニ)

今回は昇段審査の課題。いつも以上にしっかり練習しなくては!(*・゛・)キッ

ヾ(-_-;) 。o0○(って、先月号はサボったし一字たりとも書いてない)

9月号課題の練習中

『むらさきの ひともと
ゆへに むさしのの
くさは さながら あは
れとぞ おもふ』

一行目、三字連綿のすぐあと六字連綿って何これ!?(;゜▽゜)

二行目に入って、またいきなり六字連綿が…。くうっ…

ペン習字だったらこんな連綿ありえねーo(`□´)o

それにしてもこの線の細さとビミョーな墨の掠れ具合といったら…うぬぅ(; ・`д・´)

ヾ(-_-;) 。o0○(正確に臨書)

無理(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(しかも線の太細に気を配りつつ字形を追いかけると共に、)

ヾ(-_-;) 。o0○(字粒の変化、行の傾きおよび行間の空き具合まで再現、)

ヾ(-_-;) 。o0○(これらすべてを網羅したうえ同時進行で正確にぶっつけ一発書き…)

無理(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(ささ、書かれよ)

うぅ…(*・゛・)

ヾ(-_-;) 。o0○(さーさー)

うぅ…(*・゛・)

ヾ(-_-;) 。o0○(さーさーさーさー)

うぅ…(*・゛・)

しきりに稽古いたすも上手く書けぬゆえ全く話にもなりもうさぬと存ずべく候(*・゛・)(直江状ふう)

ヾ(-_-;) 。o0○(練習あるのみ)

とりあえずがんばる(((o(*゚▽゚*)o)))



【後日談】 9月6日
そして…、
おやかた様は本気になられた(*・゛・)キッ(直江兼続ふう)

先日、どうにか投函しました(・▽・)ノ



【追補】 10月
11月号、到着。昇段してました。(・▽・)ノ