プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
11月23日(水)

粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(六)

p16 春 原本の前半

ペンで臨書をするには、やや太めの線なので、
こうした線質はハガキの宛名書きなどにも応用できそうです。
(そしてハガキを裏返すと細字の万年筆を使って、
本文がビッシリ書き込んである──という対比の仕方もいいかな)

p16 春

さて、次回の臨書から、いよいよ仮名が登場します。

 
11月20日(日)

曼殊院本古今集を臨書する(四)

【11月号 かな半紙課題】
11月の課題 曼殊院古今本(四)

読みと大意

このあいだ『平安 かなの美』という書籍を手に入れました。
料紙に書かれた様々な古筆がカラーで紹介されていて実に美しいです。

一方、競書誌に載っている古筆の課題はモノクロ印刷されていて、
いつもそれを使って臨書をしているわけですが、
やはり原本に比べると当然ながら見た目の印象も、
得られる情報量も違いますね。

曼殊院古今集の課題は今後も当分の間は続いていく筈なので、
このあたりで、原本をカラー印刷した手本を、
用意しようかと考えています。


【練習】
11月の課題を臨書

こうして見直してみると、全体的に墨がやや濃すぎたようです。
渇筆表現を意識しすぎて、そのことに気を取られてしまい、
そこまで気が回らなかったです。(汗)
(次からは、墨を擦る過程でもう少し慎重に濃淡を調整してみます)

【実用書課題の清書】
11月号 実用書課題 清書

今月は初めて実用書課題にも取り組んでみました。
もう少し書き込んでから清書をしたかったのですが…(: ̄ ・ ̄)=3  
(手本は佐藤友理先生です)



【追補】 12月7日
11月号 かな半紙の競書成績は、
天に入った五十数名中、4位にて写真版でした\(^o^)/
(月例課題のため昇段はありません)

実用書(氏名書き)は初出品でしたが、
こちらは段級位によるランク分けではなく、
「写真版・雪・月・花」の4つに分かれており、
「雪」に入っていました。でも段級位がないとなると、
この先、ちょっとずつ上がっていく楽しみがないナ(*・゛・) 

実用書の課題は次回からはたぶん出さないことに…(・o・)ノ