2016 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 01
『平安古筆の名品』 五島美術館
- 2016/12/23(Fri) -
12月上旬に五島美術館まで足を運んで、
『平安古筆の名品』を観て来ました。
遅ればせながら今日は画像をうpしながら、
感想を書いてみます。
 
五島美術館は、東京都世田谷区上野毛の閑静な住宅街の中にある、
私立(財団法人)の美術館です。

国宝「源氏物語絵巻」をはじめとする数々の名品を所蔵する美術館として、
展覧会を中心に幅広い活動を展開しています。(HPより)

《開催ポスター》
IMGP1553_RR.png

東急・大井町線「上野毛(かみのげ)駅」下車徒歩5分ほどで着きます。

IMGP1524_R.png

すでに12月に入っていましたが、まだまだ紅葉が美しい。
(以下、画像をクリックすると拡大します)

IMGP1525_R.png

美術館の近郊風景。

IMGP1520_R.png

この日は朝から曇天だったのですが、
夕方近くになって少し晴れ間が出て、
何枚か綺麗な写真が撮れました。

IMGP1521_R.png


IMGP1550_R.png

美術館は道路から少し奥まったところにあります。
和の雰囲気がなかなか良いです。

IMGP1528_R.png

展示室内は当然ながら撮影禁止となっています。
図録からブログへの作品転載も、
著作権の関係から控えておきますね。

展示作品は『継色紙』『寸松庵色紙』『関戸本古今集』『高野切』などなど、
名品が100点あまり。感動しました。
(一目見たとたん鳥肌が立った作品もあった。)
どれも素晴らしく、千年も昔に書かれた作品とはとても思えなかったです。

展示室は、光によって作品が劣化するのを極力、抑えるために、
淡い間接照明を用い、さらに光量を落として薄暗くしてあります。
(前に観に行った国立西洋美術館で開催された、
《イタリア・ルネサンス素描展》も同様でした。)
(ショーケース内部には温度計と湿度計が置かれ、
空調は一定の状態に保たれています。)

薄暗い室内の中、作品だけが柔らかな光に包まれ、色調もありのまま、
とても自然に見えました。
(図録は良く出来ていますが、印刷物となると印象が異なりますね。)

砂子を撒いた料紙は、見る角度によっては、
キラキラと輝くため(美しいけれども)
その上に書かれた文字が反射で見にくくなる事も。

(色や柄が強い料紙に書かれる場合は、
文字の方が負けずに際立つよう、
書き方を工夫したようです。)

裏打ちされた作品は皺一つなく平坦で、
見方によっては図柄の入った陶器製の板上に、
書かれているようでもあり、
そうした表装が美しさに磨きをかけていました。

さて、展示室内をグルグルと何周も集中して観て回ったので、
しまいに疲れてしまいました。(: ̄ ・ ̄)=3  
土産に図録と一筆箋、文鎮、来年度のカレンダーほかを買い、
ロビーの椅子に腰掛けて、しばしボーゼンとしつつ休憩。

すると帰り際に女性館員の方が、庭園の散策を勧めてくれました。
うんうん、気分転換にそれもいいなぁ。

だけど出来ればこのおねえさん、
わたしと一緒に手をつないで歩いてくれれば良かったのに(`ε´)チェー

ヾ(-_-;) 。o0○(そんなことするか)

陽が傾いてきて、庭園も柔らかな日差しとなっていました。

IMGP1531_R.png

IMGP1530_R.png

IMGP1532_R.png

IMGP1533_R.png

IMGP1538_R.png

IMGP1540_R.png

IMGP1545_R.png

庭園内には石段が。静かで、趣があって良いですね。

IMGP1544_R.png

IMGP1546_R.png

夕陽に照らされる足元の落葉にも気持ちが和みます。

IMGP1549_R.png

とても素敵な一日を過ごすことが出来ました。(⌒-⌒)



この記事のURL | ■未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(七)
- 2016/12/20(Tue) -
和漢朗詠集もいよいよ、かな初登場となります。
かなの字形や連綿について多くを学ぶことが出来ますが、
ペン習字の現代文には使われない要素も含まれますので、
その点は気を付けています。

p16~p17 かな初登場 原本

p16~p17 かな部分 原本


在原元方(ありわらのもとかた)

年のうちに春は来にけりひととせを去年(こぞ)とや言はむ今年と言はむ

年のうちに春は来てしまったよ。
(まだ新年が来ていないというのに)
この一年を昨年と言おうか、それとも今年と言おうか。

原本は経年劣化や虫喰いなどにより、
文字の一部が消滅して見にくくなっていることがあります。
その場合、どう対処するかですが、
同じ字が何度も登場しますので、他ページを調べてみて、
完全な形で書かれている字形を見つけてきて、
それを参照しながら臨書の際に修復し、自然な形に再現します。

傷みが酷くてどう書かれていたのか判読しにくい時は、
いじらずにそのままの状態にしておくしかありません。

さて、臨書を終えて見直してみると…、
「度」「解」の二文字が左にずれてしまいました。

ヾ(-_-;) 。o0○(どこを見て書いているのやら)

p16~p17 かな初登場

古筆をペンで臨書する場合は当然ながら表現に限界があり、
とりわけ和漢朗詠集は漢字仮名交じり文ですので、
漢字部分とかな部分の線の違いをどう表すかという問題も出てきます。

一種類のペンだけを使って、漢字もかなも殆ど同じ線質で書く方法もあれば、
太さの異なるペン先を使い分けて、漢字とかなに変化を付けることで、
多少なりとも原本のニュアンスに近づけようとする試みもあろうかと思います。
(自分は後者ですがまだ試行錯誤中)

p16~p17 かな初登場 ペン先あれこれ

いずれにしてもペンによる古筆の臨書では、
どのようなエッセンスを汲み取ってペン字に生かしていくかが大事なわけで、
どんな方法を用いて書くかは人それぞれ考え方によります。

さて、話は変わりますが、
今回は原本の文字の一部が消えている部分を、
自分で補って臨書をすることにしたものの、
清書が終わってから見直したところ、
なんと誤って画数が一画、
不足している字が見つかりました。(汗)

なので上の清書画像には一つ、誤字が含まれています。

どこがとは言いません(・o・)ノ

あー、ミスってる箇所を探さないようにね(・▽・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(てか、一目でバレてる)




この記事のURL | ■臨書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
曼殊院本古今集を臨書する(五)
- 2016/12/20(Tue) -
今月は昇段審査の課題です。

12月号の課題 曼殊院本古今集より 志らゆきの

さて、歌の内容は…、

(o・_・o)ん?

ダジャレ?(;゜▽゜)

12月号課題 読みと大意

臨書は半紙に書いて提出することになっているけど、
原本は料紙に書かれていて、墨の吸収具合、墨の乗り具合、
筆の滑り具合も普通の半紙とは、きっと異なるんだろな。

それぞれの古筆に合わせた料紙も販売されているので、
いつか使ってみたい。
でも高くて買えん!o(`□´)o

練習用の料紙なら割と安価で手に入るし、
淡い色に染めてあったり金銀砂子だったりで、
見た目は原本に似せてあるものの、書き味はたぶん、
普通の半紙と同じなんじゃないかな?)

12月号の課題 曼殊院本古今集より 志らゆきの 臨書

筆の穂先を拭って墨量を調整するだけでは、
墨の濃淡を正確に再現するのは難しい。
ほかの方法をいくつか試してみることにしよう…。


【追補】 12月29日
おととい最新号が届いた。
幸いなことに昇段していたよ(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ 



この記事のURL | ■臨書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
劇場版 『神の舌を持つ男』 を観てきました
- 2016/12/17(Sat) -
神の舌を持つ男

この作品は言わばコミカルミステリー、
まさに、このオバカブログ向けの内容と言えるでしょう。(;^_^)
(監督は『トリック』や『20世紀少年』の堤幸彦さん)

【冒頭】
どこかの山道を一人の青年(向井理)がフラフラと歩いてくると、
やがてばったりと倒れてしまいます。

「うぅ…」神の舌を持つ男 向井理


そこを通りかかったのは、近くの山村に住む老人たち。
倒れている青年を見つけると彼の体を担ぎ上げ、
掛け声とともに一歩ずつ、ゆっくり歩き出します。

♪うんこらどっこいしょ

♪うんこらどっこいしょ

と、そのとき老人の一人が後ろを振り返って、
「あれは何だ?」と叫んだため、全員が立ち止まり、
掛け声も中断するのであった。

♪う○こ…


(観客の反応)→ (*・゛・) 。。。

と…、ところで共演のお一人に、
木村文乃さんが出ています(;⌒▽⌒)
彼女は天然娘の役で、

「天はニモノを与えた~!」神の舌を持つ男 文乃


などと笑顔で叫んだりしますが、
佐藤二朗さんがすかさず真顔でツッコミます。

「ニブツだ…。母の味か…?」神の舌を持つ男 佐藤二朗


その後も次々に小ネタギャグが繰り出され、
わたしもそのつど覚えておこうとしたものの、
冒頭のギャグの一撃で脳をやられてしまい、
映画が終わる頃にはすべて忘れていました(;^_^)

ヾ(-_-;) 。o0○(で、物語は?)

山奥の秘湯を舞台に繰り広げられる、
妊婦をめぐる忌まわしい呪い伝説、

輪になってカゴメカゴメを歌う不気味な老婆軍団、

深夜、山間の空に現れる謎の発光現象、

黒い湧水と、悪魔的な子殺しの湯、

なぜかボヘミア~ン♪と叫ぶ温泉宿の女将、

そして地下水脈の利権争いなのか、
ついに殺人事件が起こるという、
ミステリアスな展開!(;゜▽゜) 

もう何が何だかわかりません(;^_^)

最後には特殊能力『神の舌を持つ男』が、
いろんなものを舐めては、その成分を瞬時に分析することで、
すべての謎を解くのでありました。

しかし、この作品の評価は今ひとつのようです(;^_^)

そもそもこの主人公の青年、
特殊能力の「絶対舌感」を持つが故に、
「誰であれ女子とキスしようものなら、すぐ嘔吐してしまう」
という設定なのです。
(相手の口内細菌と口臭が原因なのだとか)

うーん。これはムカつくでしょうねぇ。
全国の女子から総スカン(死語?)をくらったのでは、
観客数も伸びにくいかな。。。

それでも、久々にこういうおバカな作品を観られて、
わたし個人としては楽しめました(;^_^)
レトロなギャグ満載の堤ワールドがお好きな方は、
ぜひ劇場まで(⌒▽⌒)


この記事のURL | ■テレビとか映画とか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 第416回 級位課題と添削課題 208-C
- 2016/12/12(Mon) -
級位課題フォント

秋の味覚、栗と茸。
炊き込みご飯にすると美味しいですよね(⌒▽⌒)

「茸」は人名漢字の一つですが、
手持ちの参考図書(常用漢字の三体)には載っていなかったので、
「艹」と「耳」を合成して手本を作ることに。

まずは課題文を楷書で書いてみました。
「郷」は画数が多いので、
下の画像よりもう少し大きく書いた方が良さそう。

「で」は少し右肩上がりになりすぎてしまった。
(濁点があるので強調されるし)

級位課題の練習 楷書


次は行書です。
こちらも「郷」をもう少し大きくした方が良さそう。
2行目の連綿は、つなぐとしたら、「し」「ん」の部分かと思いますが、
つないだ形が好きじゃない…。(`ε´)
かなの「しんだ」は少し大きすぎたみたいだナ。

級位課題の練習


次は添削課題208-Cの練習。
中級課題に取り組むのは2度目になります。
3年前(1周目の時)に個々の字を繰り返し何度も練習したので、
毎月、清書を入れた封筒の宛名を書く時に役立っています。

添削課題 208-C の練習

ザッと課題文の全体を書き取ってみましたが、
1行目の数字の6とか、3行目の「務」「御」が、
右にズレてしまいました。
起筆位置がいかに大事かってことで、
そこを誤ると後はもう…(汗)
各字共に、書き始める時は、
紙面のどの位置にペン先を置くか、
常に意識していた方が良いですね。


【追補】
 12月20日
添削課題の清書が採点されて返って来ました。
3ヶ月ぶりに88点をいただきました。
でっかい四重丸と小丸が10個以上も付いてます(;^_^)
(ちと恥ずかしい)

今回は行書によるハガキの宛名書き課題でした。
それで講師の先生にちょっと質問させてもらったのですが──
それは、行書のほかにカタカナが含まれる場合、
カタカナの形を少し柔らかめに書くことで、
全体を調和させた方が良いかどうかという事です。

すると、カタカナはあまり崩しすぎない方が良いでしょうとの、
回答をいただきました。参考になります。

行書にも崩し方(の度合い)がいくつかありますので、
楷書に近い行書体で書けば、
カタカナに合わせやすいと思います。

その点についてパイロット以外のほかの流派を調べてみますと、
「カタカナについてはカッチリと楷書ふうに書かないとダメ」
とするケースが見受けられる一方で、
カタカナをかなり行書っぽく崩して書くケースもありました。

厳密な決まりを設けている流派もあるようですが、
自分で手紙を書いたりするときは、
そう気にすることもなさそうです。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 中級 2016年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ