曼殊院本古今集を臨書する(六)
- 2017/02/18(Sat) -
《今月の課題》
かしはぎの もりのわたりをうちすぎて

課題を観察しますと墨の濃淡が様々に変化しています。
磨った墨の濃度や筆の穂先に含ませた墨量を調整しながら、
臨書をするわけですが、課題に合わせて書くのは非常に難しい~。

てか、無理(・o・)ノ

《読みと大意》
読みと大意:かしはぎの もりのわたりをうちすぎて

《清書》
清書

古筆は色とりどりの料紙に書かれていますが、
この書道誌では、かな半紙に臨書をする事になっています。

かな半紙は厚みや滲み具合の違いによって種類が分かれており、
わたしが使っているのは滲みが少なくてかなり薄いタイプなので、
黒い下敷き(フェルト)の黒色がけっこう透けて見えます。

書き終えたあと半紙を白い紙の上に置き直してみると、
下地の白に影響されて先程よりも墨色が淡く見えます。
(もう少し濃い目の墨で書けば良かった…)(汗)

下敷きの影響

下敷きの明度をある程度、考慮しておかないとマズイようです。
次回からは白か緑色の下敷きに変えてみようかな。


この記事のURL | ■小筆 かな書道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 1月号 清書 H29 
- 2017/02/11(Sat) -
昨年度の反省から練習時間の不足を補うため、
購読している、かな書道の競書誌のうち1冊を休んでいます。
(実際は止めたくないので春に更新してしまいそう)(汗)

さて、ペンの光です。今月は規定部のほかに、
かな部と漢字部の課題にも取り組んでみました。
規定部の方はこんな仕上がりです。

規定部 清書

それにしても、日ペンの「の」の字形は、
どうしてわざわざこんなに複雑な形にしてあるのかと、
いつも思います。非常に書きにくい。(汗)


次に、かな部ですが、小さめに書いて余白を広く残す布置が好きなので、
まずは字粒をちょっと小ぶりにしてみました。

かな部課題 練習

余白をどう残すかは考え方や好みにもよると思いますが、
これだと見方によっては、ちと貧弱かも。
もう少し紙面を広く使う事にします。

「か」は好きな形だけど、このままだとあまりに普通すぎるかな。
「地」の形は綺麗じゃないな。どうも気に入らない。(`ε´)

「耳」はもっと大胆に長~くしたいけど、
1行目の「し」も長いので、並ぶと、くどくなるかもしれない。

もう少しメリハリも付けたいが、そうなると、
字粒も変えなくては…。ううむ…。どうするのが一番いいか。。。
まずはデフォルメ、一からやり直し(`ε´)
あれこれ悩みつつ、全体的にいじってみました。

かな部 清書
(雅印は「悠」です)

けっきょく当初の予定よりも大き目の字粒でまとまってしまった。
(もう少し小さめにしたいという気持ちも引きずっているけど)

わたしの練習方法は布置や変体仮名の選択などを変えながら、
何通りも書いてみて、しばらく寝かせたあとで、
パッと見た時に気になるところを修正、全体的に、
自然に見えてくるまでこれを何度も何度も繰り返すようにしています。
行き詰まってどうにも進まなくなったり、あるいは逆に、
完成したように思える段階が来たらそれが自分の限界。

(かな単体の練習から始めて古筆の臨書や目習いへと進んで来ましたが、
まだ自分の中に基準のようなものが出来ておらず暗中模索の状態です。)

構成だけでも無数の組み合わせがあり、
正解の形が一つに決まっているわけではないので、
年月をかけて勉強しながら、自分の審美眼を磨いていくしかありません。


次に漢字部。楷行草の三体で熟語を書く課題です。
一目で字体の違いを比較出来るので分かりやすい。

漢字部 清書

ただ、漢字のみ30字もあって、これらをすべて、
テキスト無しで綺麗に書けるようになるには、
当然ながらそれなりの練習量が必要になるので、
規定部やかな部に加えてこの漢字部の課題まで毎月こなしていくのは、
時間的に厳しい気がします。

今年は何より練習の密度を高めることを念頭に置いて、
出来る範囲の事のみ、テッテーテキに行いたい。


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ