プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

03月20日(月)

サパーリ要領を得ない人

4月のパイロットの級位課題は、
「町会の役員を頼まれたので、忙しくなりそうだ。」
ですが、さきほどこんなことがありました。
町内の組長さん(70代のばあちゃん)が何やら町内の仕事を頼みに、
我が家にやって来たのですが、これがサパーリ要領を得ないのです。

組長さん「来月の1日と2日、土日なんですけど」
わたし「はい」
組長さん「そこの神社でお祭りがありますの」
わたし「はい」
組長さん「それで女手が要るってことで」
わたし「はい」
組長さん「うちの組の誰それさんに甘酒を作りに行ってもらうことにしまして」
わたし「はい(要件は何?)」
組長さん「それで男手もほしいと」
わたし「はい」
組長さん「無理でしたらほかの方に頼みますけど」
わたし「はい(ですから要件は何でしょう?)」
組長さん「手伝いに行ってもらえますか?」
わたし「わたしですか?いいですよ。どんなことをするのですか?」
組長さん「やぐらを組んだりするそうですよ」
わたし「そうですか。いつ行けばいいのですか?」
組長さん「祭りは4月1日と2日です。朝8時半からです」
わたし「祭りの当日にやぐらを組むってことはないのでは?」
組長さん「あら?」
わたし「(いや、「あら?」じゃなくて)前日の3月31日に行くのですか?」
組長さん「わたし、知りませんの」
わたし「(知らなくてどうやって人に頼むのよ~?)聞いてきて頂けますか?」
組長さん「じゃあ主催者の人に聞いてきます」
わたし「それと、やぐらを解体するときも手伝うのですか?」
組長さん「あら?」
わたし「(「あら?」じゃなくて)祭りのあとにも男手が要るのでは?」
組長さん「そのことも聞いてきます」

そのあと1時間くらいして、その組長さんから電話が。
組長さん「主催者の人に聞いてきました」
わたし「お疲れさまです」
組長さん「いつ手伝いに来てくれるのかって言ってました」
わたし「はあ?(それはこちらが聞いているのだけど)」
組長さん「土曜日の午前中なのか午後なのか、それとも土日の2日間…」
わたし「ちょ…」
組長さん「2日間、朝から晩まで来てもらえるとありがたいと…」
わたし「(冗談やめてよ)だって力仕事ですよね?」
組長さん「ええ。重いものを運んだりするみたいです」
わたし「(やなこった)2日連続は無理ですね」
組長さん「できる範囲で良いそうです」
わたし「では土曜日の…あれ?」
組長さん「はい?」
わたし「やぐらを祭りの当日に組むのですか?」
組長さん「わたし、くわしいこと知らないんですの」
わたし「…(だからそれを聞いて来てって、さっき頼んだのですよ)…」(汗)
組長さん「月末に役割分担を決めるそうです」
わたし「そうですか(こうなると、もう何をやらされるか分からないな)」(汗)
組長さん「手伝ってもらえますか?」
わたし「いいですよ。でも力仕事だと2時間くらいが限度かな」
組長さん「朝、8時半からお祭りです」
わたし「(それは聞きました)では10時からお昼くらいでもいいでしょうか?」
組長さん「ちょっとでも来てもらえると助かります」
わたし「はい。行きますよ」
組長さん「では8時半にお待ちしてます」
わたし「ちょ…(誰も朝イチから行くなんて言ってない)」
組長さん「では詳しいことはいずれまた」プツッ。。。

このひと、人の話を聞いているのだろうか?(+_+)

疲れるわ~。ガクッ…_| ̄|○

わたしはもう諦めの境地です(・o・)ノ

(今回は画像はないものの「オバカ画像たち」のカテに入れさせてもらいました。)


 
03月17日(金)

パイロットペン習字 第420回 級位課題 C系統 切貼り手本

3月の級位課題 町会の役員を頼まれたので、忙しくなりそうだ。

来週早々、書道誌Bの〆切なのですが、とても間に合わないので、
今回は清書の提出を見合わせることにしました。(`ε´)
今年は無理をしないつもりでいます(・o・)ノ
(って、すでに何度も速達で送っていますが…)(汗)

ヾ(-_-;) 。o0○(去年から何も変わっていない)

そういう事で、ちょっと時間が空きましたので、
今夜はパイロット級位課題の切貼り手本を作ってみました。
(『常用漢字の三体』狩田巻山著 および『パイロットテキストかな偏』から集字)

考えてみると手本をブログに載せるのも久しぶりです。
(それだけ追いまくられていたってことだわ。。。)(汗)


原稿


例によって字粒や字配りは考慮してありません。
手本は参考程度に留め、練習しながら、
微調整していきたいと思います。



 
03月12日(日)

古典部(一)曼殊院本古今集の臨書

書道誌はAとBの二誌を購読しています。
Bの方は練習時間の都合からここ数ヶ月は休んでいて、
ホントはこのまま止めて、春からは一誌に絞るつもりだったのですが、
思い直して書道誌Bも継続することにしました(更新してもうた~)(;^_^)

書道誌Bでは古典の臨書手本は自由選択となっています。
少し時間が空いたので、今回初めて参加してみることにしました。
選んだのは曼殊院本古今集です。
(これは別の書道誌Aの課題でもあり、ここ数ヶ月間、
ずっと取り組んでいます。)

曼殊院本古今集 原本 899 かゝみやま いざたちよりて  

読み

【超訳】
・鏡山に立ち寄って見て行くとすっか
     年が経った我が身が老いたかどうかをな

・すっかり年をとっちまって避けようのない別れがあるんで
     ますます貴方に逢いたく思うわけよ

・世に避けられない別れなんぞなきゃいいに
     千年でも生きて欲しいと嘆く子のためにな

曼殊院本古今集899 かゝみやま いざたちよりて  

書道誌Aの古筆臨書では課題が指定されていて、
書くのは一首のみです。
書道誌Bでは課題の指定はないものの、
これまでに写真版になった人たちの優秀作品を拝見すると、
臨書の分量が書道誌Aの三倍もある…。(; ・`д・´)うぅ

2017年2月20日〆切 かな古典部 臨書 曼殊院本古今集より899 かゝみやま いさ たちよりて

一度に三首となると、ほかの課題との兼ね合いもあるし、
毎月こなしていくのはやはり時間的に、ちょっとしんどいかな。(汗)

昨年のような忙しさはもうゴメンなので、隔月とか数ヶ月に一度とか、
しっかり練習が出来た時だけ出すとしよう(: ̄ ・ ̄)=3  


【追補】
書道誌Bについては上記のような心づもりで先月、清書を投函しました。
古典部への参加は初めてでしたが、昨日、最新号が届きまして、
よく見たら書道誌Aよりも上の段位に編入されてた~!(;゜▽゜)ひゃー!




 
03月10日(金)

パイロットペン習字 No.418 級位課題と添削課題 211-C

今月の級位課題文

来週と再来週にそれぞれ書道誌の〆切が迫っているので、
こちらは急いで仕上げました。

級位課題 の清書

連綿ですが「には」「れず」の連綿は、つなぎの線が長いので、
こうして二つが並ぶと見た目がちょっとうるさくなったかも。
となると1行目は「する」をつないで、
「には」の方は止めといた方が良かったかな(*・゛・) 

だけど「す」からつなげる連綿て嫌いなんだよな~(*・゛・) ウンウン。。。
これまでもたしか書いたことがないんだよね。
でも今回は、つないでも良かった気もする(*・゛・) 
あー、しまったな。そうすれば良かったな(`ε´)

(o・_・o)ん?
いや待て、1行目の「する」をつなぐと、
2行目の「など」の連綿と並行するじゃないか(*・゛・) 
それはそれでこれまたうるさいんじゃないの?(*・゛・) 
やっぱりそれは避けといて正解だったか~(*・゛・) ウンウン。。。
だよね~(⌒▽⌒)ははは

(o・_・o)ん?
てか、むしろ2行目は「など」だけを連綿にして、
「れず」は、つなげないでおいた方が、
全体としてはスッキリしたかもしれない。
考えてみればそうだよそうだよ(*・゛・) ウンウン。。。
あー、しまったな。そうすれば良かったな(`ε´)

ヾ(-_-;) 。o0○(何を今さらゴチャゴチャと…)

ま、来月からまた頑張れば良…(⌒▽⌒)
(o・_・o)ん?
それはそうと、いま気づいたんだけど…、
「れず」ってカタカナで書くと「レズ」だよね(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(だから何を言いたい?)

。。。(*・゛・) 

添削課題211-C の清書

添削課題の方は2周目なので、前回よりは気分的に楽です。
2行目の行書は、1行目の楷書と、位置や字粒が、
揃うように気を配って書きました。
さあて、今季も残す所、あと僅か。がんばらなくては(⌒-⌒)



 
03月06日(月)

ペンの光 2月号 清書 H29 

先週、清書を投函しました。
でも訳アリで(またしても)速達です(後述)(・o・)ノ

2月号 規定部の課題です。
2月号規定部課題

練習中。

規定部の練習中


清書用紙に書いてみたものの、かなりバラツキがあります。
これではまだ清書は無理(・o・)ノ

規定部を練習



次は、かな部の課題です。

 春すぎて織る糸の白く果てなきを

2月号かな部の練習中

何度も布置を変更しながら練習を繰り返して、
ようやく清書が仕上がりました。
ところが最後に雅印を押したところ、
一部が、かすれてしまった!(汗)

雅印のかすれ

(: ̄ ・ ̄)=3  うぬぅ。。。

こんなときは慌てず焦らず、二度押しすればいいんだ(*・゛・) ウンウン。。。

印矩だって持っているんだからナ(*・゛・) ウンウン。。。
(※雅印を押す時に位置や角度を決める小道具)

うまく重ねれば今度はピシッと真四角に鮮明に押印される(*・゛・) ウンウン。。。

(#`-_ゝ-) ふ…(ちょっと安堵)

やってみっか(*・゛・) ウンウン。。。こちら (実は嫌な予感)


Σ( ̄◇ ̄|||) ハウァッ!!   

ヾ(-_-;) 。o0○(ズレ方、半端ない)

。。。( º言º)             

ヾ(-_-;) 。o0○(てことは)

ボツ?(; ・`д・´)         

ヾ(-_-;) 。o0○(当たり~)

ガクッ…_| ̄|○

今日はもうエネルギー残ってない。うぅ…(ToT)

ヾ(-_-;) 。o0○(では明日にでも気を取り直して…)

速達、決定ぢゃ~(ToT)