古典部(一)曼殊院本古今集の臨書
- 2017/03/12(Sun) -
書道誌はAとBの二誌を購読しています。
Bの方は練習時間の都合からここ数ヶ月は休んでいて、
ホントはこのまま止めて、春からは一誌に絞るつもりだったのですが、
思い直して書道誌Bも継続することにしました(更新してもうた~)(;^_^)

書道誌Bでは古典の臨書手本は自由選択となっています。
少し時間が空いたので、今回初めて参加してみることにしました。
選んだのは曼殊院本古今集です。
(これは別の書道誌Aの課題でもあり、ここ数ヶ月間、
ずっと取り組んでいます。)

曼殊院本古今集 原本 899 かゝみやま いざたちよりて  

読み

【超訳】
・鏡山に立ち寄って見て行くとすっか
     年が経った我が身が老いたかどうかをな

・すっかり年をとっちまって避けようのない別れがあるんで
     ますます貴方に逢いたく思うわけよ

・世に避けられない別れなんぞなきゃいいに
     千年でも生きて欲しいと嘆く子のためにな

曼殊院本古今集899 かゝみやま いざたちよりて  

書道誌Aの古筆臨書では課題が指定されていて、
書くのは一首のみです。
書道誌Bでは課題の指定はないものの、
これまでに写真版になった人たちの優秀作品を拝見すると、
臨書の分量が書道誌Aの三倍もある…。(; ・`д・´)うぅ

2017年2月20日〆切 かな古典部 臨書 曼殊院本古今集より899 かゝみやま いさ たちよりて

一度に三首となると、ほかの課題との兼ね合いもあるし、
毎月こなしていくのはやはり時間的に、ちょっとしんどいかな。(汗)

昨年のような忙しさはもうゴメンなので、隔月とか数ヶ月に一度とか、
しっかり練習が出来た時だけ出すとしよう(: ̄ ・ ̄)=3  


【追補】
書道誌Bについては上記のような心づもりで先月、清書を投函しました。
古典部への参加は初めてでしたが、昨日、最新号が届きまして、
よく見たら書道誌Aよりも上の段位に編入されてた~!(;゜▽゜)ひゃー!




この記事のURL | ■小筆 かな書道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |