ペンの光 前半期の成績を振り返る H29 
- 2017/06/29(Thu) -
わたしが『ペンの光』の購読を始めたのは、
昨年の10月からです。
これまで規定部と、かな部の競書に参加して来まして、
1月号の編入から、ちょうど半年が過ぎました。

これまでのまとめとして、2月号から7月号までの、
6ヶ月間の成績を振り返ってみたところ、
規定部では段級位に○印が付いた月が4回あり、3ヶ月連続して写真版、
かな部では○印が付いた月が3回、そのうち写真版が1度ありました。
漢字部には1回のみ出品しただけですがAランクに入れたようです。

ええんかいの?(;゜▽゜)

自分としてはちょっと評価が良すぎる気がしますけど…、
ともあれ先は長いのでこれからもマイペースでやって行きます(⌒-⌒)


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(九)
- 2017/06/26(Mon) -
原本
p17 原本


つけペンの種類を変え、筆圧も変えながら試行錯誤しています。

p17.png

小筆で書かれたものをペンで再現するとなると、
字形のほかに、線質をイミテイトするのか、それとも筆勢を優先するのか、
考え方によってアプローチの方法も異なって来るように思えます。
(何を目指して臨書をするのかってことなのでしょうね)

p17 清書

今回はこんな感じになりました。


この記事のURL | ペン習字そのほか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ