パイロットペン習字 No.424級位課題と添削課題 304-C カクノで清書
- 2017/08/31(Thu) -
級位課題文 清書 カクノ使用
【級位課題文 カクノ使用】

今回、級位課題と添削課題の清書に、
初めて『カクノEF』を使いました。(戴き物です)
同じEFの『ペン習字ペン』と書き比べてみますと、
線は『カクノEF』の方がわずかに太いです。

添削課題304-C清書 カクノEFを使用
【添削課題文・カクノ使用】

上は添削課題304-Cの清書です。手本よりも、やや太めの線になりました。
参考までに来月の添削課題305-Cの手本を見ますと…

添削課題305-Cの手本
【305-C 手本】

こちらもカクノEFよりも細い線のようですね。
ペン習字ペンEFやパイロットDPN200EFあたりを使えば、
この手本とほぼ同じ太さの線になると思います。
(筆圧やインクの種類にもよりますが)


さて、級位課題の清書ですけど、、、
「夏」縦画が歪んでるし「楽しむ」の「む」がデカイ~!

ヾ(-_-;) 。o0○(いつもながら書き直そうとしないのがコワイ)

まいっか(;^_^)

ヾ(-_-;) 。o0○(良くはない)

ふはははは( ̄∇ ̄)そのまま投函してもうた~。ヘヘッ♪

ヾ(-_-;) 。o0○(笑える神経がわからない)


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンの光 7月号 清書 H29 
- 2017/08/31(Thu) -
まずは【かな部】の練習です。
手本は毎月、行間が極端に狭い箇所があって、
全体的にタテに細長く書かれる傾向が強いです。
清書は手本通りにマネて書く方が無難ですが、
わたしは古筆の臨書はほかでやっているので
ここでは自力で書けるようになることを目標とし、
手本を参考にしつつ自分で工夫しながら練習しています。

しかしまあこうして見ると、あっちこっちひどい。(汗)
とりわけ構成がまずいわぃ。。。(`ε´)
でも上達するために失敗の繰り返しは必要な行程なので、
頑張って乗り越えていくしかない。

かな課題の練習 8月5日〆切


【規定部】清書 
いつもながら、日ペンの「の」の字形、書きにくい!(汗)
(ちゃんと形が取れていません)(+_+)
それから漢字に対する、かな字粒の対比ですけど、
ひらがなもカタカナも、パイロットペン習字よりも大きめに感じます。
(この課題の場合ですと、漢字もかなも、ほぼ同じ大きさに見えますね。)
字粒のサイズがフォントのごとく全体的に揃っていると、
読みやすいというのはありますが。

規定課題清書


【かな部】清書
最終的にこんな風にまとまりました。

かな課題清書 8月5日〆切

なかなかむずかしいです。
いずれは自分のスタイルを作って、
全体的に、もっと丸っこい雰囲気(?)で、
まとめられるようになりたいのですが。


この記事のURL | ■ペンの光 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ