蘭亭序を臨書する
- 2017/09/30(Sat) -
多忙のため筆ペン教室の方はここ数ヶ月間ずっと休んでいるのですが、
先生から作品の催促(公募展用)が来ているので断れず、
深夜に古典の臨書を練習しました。
出品サイズは八切と決まっているため、手本は縦長で、
なるべくレイアウトをいじらずに済むものを選びました。
眠い・・・(≡_≡)

2017年9月 蘭亭序臨書

教室まで行って添削してもらう時間がないため、
仲間の生徒さんがわたしの家に寄ってくれて、
書いた作品を教室に届けてくれました。
先生がアドヴァイスを書き込んだあと、
それをまた家に届けてもらって、
手直しをしてどうにか完成させました。

ここ数年は、かな作品を書いて応募していたので、
久々に漢字作品での出品となります。

…って、なんかもう学ぶこと大杉(+_+)

とても手が回りません(・o・)ノ



【追補】10月28日
先週、通知が届きまして、
市主催の書道展におきまして、ささやかな賞を頂きました。

2017年10月 蘭亭序臨書 入賞通知

夜も寝ないで(昼寝して)清書したおかげなのか、
昨年より一つ上の賞でした。
小さな賞なのでいばれませんけど…。えへへ(;^_^)

表彰式には出られなかったため、
自宅に賞状と盾を届けてもらいました。

2017年10月 蘭亭序臨書 賞状と盾
(やっぱりちょっと嬉しい)
今後とも精進したいと思います(⌒-⌒)




この記事のURL | ■小筆 かな書道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字 添削課題 305-C 採点と講評
- 2017/09/25(Mon) -
添削課題の清書が採点されて返って来ました。

添削課題305-C 採点と講評

採点は先月から1点、上がっています。
講評では、字形、線質ともに良く品もありますと褒めて頂きました(⌒-⌒)
今回は手本に合わせて細い線で清書をしましたが、
(男の書く字としては)「見方によっては繊細過ぎるかも」
とのコメントも。

てしけにぃ(*・゛・) (←若者言葉で「確かに」の意。)

なるほど、
青年が書くのなら力強い線の方が良いな(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(青年て誰が)

ちなみにわたしは手紙を書く時は、今回の添削課題よりも
やや小さめの字粒にし、行間をやや広めに、
空けて書くことが多いです。
(罫線入りの便箋だと罫線の幅が感覚的に合わないことも)。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ