戦後のペン習字小冊子

このあいだ、古いペン習字の小冊子を入手しました。
戦後間もない頃の雑誌の付録です。
婦人手紙文集

昭和24年の発行で当時のペン習字手本があれこれ載っています。
半世紀以上も前の物なので現代とは異なり、
たとえばハガキ手本の文面には、
変体仮名や草書が交じっています。
しかしこれが、なかなか興味深い内容なので、
手本を参考にしつつ、自運でザッと再現してみる事にしました。
婦人手紙文集より
「今朝こちらへまいりました
街はもうすっかりお花見の装いをして
おりますが花はまだで遠くの山がうす
紅く芽ぐんで見えるだけでございます」


パイロットペン習字でもペンの光でも、
現代文ではこのような書き方はしませんので、
かえって新鮮な気もします。

どの頁も当時の大家が腕を振るっていて、
古典的な書体と相まって字間を詰めたり左右に揺らしたりと、
古筆との関連性やら時代の息吹が感じられ、とても勉強になります。
これは書店に並んでいる今ふうのペン習字テキストとは、
もちろん対極にあるのでしょうが、
わたしは優れた資料に触れる事が出来て、
大いに刺激を受け、嬉しく思っています。(⌒-⌒)



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ペン習字そのほか  Trackback:0 comment:0 

書き初め展

新年を迎え、わたしの地元でも書き初め展が始まります。
今年はこのさき練習時間の余裕がないので、
わたしが書道展に出品するのもこれが最後となりそう。
年が明けたばかりだというのに残念。
2018年1月 書き初め展 
などと思いつつ数日が過ぎたところで、
教室の先生から電話があり、
今回、わたしの応募作品が、
新聞社(地方紙)から賞を頂いたとの知らせ。
うへー、いいのだろうか(;^_^)
これまでよりも上の賞なのでびっくり!
(封書の通知も届きました)
2018年1月 書き初め展 入賞通知
書き初めがわたしの書き納めというのも何ですが、
締めくくりとしては良い結果が出せましたので、
その点では嬉しく思っています。(⌒-⌒)

当面は創作から離れますが、
これからは出来るだけ時間を有効活用して、
基礎的な練習を細々と続けながら、
いつの日かまたどこかの書道展に、
応募することが出来るよう、
力を養っていけたらと考えています。



【追補】3月6日
先日、久しぶりに教室へ行くことが出来たので、
1月に行われた書き初め展の賞状とカップを、
受け取ってきました。
ヾ(-_-;) 。o0○(もう3月だ)
(わたしは表彰式と懇親会を欠席したので、
先生が今日までずっと預かってくれていた。)
仰々しい画像でご勘弁~<(_ _)>
書き初め展 賞状とカップ
これまで盾とかメダルは、
いくつかのコンクールで頂いたことがあります。
(よほど強運の持ち主らしい)(:-""-)ゞ 
カップはこれが初めて。記念になります。
いつの日か、またどこかの書道展に、
応募することが出来ると良いのですが(⌒-⌒)

余談ながら、
トロフィーとカップはどう違うのだろう?
調べてみたところ、トロフィーとは、
カップを含め、盾、像などの総称なのだそうです。

そしてカップの由来なのですが…、
その昔、部族間の戦いのとき、恐ろしいことに、
倒した敵の●●●(ピー)で盃を作り、戦勝を祝っていたそうで、
現代のカップはその風習の名残なのだとか!(;゜▽゜)

ガクガク(((;゜Д゜)))ブルブル

そんな盃じゃ酒は飲めん~~!(|||ノ`□´)ノ

検索して確認しないでください(・o・)ノ



テーマ : 書道
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:■小筆 かな書道  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ
【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター