プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

03月29日(木)

添削課題 311-C 採点と講評

添削課題311の筆記具は自由選択です(筆ペン以外)。
今回は、つけペンよりも太い線で書きたかったので、
サインペンを使いました。
(万年筆に比べて線に強弱が付けられます。)

添削課題311-C 採点と講評

「気脈を通すようにさらに意識するともっと良くなるでしょう」
との講評でした。
 
03月29日(木)

ノートパソコンの怪

このあいだ新しくノートパソコンを買いました(・▽・)ノ
さっそく別の部屋にあるもう1台と無線LANでつなぐ。
データを共有できるので便利。

そしてIMEをGoogle日本語入力に変えようと思い、
ダウンロードしたとたん、こんな表示が出ました。

警告文?

(o・_・o)ん?
何だこれ?
こんなの初めて見たぞ?

「続行するには、管理者のユーザー名とパスワードを入力」

って、
入力欄が一つしかないではないか?

♪タララララ タララララ 
  ♪タララララッラ タララララ…♪(←世にも奇妙な物語の節で)

どうしろと?(*・゛・) 

とりあえずパスワードを入力してみると、
「違っています」の表示が…。
いや、違ってねえしーと思いつつ、
今度はユーザー名を入力してみる。
するとまたしても「違っています」の表示が…。

(#`-_ゝ-)ピキ(←切れた)

おらあ(#`Д´)ノノ┻┻(←ちゃぶ台返し)(死語)

そもそも入力欄が一つしかないのに、
二つの項目を要求するっておかしくね?(*・゛・) ウンウン。。。

いっそ、ユーザー名につなげてパスワードを入力したろか?(*・゛・) 

ヾ(-_-;) 。o0○(んなわけねえだろ)

まいったな。これじゃ先に進めない。
だけど、ほかにやりようがない…(汗)

(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

\(-_-)/お手上げ~

もうこうなったらヤケクソだわ。
何も入力せずに空欄のまま「はい」をクリックしたった。
「許可しますか?」と表示されてるんで、
答えは「はい」だ。これでいいだろ。文句あっか?(*・゛・) 

そうしたら!?

何と何事もなかったかのように、
次へ進んだではないか!( o言o) ガーン

はあ?(;゜▽゜)

じゃ、あの入力欄は何のためだや???

うぅ…(*・゛・) 

おちょくっとんのけ(#`Д´)ノノ┻┻おらぁ

アホボケカス、わ~れ~♪(大助花子師匠ふう)

でもこれで問題解決だよ(*・゛・) ウンウン。。。

(`-_ゝ-)ふ

( ̄+▽ ̄)ふ・ふ・ふ・・・(思わずこぼれる笑み)

♪晴れたる青空 ただよう く~もよ♪\(^o^)/

ヾ(-_-;) 。o0○(第九の独唱いらん)

ともあれこうしてインストールは無事に完了、
なんかよくわからん内に事なきを得たのでした(・▽・)ノ

┐(´д`)┌ やれやれ

ま、どうせヘンな表示を出すんなら、
最後にこんなのが出るようにしといてくれりゃ、
完璧だったのさ(・o・)ノ こちら


【追補】
一件落着と思いきや、続いてこんなことが!
昨日、親機を起動させようとしたところ、
「パスワードが違います」との表示が出たのです。

(;゜▽゜)はあ?今度はこっちか?

子機のノートパソコンを調べてみると、
データの共有が出来なくなっています。
うーむ。何で急にこんなことになるのだや?

親機はパスワードの変更を促してくるので、
やむなく新パスワードを設定してサインインすることに。
そのあとネットで原因を探ってみると、こんな記事が。

『ホームグループ機能の削除
2018年春に予定されている、次回のWindows 10大型アップデートで、
ホームグループ機能は削除され、利用できなくなります。』

これかいな?
知らないうちに、強制的に実行されてしまったってことか?

ともあれ、そのあと子機の方も設定をやり直し、
無事に親機とのデータ共有も復旧しました。

┐(´д`)┌ やれやれ。慌てたわ。

しかしどうせなら、
最後にこんな表示が出るようにしといてくれりゃ、
完璧だったのさ(・o・)ノ こちら



 
03月20日(火)

特殊詐欺かよ

世間には悪い奴らがいるもので、
相変わらずオレオレ詐欺や、
架空請求詐欺などの被害が、
全国的に広がっています。
還付金詐欺というのもありますね。
さて、一ヶ月ほど前のある日、
わたしのところにこんな電話が。

わたし「はい、もしもし」
相手 「…」(返事がない)

と、いきなり女性の声で自動音声ガイダンスが流れたのでした。

相手 「こちらは○○電力ですが、
     このあと簡単なアンケートにお答え頂きますと、
     電気料金がお安くなります…」

ちょうど忙しい最中だったので、すぐ電話を切りました。
それにしても、いきなり自動音声を流すという行為は不自然。
何じゃこれは?
念のため、あとからネットで調べてみました。
「電話 自動音声ガイダンス 詐欺」で検索してみると、
案の定、新手の特殊詐欺だと判明!
(大手企業である電力会社や電話会社などの名を騙り、
利用料金が安くなると持ちかけて、
最終的に個人情報を盗んだり金を騙し取ったりするとのこと。)

やっぱりそうか。相手にしなくて良かった。(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ

ところが翌日、またかかってきました!
同じような時間帯だったので、もしやと思い、
こちらから先手を取って様子をみることに。

わたし「…」(無言)
相手 「…」(無言)

2~3秒後に予想どおり自動音声ガイダンスが。
相手 「こちらは〇〇電力ですが…」

そこで、すかさず次のように丁寧に伝えて切りました。

わたし「氏ねよヴォケ」(プツッ)

ヾ(-_-;) 。o0○(上品だこと)

それ以来、かかって来ません(・o・)ノ

めでたしめでたし(・▽・)ノ


【追補】7月14日
この特殊詐欺の電話ですが、性懲りもなく、
また、かかってくるようになりました。
(同じ番号に加えて別番号からも。)
こういう詐欺集団バカどもの相手をする義務はないので、
NTTのサービスを利用し、
こちらが特定した番号からかかって来たときは、
電話をつなげないという対策を講じました。
(このガード機能は着信音も鳴らないので便利)

それにしてもホントに迷惑な奴らです。
同じ被害に悩んでいる方はこちらのサイトに行って、
相手の電話番号を検索すれば、
これまでに判明している詐欺電が表示されるので、
確認ができます。以上、ご参考まで。
*電力会社の名を語る詐欺電について、さらにこちらを追加
 
03月20日(火)

悠渓反省会 平成29年度を振り返る

早いもので、もう3月も下旬、
ちらほら桜が開花する季節となった。
昨年を振り返ってみると、
4月から新たな気持ちでスタートを切ったものの、
5月あたりから予期せぬ出来事があれこれ起こり始めて、
(一時期、パニック状態となった!)(汗)
ペン習字や書道に打ち込めなくなってしまったのだった。

書道誌2冊はいずれも練習時間が取れなくなり継続を断念、
筆ペン教室の方も昨年は数えるほどしか通うことが出来なかった。
(今年も同じ状況が続きそうなので、
やむを得ず筆ペン教室は退会することに。)

半紙鋏

やりたいことを諦めるのは残念ではあるけど、
一方で少し安堵している。
いつも締切に追われ続けて駆け足で練習して来たから、
(例年、各清書の提出は速達の連続)(汗)
そのようなやり方でホントに力が付くものなのか、
我ながらかねてより疑問に感じていた。
そう考えれば、昨年から生活環境が変わったことで、
練習方法を見直す良い機会を得たと言えるのかもしれない。
(あまりに忙しく寝不足でボーっとする毎日だけど。)

残るは日ペンとパイロットペン習字の二つ。
当初、日ペンは規定部と、かな部の課題を、
毎月こなしていたけれども、
これも昨年は次第に時間が取れなくなって行って、
規定部は練習不足のまま提出することが多くなり、
かな部の方は、たまにしか出せなくなった。

パイロットの方はこの春で丸6年が経過する。
初級・中級・上級の各コースを2周したことになるので、
一つの区切りとして3月で卒業するつもりでいた。
しかし書道の方をすべて止めるとなるとその分、
少しは時間が作れそうな気もしている。
パイロットについては、4月に入ったら、
再び初級からやり直すのも良いかな…。

考えてみれば昨年は最後まで忙しく、
12月は大掃除だけでなく、
おせち料理の準備も、ろくに出来なかった。
(正月気分など皆無)(+_+)
年賀状も年内に投函できたのは一部のみで、
年明けに体調不良になったこともあり、
寒中見舞いを書き終えたのが1月の下旬!
しかし遅れついでに宛名書きだけはどうにか、
手書きで済ませたのだった。
(そうしないと何のためのペン習字なのかわからない)(汗)

そう言えば、このごろ手紙を書いている最中、
漢字の画数が多かったりすると、
見た目が重たくてうるさく感じるようになってきた。
なので今後の目標として手紙を書く際には、
草書や変体仮名を織り交ぜ、
より軽やかで雅な書きぶりを目指せたらと思う。
しかしまだ習っていない字がたくさんあるので、
当然ながら今後も基本的な練習は必須。

一方、硬筆書写技能検定については、
これまで一度も受験したことがない。
まだまだ力不足で学ぶ事があまりに多いので、
これからも修練を積みながら実力を養っていく必要がある。
なので当面は今後も受ける予定はなし。
検定に特化した受験勉強もしない。

さて、4月から新年度を迎える。
どんな年になるのやら?

生活パターンは昨年と変わらず、寝不足で、
頭がボーっとするような日々が続くのだろうけど、
自分の時間を持てることに感謝しつつ、
淡々と進めていきたい。(⌒-⌒)


 
03月06日(火)

ペンの光 2月号 清書 H30

今月は規定部の課題のみ練習、
かな課題の方は時間がなく諦めた。

それはそうと、いつも思うのだけど、
日ペンの競書用紙はどうも書きにくい気がする。
つけペンを使ってボトルインクで書くと、
滲んで線が太くなってしまうのだ。

左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
インク:セーラー極黒
にじみ比較

同じインク、同じつけペン、同じ筆圧で書いても、
線の太さにこれだけの差が生じる。

次にパイロットのデスクペンDPN200-EFで書いてみる。
左:日ペンの競書用紙F-1  右:パイロットわかくさ練習用紙
(どちらもカートリッジインク)
にじみ比較2

同じデスクペンで書いても、
線の太さが異なるのが一目で分かる。
競書用紙の紙質に問題があるのは明らか。
そう言えば競書用紙Aも、万年筆で書くと滲む。
(A-1だと滲みにくい。)

とにかく筆圧に関係なく細線がここまで太くなってしまうのでは、
つけペンを使う意味がない。
今回はインクが滲まないボールペンで書くことにした。

SARASA 0.4mmを使用
規定部清書

次回はJETSTREAMを試してみようかな。