2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
ペンの光 4月号 恋の希望 h30
- 2018/05/31(Thu) -
【規定部】清書です。(かな部は間に合いませんでした。)
規定部清書

【課題文】
「恋が芽生えるにはごく少量の希望があれば十分である」

恋の希望?(*・゛・) 
女の人かー…(*・゛・) 
いまさらなー(*・゛・) ウンウン。。。
ヾ(-_-;) 。o0○(彼女、いらないのか)
いります(・o・)ノ(キッパリ)
ヾ(-_-;) 。o0○(どんなタイプ)
ま、控えめに言うなら…、
若くてきれいで…(*・゛・) ウンウン。。。
ヾ(-_-;) 。o0○(すでに高望み)
え?Σ(; ̄□ ̄)ガーン  
じゃ、簡単に言い換えると…、
容姿端麗にして凛とした佇まい(*・゛・) ウンウン。。。
頭脳明晰、ユーモアがあって物静か…(*・゛・) ウンウン。。。
ヾ(-_-;) 。o0○(もしもーし)
思いやりがあって古風で控えめで女らしく…(*・゛・) ウンウン。。。
ヾ(-_-;) 。o0○(おーい)
で…(*・゛・) 
ヾ(-_-;) 。o0○(「で」って、まだあるのか)
言葉遣いがきれいで和服が似合う情感あふれる人がいいよね(・▽・)ノ
それに加えて…、
やっぱりセクシーでないと(*・゛・)これは重要だよウンウン。。。
その一点だけは譲れないからナ(*・゛・) ウンウン。。。
ヾ(-_-;) 。o0○(…)←(呆れて物が言えない)
あ、そうそう。忘れてた。しかも大富豪の令嬢?(*・゛・) ウンウン。。。
ま、小さな希望っていうと遠慮がちに言ってそんくらいです(・o・)ノ
ヾ(-_-;) 。o0○(氏ねよ)

この記事のURL | ■ペンの光 2018年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パイロットペン習字  No.433 級位課題と添削課題101-C 清書
- 2018/05/29(Tue) -
パイロットペン習字の受講も7年目に入りましたので、
まずは先生にご挨拶。
ご挨拶
初級コースの添削課題101では、かなを学びます。
【手本】
添削課題101-C 手本

この課題も三度目になりますので、今回は手本を離れ、
古筆ふうのかなで清書をしてみました。
【清書】
添削課題101-C 清書
しかし添削課題は手本を見て書くことになっていますので、
自運の清書がどのように評価されるかは、わかりません。
もしかすると、すべての字形に朱字が入れられて、
手本どおりに直されるのかもしれないし、
そうなると70点台まで落ちる可能性も。。。(; ̄□ ̄)

【級位課題の清書】
級位課題文 清書
見直すたびに修正したくなるので苛つきます(・o・)ノ
ヾ(-_-;) 。o0○(それを練習不足というのだ)
それはそうと、
初級コースからやり直すということで、
「今回は楷書で清書をしてみよう」
と思っていたのですが、
ふと気付けば、なぜか上の画像のように、
行書で仕上げていたのでした。(汗)

うぅ‥(: ̄ ・ ̄)=3  

ボーっと生きてんじゃねえよ!(NHK「チコちゃんに叱られる!」ふう)



【追補】 5月28日(月)
初級コースの添削課題101-Cの清書が、
採点されて返ってきました。
添削課題101-C採点

先生が書かれた講評および添削内容は、
著作権の関係から公開できませんが、
気掛かりだった清書の字形につきましては、
お褒めの言葉を頂き、ホッとしました(: ̄ ・ ̄)=3  
しかし言うまでもなく手本の存在は非常に重要ですので、
今後も手本をふまえた上で、自分の書きぶりを、
模索していきたいと考えています。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 初級 2018年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日ペンの展覧会に応募 h30
- 2018/05/27(Sun) -
今年も8月に東京で全日本ペン書道展が開催されます。
わたしは昨年『規定部』と『かな部』に応募したのですが、
今年は制作時間の都合により『かな部』のみにしました。

『かな1部』は参考手本を見て書くか、自運で好きな題材を書くか、
または古筆の臨書となっています。
わたしは元永本古今和歌集から二首を臨書することにしました。
元永本古今和歌集 原本

【練習中】
原本と応募用紙(B5)では縦横比が合いません。
布置をどう調整するか、工夫が必要です。
かな部 元永本古今和歌集臨書練習中

行頭を揃えて行間を詰め、どうにか二首を収めることが出来ました。
かな部 元永本古今和歌集臨書清書

もう少し線に肥痩の変化を付けたかったけど、
力及ばず。。。(`ε´)

『年の内に春は来にけり一年(ひととせ)を
       去年(こぞ)とやいはむ今年とやいはむ』

(この一年を、立春を迎えて年が明けたと見るなら去年になるが、
   暦の上ではまだ新年ではないので今年と言うべきだろうか)


『袖ひちてむすびし水の凍れるを春立つ今日の風やとくらむ』
(去年の夏に袖をぬらしてすくった水が冬の間ずっと凍っていたのを、
   立春の今日の風が溶(解)かしているなあ)

というような意味らしいです(・o・)ノ



【追補】7月8日(日)
先週、日ペン事務局から審査結果の通知が届きました。
わたしの、かな作品は『銀賞』に決まったそうです。
審査通知
昨年よりも少し上の評価を頂きました。ありがたいです。
今後も精進したいと思います(⌒-⌒)

【追補】8月18日(土)
本日、日ペン事務局から賞状が送られてきました(;^_^)
かな賞状
今年は展覧会を観に行かれませんでしたが、
受賞を励みに今後も精進します(⌒-⌒)



この記事のURL | ■臨書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |