プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

08月31日(金)

徒然草を練習する(3)

【手本】
(「徒然草を書く」津田静鳳著より)
0827 その3 手本
今回の徒然草(3)の内容は、
「がんばってオベンキョーすれば賢くなれますよ~」
ってお話のようです(・▽・)ノ
半紙に小筆で書きました。
0827 その3
参考図書を観ながら、
丸ごと1ページの文章を練習するときは、
そのまま手本どおりに書き写すのも良い練習になりますが、
いずれ自分が便箋を使って手紙を書く時のことを想定して、
全体のレイアウトを少し変えてみるのも勉強になりますね。
下の現代文は手紙を書くような面持ちで、
便箋にペンで書いてみました。
0827 現代文
なお「逹」の行書は書写体に基づいた字形なので、
常用漢字の「達」より1画、少ないです。

ペン字はこんなふうに、
古典的な味わいのある書きぶりの方が、
(現代風のフォントっぽい字形よりも)
わたしは好きですね。

 
08月11日(土)

パイロットペン習字  No.437-C 級位課題の切貼り手本

今月の課題

楷書と行書の切貼り手本(C系統)です。
今回は早めに載せられた。(: ̄ ・ ̄)=3  フゥ
(いずれも字粒や字配りは考慮してありませんのでご参考まで。)
楷書かな切り貼り原稿70

行書 かな切り貼り原稿70

【切貼り手本の補足】8月18日(日)
行書手本の「族」ですが、方偏には次の形もあります。
(狩田巻山著「短期上達ペン習字」より)
かたへん 行書
これを最初に掲載した「族」の旁と合成してみたのがこちら。
書写体  族
この字形の方が一般的かもしれません。
方偏はこの形で練習されることをお勧めします。
ちなみに行書の「族」は書写体に基づいた字形で、
「矢」の部分が「夫」になっています。
族 書写体
書写体については以前、パイロット事務局に、
問い合わせたことがあるのですが、
級位課題文を楷書で仕上げる場合は、
書写体を使わない方が無難なようです。

さて今回の級位課題の文字数ですが、
一行目の文字数は11文字+読点(、)です。
いつもより1~2字少なめなので、
字粒をやや大きめにしたり、
字間をわずかに広げるなり工夫して、
行頭行末が空きすぎないように微調整します。

楷書で練習中。
楷書練習中
「十和田湖」で一つのまとまった言葉なので、
もうちょっと統一感がほしいのと、
「れました」が少し大きいようです。
「の」は小さく書く字ではないのですが、
あまり大きく書くのも好きではないので、
わたしはこのくらいにしています。
漢字に対するかなの大きさは、
各流派によってかなり差がありますので、
わたしはあまり気にしていません。

こちらは行書で練習中。
行書練習中
行間が少しきつい気がします。(でかすぎ)
字粒を小さくしたいけど字間が空きすぎるのも困る(汗)
むずかしいところです(`ε´)

このように決められた文言、文字数を、
決められた枠内にきれいに収める練習というのは、
字形だけでなく字粒や字配りの感覚を養うのに役立ちますね。
便箋に手紙を書くとき、
字粒をどのくらいの大きさにしたいかによって、
1行あたりの罫線幅(あるいは便箋1枚あたりの行数)を、
必要に応じて自分の好みで選べるようになりたいので、
あれこれ模索しながら書いています。

下の画像は草書で練習しています。
草書練習中
草書の勉強は字形だけを丸暗記するような方法では、
いずれ飽きてしまうので、
実生活の中でどう活かせるかを試す方法も組み合わせて、
興味を抱くようにしています。
草書は当然ながら、ひらがなと良く合うので、文章の流れの中で、
全体を柔らかく調和させるような気持ちで取り組んでいます。

【追補1】9月17日
【級位課題の清書】
級位課題の清書
けっきょく字粒をやや大きめにしました。
でかすぎたかも(汗)

【添削課題の清書】
添削課題105-C の清書
反省点1
「過」の、しんにょうですけど、
最後に右に払い始める位置が、
すこし早かったようです(`ε´)

反省点2
「風」の2画目、折返しの部分ですけど、
ちょいと内側に、くいこみすぎました(`ε´)

反省点3
「安」は「女」の1画目を、
もうちょい寝かせないとまずかったです(`ε´)
まあしょうがないか、
なんせ日常生活の中でも、
わたしはおんなを立てているので。

(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

ヾ(-_-;) 。o0○(ちょっと何言ってるかわからない)(サンドウィッチマンふう)

さて、「感じる」の「じ」ですが、
「し」に「゛」が付くと、
右半分が重くなるような気がします。

(気のせい?)(o・_・o)

なので「じ」は、「し」本来の位置より、
やや左に寄せて書いてみました。

ビミョー(・o・)ノ

(まあどうでもいっか)


【追補2】10月3日
9月の下旬に、
添削課題の清書が採点されて戻ってきました。
採点は前回と同じ、87点でした。

今回は清書用紙の裏の通信欄に、
ブログ本文に書いたようなことを、
講師の先生に質問してみたところ、
とても詳しい回答を頂きました。
(ただ、著作権の関係から内容を公開できないのが残念!)(汗)
こんなふうに朱字がビッシリと書き込まれていて、
ありがたいです。(⌒▽⌒)

添削課題105-C 採点と講評 ボカシ入り

講師の先生に質問を寄せますときちんとご回答を頂けます。
いや、画像をこんなにボカシたら読めないし、
載せる意味がないかもしれないけど、
ここでは先生の熱意をご紹介ってことでご勘弁~(;^_^)