2018 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 02
パイロットペン習字 1月号 級位課題文No.442 C系統 切貼り手本
- 2019/01/26(Sat) -
1月の課題文
わかくさ通信2019年1月号 級位課題文(2月10日締切)


【切貼り手本 楷書】
狩田巻山先生の参考図書より作成
課題文 切貼り手本 楷書
手本は参考です。
字粒や字配りは工夫してみて下さい。

級位課題 楷書練習
いつもより文字数が少ないので、
字粒をもうすこし大きめにした方が良かった。


【切貼り手本 行書】
切貼り手本 行書

級位課題 行書練習
1行目の「し」を左に流したので、
2行目の「し」は真っ直ぐにしてみました。
字間をもっと詰めても良かったかな。


草書を使って練習するときは、
字間、行間ともに、余白を生かすのが好きなので、
意識的に、やや小粒に書いています。
級位課題 草書練習
流派によって字配りの方法は様々なので、
自分の気に入ったかたちを模索しています。





※お知らせ
2019年1月~3月の記事は年度替わりの関係から2018年のカテゴリに入れておきます。



この記事のURL | ■パイロットペン習字 初級 2018年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わかくさコンクール 平成31年度
- 2019/01/16(Wed) -
昨年の秋に要項が発表されました。今回は和歌です。
こちらが課題文の画像。(ちっさ!)
2019年の課題文

構成や変体仮名の選択にはいつも悩みます。
まずは、いくつかのパターンを書いてみて、
その中から気に入った構成を選びます。
あとは変体仮名を入れ替えてみたり、
行間を変化させてみたりしながら詰めていきます。
今回はこんなかんじに仕上がりました。
清書

一定期間を経て課題文を見ながら書き直してみれば、
また違った作品になるでしょう。
どんな表現が良いのかは一概に言えません。
でも「こういうのはイヤ」という好みはあります。
そこが難しくもあり面白いところです。

この記事のURL | ■ペン習字そのほか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |