プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画、アホネタ、おばか絵など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

05月24日(日)

『徒然草』を書写してみる(・o・)ノ

徒然草
  序段
「つれづれなるままに、
日ぐらし硯に向かひて、
心にうつりゆく、よしなし事を、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそ、
もの狂おしけれ。」


(どんな意味かっていうと)(・o・)ノ

なす事もなく退屈なまま、
日がな一日、硯に向かって、
心に映っては消え、消えては映る、
埒もないことどもを、
浮かぶがまま順序もまとまりもなく、
書き付けていると、
自分が正気かどうかさえ疑われるような、
狂おしい気持ちになってくる。」

(「すらすら読める徒然草」中野孝次著 講談社)より


ふーん(*・゛・) 

てことは言い換えると、これ、ぶっちゃけ…、

「ヒマでヒマで部屋の中で一日中、ノートに向かって、
頭に浮かんでくるどうでもいいことを書きなぐってたら、
もしかしてオレ、
頭おかしいんでね?
って気になってきただに」

…つう意味かや?危なくね?(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(古典のイメージを壊すでない)

『徒然草』は吉田兼好が1331年ころに書いたとされる随筆。
(作者が誰なのかは明確な証拠はないらしい)。
成立については諸説あり、鎌倉時代末期、1330年から、
遅くとも1349年頃にまとめたらしい。

現存最古の写本は、僧、正徹によるもの(1431年)
正徹本・永享三年(1431年)写

ん?(*・゛・) 
吉田兼好が書いたのを僧、正徹が見つけて書写するまで、
百年間、人知れず埋もれていたんだ?(*・゛・) 

そもそも、この写本は、いったい、
どんなふうに書かれているのだや?(*・゛・) 

頭から部分的に読んでみると…

つれづれなるままに
「つれづれなるままに」

日ぐらし
「日ぐらし」

硯
「すずり」

に向かひて
「に向かひて」

心にうつりゆく
「心にうつりゆく」

よしなしことを
「よしなしことを」

そこはかとなく
「そこはかとなく」

あー、
解読して切り貼りするこの作業、
超~めんどくせ(以下省略)(・o・)ノ


【そんなわけで書写にとりかかる】
1.まずは今ふうにザッと書いてみっか。
とりあえず書いてみる

2.古典の雰囲気を出したいので草書やら変体仮名を混ぜてみることに。
まあメモというか落書きみたいなものだけど、大事な行程。
思案中

3.僧、正徹の書写も参考にしつつ構成、字間などを調整する。
いちばん最後の漢字の終筆が、かなと、
連綿になってるところ(氣・れ)がカッコいいな。
正徹さん、これ、取り入れさせてもらうぜい ( ̄∇ ̄)ヘヘッ♪
思案中2

4.いちおう完成。
教材にするものを用意して解読してどんな書写をしたいのか、
あれこれ考えて練り上げてどうにかここまでたどり着いた。
完成

これが和歌の場合は変体仮名の組み合わせと散らし方について、
さらに何通りも書き比べることになる。

そう簡単には終わらないし、
完成作が自分で気に入るとも限らない(: ̄ ・ ̄)=3  

けっきょく仕上がりまでの過程を含めて、
すべておベンキョーってことですね(・▽・)ノ



 
05月24日(日)

のっけ丼その2

スーパーに行ったらマグロが半額ではないか。
こりゃあ作るしかないナ( ̄ー ̄)ニヤリ
ヾ(-_-;) 。o0○(またあれかよ)
まぐろ

いつも炒り卵だから今回は卵焼きにしよう。
卵焼き
ちょいと形がヘンになった。まあ男料理なんで、こんなもんか。(; ̄∇ ̄)ゝ

少しだけ手間をかける。海苔が巻いてあるとさらにおいしくなるもんな。
卵焼きに海苔

出来上がり。半額セールのマグロとは思えん!v ( ̄∇ ̄)ヘヘッ♪
出来上がり
今回は酢飯。いただきま~す♪


 
05月23日(土)

白和えを作る

白和えを食べたくなった~!
スーパーの惣菜コーナーに売ってるけどけっこう高いので、
自分で作ることに( ̄ー ̄)ニヤリ

冷蔵庫を開けると、豆腐、ほうれん草、コンニャク、すりゴマなど、
幸い食材は揃っている。(ニンジンがないけどまあいいや)
まずは豆腐の水抜きとコンニャクの下茹で(アク抜き)。
次に豆腐を裏ごしするんだけど裏ごし器がないので、
スプーンですり潰してなめらかに。
白和えを作る

砂糖、すり胡麻、醤油、塩で味付けして完成~♪
白和え 出来上がり
しまった、味噌を入れ忘れた!
たくさん作ったからあとで入れるとしよう(⌒-⌒)



 
05月16日(土)

ペンの光 5月号 「かな部課題」を臨書する

このところ『ペンの光』には取り組んでいないのですが、
(規定部は昨年の秋から、かな部は1年以上、休んでいます。)
今回は久しぶりに「かな部」課題の練習をすることにしました。
(ただし百人一首のペン自主練は地道に続けています)

『ペンの光』5月号
③かな臨書課題(関戸本古今集)…(古今和歌集225)

秋の野に置く白露は玉なれや貫きかくる蜘蛛の糸すち

5月号かな臨書課題

はあ?(*・゛・) 

ぶっちゃけまじ古語感パネェ系でなくね?(EXITふう)

バズってねえしちょっと江戸川意味わからんポンポポーン!

ヾ(-_-;) 。o0○(チャレ~。なに言ってんかわかんねー)

で、調べてみたし(・o・)ノ

「秋の草花に蜘蛛の糸がかかっていて、
その糸のすじに露の玉が真珠のネックレスのように、
いくつも連なりキラキラと輝いている。
なんとまあ綺麗なことよ♪」


…的な情景?(*・゛・) ウンウン。。。

すみま千利休~♪お後がHere we go~♪ o(≧▽≦)o

[物陰] 。・)

[物陰]彡 ささっ!

ヾ(-_-;) 。o0○(何しにきたのだ)

【練習中】
5月号かな臨書課題 練習中

古筆をペンで臨書する場合、
筆圧をあまり変化させずに書く方法のほか、
ある程度、線の肥痩を意識して、
強弱をつける書き方もあります。
どのあたりを強調するかは原本の墨継ぎの位置や、
歌の内容をあれこれ考慮しながら徐々に絞っていきます。
出来るだけ雅な雰囲気を表したい♪(⌒-⌒)




 
05月04日(月)

パイロットペン習字4月号 級位課題文No.457 C系統 切貼り手本

4月になり新年度を迎えて、パイロットペン習字も、
わたしの場合は3度めの上級編に入る事となりました。
ちょっとでも上達できるよう、がんばります(・o・)ノ

【4月の級位課題文】(5月10日締め切り)
今月の課題
例年、この季節は新しい制服に身を包んだ学生や、
新社会人の姿を目にする筈なのに、
今年は新型コロナウイルスの影響で、
入学式も入社式も、
ことごとく中止となってしまいました。
一刻も早く終息してほしいものです。

【楷書の切貼り手本】
楷書の切貼り手本

【行書の切貼り手本】
行書の切貼り手本
上記、行書手本の「服」や「包」の字形は、
古典で見かける形です。
見慣れた字形の行書にしたい人は、
楷書に近い続け字にすれば、
普通っぽくなります。
(ですが点画がつながっているだけで、
ほとんど楷書と同じ形となると、
行書としてあんまり意味ないというか、
魅力がないと思うけど。
自分の目を肥やしていくのも大事。)
*字粒、字配りなどはご参考まで
(切貼り手本は狩田巻山先生の参考図書から集字して作成しています)

次に、各漢字の画数を見てみます。
漢字の画数
画数の多い漢字は大きめに、
画数の少ない漢字は小さめに書きます。
字粒の揃え方の参考にして下さい。

上記の例ですと、
「新」「頼」はもうちょい大きめに、
「包」「子」は小さめの方が良さそう。

なお一般的な目安として、
ひらがなは漢字に対して80%くらいの大きさに書きます。
ただ、流派によってかなりのバラつきがあるので、
あんまり厳密に考えなくてもいいかもしれません。

【楷書で練習中】
楷書で練習中


【行書で練習中】
行書で練習中
「頼もしく」の連綿ですが、
きれいな形にまとめるのは難しい気がします。
無理につなげる必要もないと思いますが、
わざわざこういう課題文を掲示されたのは、
「連綿にしてみんさい」
ってことなのかな…。
で、禁断の三連綿にしたったわい( ̄ー ̄)ニヤリ

ヾ(-_-;) 。o0○(やめい)

【誤字脱字規定外】
草書で練習中
提出する清書に関わりなく、
どんな表現が美しく響くのか模索しながら、
与えられた課題文を、しゃぶり尽くす。
(自分の書きぶりを掘り下げて広げて行く)。