スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
曼殊院本古今集を臨書する(四)
- 2016/11/20(Sun) -
【11月号 かな半紙課題】
11月の課題 曼殊院古今本(四)

読みと大意

このあいだ『平安 かなの美』という書籍を手に入れました。
料紙に書かれた様々な古筆がカラーで紹介されていて実に美しいです。

一方、競書誌に載っている古筆の課題はモノクロ印刷されていて、
いつもそれを使って臨書をしているわけですが、
やはり原本に比べると当然ながら見た目の印象も、
得られる情報量も違いますね。

曼殊院古今集の課題は今後も当分の間は続いていく筈なので、
このあたりで、原本をカラー印刷した手本を、
用意しようかと考えています。


【練習】
11月の課題を臨書

こうして見直してみると、全体的に墨がやや濃すぎたようです。
渇筆表現を意識しすぎて、そのことに気を取られてしまい、
そこまで気が回らなかったです。(汗)
(次からは、墨を擦る過程でもう少し慎重に濃淡を調整してみます)

【実用書課題の清書】
11月号 実用書課題 清書

今月は初めて実用書課題にも取り組んでみました。
もう少し書き込んでから清書をしたかったのですが…(: ̄ ・ ̄)=3  
(手本は佐藤友理先生です)



【追補】 12月7日
11月号 かな半紙の競書成績は、
天に入った五十数名中、4位にて写真版でした\(^o^)/
(月例課題のため昇段はありません)

実用書(氏名書き)は初出品でしたが、
こちらは段級位によるランク分けではなく、
「写真版・雪・月・花」の4つに分かれており、
「雪」に入っていました。でも段級位がないとなると、
この先、ちょっとずつ上がっていく楽しみがないナ(*・゛・) 

実用書の課題は次回からはたぶん出さないことに…(・o・)ノ



この記事のURL | ■未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(六) | メイン | 箱根の旅>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/452-70bcd7d7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アルバム一覧