プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
12月07日(水)

ペンの光 平成28年11月号 規定部 かな部 級位クラスの課題

規定部 級位クラス 11月号課題

今回の規定部課題は12月らしい一文ですね。
わたしも年賀はがきは買ってあるのですが、
書き始めるのは月半ば以降になりそう(;^_^)

ちなみにわたしが通っている筆ペン教室の先生は、
毎年、年賀状を300枚ほど出されるらしくて、
裏も表もすべて手書きだそうです。(汗)

規定部 級位クラス 11月号清書

清書はこんな感じになりました。
字数は少ないものの、楷書というのはカッチリしていて、
書いているとき気が抜けません。
「年」の2画目はまっすぐ書いてしまったけど、
ちょっと反らせた方が良かったナ。


かな部 級位クラス 11月号の課題


むら時雨 いくしほ染めて わたつ海
         の渚の杜の もみぢしぬらむ


【通釈】
 さっと降っては通り過ぎてゆく時雨が、
 幾たび染めたのだろう。渚の森が、
 これほど鮮やかに紅葉したのは。

日ペンは形臨を重視する会派ではありますが、
わたしは、かな作品の場合は漢字とは違って字形も布置も、
変化の美を表現するものではなかろうかと考えたりします。
(え?そうじゃないの?)(;゜▽゜)

かな部 級位クラス 11月号清書

課題の参考手本に倣いながら、
少し変化を付けた形を模索してみました。




 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment