劇場版 『神の舌を持つ男』 を観てきました

神の舌を持つ男

この作品は言わばコミカルミステリー、
まさに、このオバカブログ向けの内容と言えるでしょう。(;^_^)
(監督は『トリック』や『20世紀少年』の堤幸彦さん)

【冒頭】
どこかの山道を一人の青年(向井理)がフラフラと歩いてくると、
やがてばったりと倒れてしまいます。

「うぅ…」神の舌を持つ男 向井理


そこを通りかかったのは、近くの山村に住む老人たち。
倒れている青年を見つけると彼の体を担ぎ上げ、
掛け声とともに一歩ずつ、ゆっくり歩き出します。

♪うんこらどっこいしょ

♪うんこらどっこいしょ

と、そのとき老人の一人が後ろを振り返って、
「あれは何だ?」と叫んだため、全員が立ち止まり、
掛け声も中断するのであった。

♪う○こ…


(観客の反応)→ (*・゛・) 。。。

と…、ところで共演のお一人に、
木村文乃さんが出ています(;⌒▽⌒)
彼女は天然娘の役で、

「天はニモノを与えた~!」神の舌を持つ男 文乃


などと笑顔で叫んだりしますが、
佐藤二朗さんがすかさず真顔でツッコミます。

「ニブツだ…。母の味か…?」神の舌を持つ男 佐藤二朗


その後も次々に小ネタギャグが繰り出され、
わたしもそのつど覚えておこうとしたものの、
冒頭のギャグの一撃で脳をやられてしまい、
映画が終わる頃にはすべて忘れていました(;^_^)

ヾ(-_-;) 。o0○(で、物語は?)

山奥の秘湯を舞台に繰り広げられる、
妊婦をめぐる忌まわしい呪い伝説、

輪になってカゴメカゴメを歌う不気味な老婆軍団、

深夜、山間の空に現れる謎の発光現象、

黒い湧水と、悪魔的な子殺しの湯、

なぜかボヘミア~ン♪と叫ぶ温泉宿の女将、

そして地下水脈の利権争いなのか、
ついに殺人事件が起こるという、
ミステリアスな展開!(;゜▽゜) 

もう何が何だかわかりません(;^_^)

最後には特殊能力『神の舌を持つ男』が、
いろんなものを舐めては、その成分を瞬時に分析することで、
すべての謎を解くのでありました。

しかし、この作品の評価は今ひとつのようです(;^_^)

そもそもこの主人公の青年、
特殊能力の「絶対舌感」を持つが故に、
「誰であれ女子とキスしようものなら、すぐ嘔吐してしまう」
という設定なのです。
(相手の口内細菌と口臭が原因なのだとか)

うーん。これはムカつくでしょうねぇ。
全国の女子から総スカン(死語?)をくらったのでは、
観客数も伸びにくいかな。。。

それでも、久々にこういうおバカな作品を観られて、
わたし個人としては楽しめました(;^_^)
レトロなギャグ満載の堤ワールドがお好きな方は、
ぜひ劇場まで(⌒▽⌒)


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

Tag:■テレビとか映画とか  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ
【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター