プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
01月19日(木)

誤字?規定外?(o・_・o)? 悠渓反省会その2

旧年を振り返りまして、悠渓反省会その2であります(・o・)ノ
そもそもその発端はと言いますと、
わかくさ通信なのでありました…(汗)
(以下、回想)

[物陰] 。・)ソォー 
ここだけの話しなんですけど…、
審査の先生方だって時にはミスをすることもあります。(小声)
長い年月の間には、そんなことも…。

[物陰] 。・)ソォー 
たとえばちょっと前(去年だっけ?)を思い起こしてみると、
級位課題の審査結果が、わかくさ誌上に発表されて、
そのときに誤字と判断された字形が、良く見てみると、
どうも誤字ではないように思えたり…。

[物陰] 。・)ソォー
それで字典などで詳しく調べてみると、
楷書では×でも、行書では○であるような気が…。

(o・_・o)ん?

これはおかしいのではないか?
ホントは誤字じゃないだろ?(*・゛・) 

これじゃ一方的に規定外にされた受講生が気の毒すぎる。
せっかく頑張って練習して清書をしただろうに(*・゛・) ウンウン。。。

何か出来ることないかなぁ…?(: ̄ ・ ̄)=3  うーむ…

そんな時に、
事務局に電話してツッコミを入れたり、
資料を添えて抗議の手紙を書いたりして、
このまま事態をうやむやにすんなとか、
わかくさでその後の経緯を公表せよとか、
わざわざそんなお節介を焼く人たちがいたりしまして、

[物陰] 。・)ソォー 
そんな中の一人が、誰かっていうと、

わだすです!(:-""-)ゞ

ヾ(-_-;) 。o0○(人のことで余計なことすんな)

このまんま看過できないからな~って、
もしかして抗議というよりも脅迫だったかな?(汗)

ヾ(-_-;) 。o0○(分をわきまえろ)

だけど誰も何も言わないままウヤムヤになったりしたら、
誤字扱いされた人たちが泣き寝入りするしかなくなる。
自分のせいじゃないのに、それはあまりに可哀想…(*・゛・) ウンウン。。。

ヾ(-_-;) 。o0○(まあ先生方が独自に見直しをされたおかげで、
       あとになってから助かった人たちがいたのは良かったけれども…)

一方で、あたしゃ間違いなく睨まれているよ(:-""-)ゞ

4系統の先生方

「この人、生意気なのよねー。ウザイのよねー」

「そうよねー。いなくなってくれないかしらねー」

「まったくよねー。いったいどこの馬の骨なのかしらねー」

「わ…わたしの弟子なんですの。オッホホホ…」(^_^;)


ごめんなさ~い。不肖の弟子がご迷惑をおかけしております~<(_ _)>

ヾ(-_-;) 。o0○(アホッ!先生を追いつめてどうすんだ?おとなしくしてろ)

(回想+一部空想 おわり)

重ね重ね申し訳ありませ~ん!~<(_ _)>

(注:登場する4人の先生方は架空の存在でして、会話部分もフィクションであります)(・o・)ノ



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

微妙な漢字

「臭」「嗅」
「におい」の「自」下の部分は「大」なのに
「かぐ」の「つくり」の下部は「犬」で、点を打たなくてはいけない。

「飢饉」では、「飢」と「饉」の「食偏」の字体が違う。
「餃子」は、中華風。「ご飯」は、日本風。
「餅」は、ちょっと前までは日本風だったけれど、最近は中華風に変わった。

 

Re: 辞書も誤字だらけ

鍵付きコメントをありがとうございます。
専門分野でもそんな有様なのですか。
これは驚きです。
わたしなんぞも日常生活の中で使う漢字ぐらいは、
間違いのないように書きたいと思います。

 

Re: 微妙な漢字

細かいところで微妙に違っていて、
とりわけ画数の多い字は注意が必要ですね。
草書はサラッと書いてあるようでいて、
これまた他の字なのに似たような字形があるみたいだし、
どっちにしても油断できそうにないですね。(汗)

 

「間」違い

「間」の 門の中は、「日」になっています。
「燗」の つくりの中は「月」となっています。

書道字典で「間」の字形を調べてみますと・・
門の中は、「日」でも「月」でもなくて
「胃」の下部に近い字形となっています。

間違いの語源は、たぶん下記のようだったのでは
ないかと・・・妄想しております。

明治時代のお役人
「大変です!間の漢字が、まちがっております」
「間」が違ったのか!」
「間違ったなあ~」    お後がよろしいようで

 

Re: 「間」違い

うはは(((≧▽≦)))