スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
粘帖本和漢朗詠集 ペンによる臨書(八)
- 2017/01/29(Sun) -
今回も原本の中に、
掠れていて判読しにくい字がいくつかあったので、
他の頁や字典などで調べて確認することに。

p17 原本

朗詠集も漢字とかなが並んでいる時は、
これまで線の太細を対比させる書き方を試みてきたけれど、
今回はペン先の種類を変更して線質を一つにする。

p17.png

この方が細部の表現に向いているし勢いも付けやすい。

p17 清書

臨書をペン習字に生かすには、このやり方に絞った方が効果的かな。


この記事のURL | ペン習字そのほか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<歌人の感性 | メイン | パイロットペン習字 No.417 級位課題と添削課題 210-C>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/469-268d6b4c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アルバム一覧