プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
02月18日(土)

曼殊院本古今集を臨書する(六)

《今月の課題》
かしはぎの もりのわたりをうちすぎて

課題を観察しますと墨の濃淡が様々に変化しています。
磨った墨の濃度や筆の穂先に含ませた墨量を調整しながら、
臨書をするわけですが、課題に合わせて書くのは非常に難しい~。

てか、無理(・o・)ノ

《読みと大意》
読みと大意:かしはぎの もりのわたりをうちすぎて

《清書》
清書

古筆は色とりどりの料紙に書かれていますが、
この書道誌では、かな半紙に臨書をする事になっています。

かな半紙は厚みや滲み具合の違いによって種類が分かれており、
わたしが使っているのは滲みが少なくてかなり薄いタイプなので、
黒い下敷き(フェルト)の黒色がけっこう透けて見えます。

書き終えたあと半紙を白い紙の上に置き直してみると、
下地の白に影響されて先程よりも墨色が淡く見えます。
(もう少し濃い目の墨で書けば良かった…)(汗)

下敷きの影響

下敷きの明度をある程度、考慮しておかないとマズイようです。
次回からは白か緑色の下敷きに変えてみようかな。


 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment