プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグ

【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター

まとめ
03月20日(月)

サパーリ要領を得ない人

4月のパイロットの級位課題は、
「町会の役員を頼まれたので、忙しくなりそうだ。」
ですが、さきほどこんなことがありました。
町内の組長さん(70代のばあちゃん)が何やら町内の仕事を頼みに、
我が家にやって来たのですが、これがサパーリ要領を得ないのです。

組長さん「来月の1日と2日、土日なんですけど」
わたし「はい」
組長さん「そこの神社でお祭りがありますの」
わたし「はい」
組長さん「それで女手が要るってことで」
わたし「はい」
組長さん「うちの組の誰それさんに甘酒を作りに行ってもらうことにしまして」
わたし「はい(要件は何?)」
組長さん「それで男手もほしいと」
わたし「はい」
組長さん「無理でしたらほかの方に頼みますけど」
わたし「はい(ですから要件は何でしょう?)」
組長さん「手伝いに行ってもらえますか?」
わたし「わたしですか?いいですよ。どんなことをするのですか?」
組長さん「やぐらを組んだりするそうですよ」
わたし「そうですか。いつ行けばいいのですか?」
組長さん「祭りは4月1日と2日です。朝8時半からです」
わたし「祭りの当日にやぐらを組むってことはないのでは?」
組長さん「あら?」
わたし「(いや、「あら?」じゃなくて)前日の3月31日に行くのですか?」
組長さん「わたし、知りませんの」
わたし「(知らなくてどうやって人に頼むのよ~?)聞いてきて頂けますか?」
組長さん「じゃあ主催者の人に聞いてきます」
わたし「それと、やぐらを解体するときも手伝うのですか?」
組長さん「あら?」
わたし「(「あら?」じゃなくて)祭りのあとにも男手が要るのでは?」
組長さん「そのことも聞いてきます」

そのあと1時間くらいして、その組長さんから電話が。
組長さん「主催者の人に聞いてきました」
わたし「お疲れさまです」
組長さん「いつ手伝いに来てくれるのかって言ってました」
わたし「はあ?(それはこちらが聞いているのだけど)」
組長さん「土曜日の午前中なのか午後なのか、それとも土日の2日間…」
わたし「ちょっと待ってください」
組長さん「2日間、朝から晩まで来てもらえるとありがたいと…」
わたし「(冗談やめてよ)だって力仕事ですよね?」
組長さん「ええ。重いものを運んだりするみたいです」
わたし「(やなこった)2日連続は無理ですね」
組長さん「できる範囲で良いそうです」
わたし「では土曜日の…あれ?」
組長さん「はい?」
わたし「やぐらを祭りの当日に組むのですか?」
組長さん「わたし、くわしいこと知らないんですの」
わたし「…(だからそれを聞いて来てって、さっき頼んだのですよ)…」(汗)
組長さん「月末に役割分担を決めるそうです」
わたし「そうですか(こうなると、もう何をやらされるか分からないな)」(汗)
組長さん「手伝ってもらえますか?」
わたし「いいですよ。でも力仕事だと2時間くらいが限度かな」
組長さん「朝、8時半からお祭りです」
わたし「(それは聞きました)では10時からお昼くらいでもいいでしょうか?」
組長さん「ちょっとでも来てもらえると助かります」
わたし「はい。行きますよ」
組長さん「では8時半にお待ちしてます」
わたし「ちょ…(誰も朝イチから行くなんて言ってない)」
組長さん「では詳しいことはいずれまた」プツッ。。。

このひと、人の話を聞いているのだろうか?(+_+)

疲れるわ~。ガクッ…_| ̄|○

わたしはもう諦めの境地です(・o・)ノ

(今回は画像はないものの「オバカ画像たち」のカテに入れさせてもらいました。)


 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment