スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パイロットペン習字 第425回 級位課題と添削課題305-C
- 2017/09/06(Wed) -
9月の級位課題

すでに9月の課題に取り組んでいる人も多いと思いますけど、
わたしはまだ準備もしていません。(;^_^)

さて、8月の級位課題文ですが、
その中に「行」の字があります(・o・)ノ
当おばかブログではこの「行」の字が出てくると、
お約束のアレをやることになっているのです(・o・)ノ 
     ↓
画数が少ない「行」は字形の特徴なのか、
膨張して見えるような気が…。
丸文字で書くとこうかな?
丸文字 行

いわゆる「でぶ字」?(*・゛・) 
これに鼻をつけるとなおヤバイよ、ほれ。(*・゛・) こちら

ひゃーははは!(*_ _)ノ彡☆バン!バン!

ヾ(-_-;) 。o0○(バカなことを…)

さて、まずは級位課題の清書から仕上げました。
(字粒がやや大きめになったけど、
清書を仕上げるのは1枚だけで、基本的に書き直さないです。)

級位課題の清書

「涼しい」の部分の「し」の字形ですが、
「涼」の最終画から「し」へ向かう流れと、
「し」を左に払って「い」の一画目に繋がるようなイメージを合わせて、
書いてみました。

それから「旅行」「の旅」ですが「衣」部分を、
一筆書きみたいにしています。
この形は前に古筆の中で見つけたもので、
「良」の字形にも応用できますね。

なお、練習用紙には中心線や補助線を加えておくと便利です。
書く時にその線から、はみ出ないように注意しながら、
線を超えないよう書…

ん?(→_→) 

背後に何やら人の気配が…

おのれ!週刊誌の記者だな(#`Д´)ノノ┻┻ オラぁ

だれが密会?不倫だとぉ~?ヽ(`Д´)ノプンプン

ヾ(-_-;) 。o0○(ちょ…)

一線を超えてはいません(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(何の話なのダ)

なんか自分でもよくわからん(;^_^)

ヾ(-_-;) 。o0○(オチに向けて無理な話しを作るなっつうの)

だねー(;^_^)久々に脱線してもうた。

脱線と言えば、前回この305-Cを練習した時も、
脱線だらけのアホな記事だったナ(*・゛・) ウンウン。。。
あれからもう3年が過ぎたのか。(なんか懐かしい)
過去記事 こちら

さて、続いて添削課題305-Cの清書です。

添削課題305-C  清書

先日の記事で、添削課題305-Cの手本について、
字幅の話を書きました。
この手本の線はかなり細いです。

今回、何本かの万年筆を書き比べてみたところ、
プラチ万年筆#3776センチュリー『超極細』が、もっとも、
手本の線質に近かったです。
(書き味としては、ちとカリカリ、ゴリゴリしています)

字幅は筆圧やインクによってかなり変化しますね。
プラチナのカートリッジインクはパイロットに比べると、
わずかに濃度が薄いような気がします。
(もしくは、黒ではあるけれど、色相が少しグレーがかっている?)
インクが濃いほど書いた線が太めになりますね。




この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第33回 全国硬筆コンクール h29 | メイン | パイロットペン習字 七段昇段試験の案内が来ました>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/494-8f906f86
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アルバム一覧