パイロットペン習字 第429回 級位課題と添削課題309-C

今月の課題文 五年ぶりに、お正月を田舎で迎える予定です。

まずはいつもどおり、
狩田巻山先生が書かれた参考図書を使って、
級位課題文の切貼り手本を作ります。
《とりあえず集字を終えて↓字配りを検討中》
切貼り手本
手本作りについては人それぞれ考え方があるようです。
手本を必要としない方もおられましょうが、
わたしの場合はまだまだそんなレベルではないので、
まずは手本の字形に則って忠実に練習を繰り返します。
(もとより狩田先生に追い付けるはずもありませんが、
手本の完成度の高さに少しでも近づきたいので。)

その練習のあと狩田流の書きぶりをベースにしつつ、
試行錯誤しながら自分ぽさを加えて行きます。
わたしの自運は今のところこんな感じ。
級位課題文の練習
「ぶり」の連綿は「り」を傾けて「に」の一画目に向けてみました。
まだ字粒のそろえ方がバラバラ…(: ̄ ・ ̄)=3  うぅ…

手本を離れてどんなふうに書いたら、
自分で納得がいくのか、満足できるのか、
いつも自問しつつ練習していますが、
ホントの意味で自運で書けるようになるのは、
ずっと先のことになりそうです。
(果たして満足できる日が来るのか~?)(汗)

《おまけ》
本家から許可をいただきまして、
久々にアレを…
ぽ

( ̄∇ ̄)ヘヘッ♪

ヾ(-_-;) 。o0○(こらこら)


さて次は添削課題のタテ書き掲示文です。
掲示文を書く
これまではコピックを使って、
毛筆っぽい表現を試みていた時期もありましたが、
今回はマーカーでサラッと書きました。

いつだったか中字の新品を使って清書をしたところ、
添削で「線が細い」との指摘がありましたので、
今回は書く前に芯の先端をトントンと突いてつぶし、
線をわずかに太くしようとしたのですが、
試し書きをしたら線が太くなりすぎていたので、
引き出しから別のマーカーを探すハメになったのです(・o・)ノ

注意点としては、
紙面全体を見てザッとレイアウトを済ませる事と、
行頭をそろえて書く事と、
小さな字の線がつぶれないように字粒を決める事かな。

掲示文は初級コースの頃にかなり手間ヒマかけて、
テッテーテキに練習していたので、今はあの頃に比べれば、
すこしは力を抜いて書けるようになったような気が。。。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

Tag:■パイロットペン習字 上級 2017年  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
タグ
【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター