悠渓反省会 平成29年度を振り返る

早いもので、もう3月も下旬、
ちらほら桜が開花する季節となった。
昨年を振り返ってみると、
4月から新たな気持ちでスタートを切ったものの、
5月あたりから予期せぬ出来事があれこれ起こり始めて、
(一時期、パニック状態となった!)(汗)
ペン習字や書道に打ち込めなくなってしまったのだった。

書道誌2冊はいずれも練習時間が取れなくなり継続を断念、
筆ペン教室の方も昨年は数えるほどしか通うことが出来なかった。
(今年も同じ状況が続きそうなので、
やむを得ず筆ペン教室は退会することに。)

半紙鋏

やりたいことを諦めるのは残念ではあるけど、
一方で少し安堵している。
いつも締切に追われ続けて駆け足で練習して来たから、
(例年、各清書の提出は速達の連続)(汗)
そのようなやり方でホントに力が付くものなのか、
我ながらかねてより疑問に感じていた。
そう考えれば、昨年から生活環境が変わったことで、
練習方法を見直す良い機会を得たと言えるのかもしれない。
(あまりに忙しく寝不足でボーっとする毎日だけど。)

残るは日ペンとパイロットペン習字の二つ。
当初、日ペンは規定部と、かな部の課題を、
毎月こなしていたけれども、
これも昨年は次第に時間が取れなくなって行って、
規定部は練習不足のまま提出することが多くなり、
かな部の方は、たまにしか出せなくなった。

パイロットの方はこの春で丸6年が経過する。
初級・中級・上級の各コースを2周したことになるので、
一つの区切りとして3月で卒業するつもりでいた。
しかし書道の方をすべて止めるとなるとその分、
少しは時間が作れそうな気もしている。
パイロットについては、4月に入ったら、
再び初級からやり直すのも良いかな…。

考えてみれば昨年は最後まで忙しく、
12月は大掃除だけでなく、
おせち料理の準備も、ろくに出来なかった。
(正月気分など皆無)(+_+)
年賀状も年内に投函できたのは一部のみで、
年明けに体調不良になったこともあり、
寒中見舞いを書き終えたのが1月の下旬!
しかし遅れついでに宛名書きだけはどうにか、
手書きで済ませたのだった。
(そうしないと何のためのペン習字なのかわからない)(汗)

そう言えば、このごろ手紙を書いている最中、
漢字の画数が多かったりすると、
見た目が重たくてうるさく感じるようになってきた。
なので今後の目標として手紙を書く際には、
草書や変体仮名を織り交ぜ、
より軽やかで雅な書きぶりを目指せたらと思う。
しかしまだ習っていない字がたくさんあるので、
当然ながら今後も基本的な練習は必須。

一方、硬筆書写技能検定については、
これまで一度も受験したことがない。
まだまだ力不足で学ぶ事があまりに多いので、
これからも修練を積みながら実力を養っていく必要がある。
なので当面は今後も受ける予定はなし。
検定に特化した受験勉強もしない。

さて、4月から新年度を迎える。
どんな年になるのやら?

生活パターンは昨年と変わらず、寝不足で、
頭がボーっとするような日々が続くのだろうけど、
自分の時間を持てることに感謝しつつ、
淡々と進めていきたい。(⌒-⌒)


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Tag:ペン習字そのほか  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

悠渓(ゆうけい)

Author:悠渓(ゆうけい)
ペン字の練習記事を中心に、男子ごはん、映画など、日々の出来事を綴っています。

いま何時?
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
タグ
【関連項目】

狩田巻山 ペン習字 日ペン 日本ペン習字研究会 三上秋果 田中鳴舟 全日本ペン書道展 山下静雨 一先会 書の美 かな書道 日本書道教育学会 不二 美文字 ボールペン 万年筆 中塚翠涛 パイロットペン習字通信講座 わかくさ通信 つけペン デスクペン 硬筆書写検定 全国硬筆コンクール
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
フリーエリア
アクセスカウンター