パイロットペン習字 添削課題310-C 採点と講評
- 2018/02/26(Mon) -
添削課題の清書が採点されて返ってきました。講評は、
「いつもながら、あなたらしい繊細な線で抑揚を付けて書いています」
とのことでした。こんなふうに褒められると照れますね。

添削課題310 採点と講評

わたしの場合は、たとえば、
つけペンを使って古筆の臨書をするときは、
小筆の命毛1本で書いたような、
非常に細い線の再現を基準に据えることが多いです。
あとはペンの持つ表現能力の範囲ギリギリまで、
太い線を組み合わせて対比させるように書きますが、
今回は手本に合わせて、あまり極端な変化は付けずに、
清書を仕上げました。

次回の添削課題は漢詩です。
筆記具の選択は今回同様、自由なので、
今度は繊細さよりも力強い表現を目指して、
太めの線質で書いてみようかな。
もし清書が手本とは違う雰囲気に仕上がった場合、
(字形は忠実でも線質が異なるなど)
そういうとき、どんな添削になるのか興味がわきます。
これまで自由課題の清書では、
そういう冒険をやったことがないので、
次回は良い機会だし、ちょっと試してみようかな。


この記事のURL | ■パイロットペン習字 上級 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ペンの光 2月号 清書 H30 | メイン | 元永本古今集をペンで臨書する>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/526-125b587e
| メイン |
アルバム一覧