徒然草を練習する(3)
- 2018/08/31(Fri) -
【手本】
(「徒然草を書く」津田静鳳著より)
0827 その3 手本
今回の徒然草(3)の内容は、
「がんばってオベンキョーすれば賢くなれますよ~」
ってお話のようです(・▽・)ノ
半紙に小筆で書きました。
0827 その3
参考図書を観ながら、
丸ごと1ページの文章を練習するときは、
そのまま手本どおりに書き写すのも良い練習になりますが、
いずれ自分が便箋を使って手紙を書く時のことを想定して、
全体のレイアウトを少し変えてみるのも勉強になりますね。
下の現代文は手紙を書くような面持ちで、
便箋にペンで書いてみました。
0827 現代文
なお「逹」の行書は書写体に基づいた字形なので、
常用漢字の「達」より1画、少ないです。

ペン字はこんなふうに、
古典的な味わいのある書きぶりの方が、
(現代風のフォントっぽい字形よりも)
わたしは好きですね。

この記事のURL | ■徒然草 小筆とペン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ペンの光 8月号清書 | メイン | パイロットペン習字  No.437-C 級位課題の切貼り手本>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/548-a2d12327
| メイン |