2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
継色紙をペンで臨書
- 2019/05/05(Sun) -
ペンで継色紙の練習をしました。
継色紙の練習
線の肥痩についてあれこれ試しています。
ペン先を押さえつけすぎると(線は太くなりますが)汚くなります。(汗)
継色紙の練習2
『冬ごもり思ひかけぬを木の間より 花と見るまで雪ぞふりける』

字形や構成を追うだけで精一杯(: ̄ ・ ̄)=3  
線の勢いを出すには、さらに書き込まないとなりません。
さて、この和歌の意味ですが…、

「寒い冬のある日、部屋の中にこもっている時、
ふと窓の外に目をやると、
木々の間から花のように雪が静かに降っている…」

そういう心情を歌に詠み、
さらに書作品として昇華させた日本人って、
今更ながらすごいと思います(;゜▽゜)

真似できません(・o・)ノ

ヾ(-_-;) 。o0○(当たり前だ)

この記事のURL | ■臨書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第82回 全日本ペン書道展(2019年)に出品する | メイン | 令和元年を迎える>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suruga2013.blog.fc2.com/tb.php/564-ff6740d2
| メイン |